ターゲットマーケティング6つの成功事例!消費者の需要を満たし顧客を獲得しよう

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

こんにちは!
ノマドライフのスガツヨです。

今回もマーケティングで学べることがあったので、アウトアップします。

ここでは、企業のマーケティング成功事例についてご紹介します。

ポッキー&プリッツ

ポッキー&プリッツとは、江崎グリコのマーケティング戦略です。

これは、「11月11日はポッキー&プリッツの日」と定着しています。

初めはツイッターキャンペーンからスタートし、消費者の達成欲をかきたて、結果として目標を大きく達成したマーケティング事例です。

つまり、キャンペーンを行い世間が考える企業のイメージをアップに成功しました。

スターバックス

スターバックスは、「非喫煙者」「女性」をターゲットとしてマーケティングを行いました。

店舗の内装、外装、インテリアなどにこだわり、清潔でお洒落な空間を作り出しブランド化させた。

結果として、「非喫煙者」の男性やブランド指向の女性達にウケ、大ブームになりました。

ペプシVSコカコーラ

「ペプシVSコカコーラ」のCMで、「どちらのコーラが美味しいのか?」競合であるコカコーラの名前を出し比較しました。

いわゆる、対決形式でアピールする方法です。

この驚きのマーケティング手法は話題を呼び、SNSで広まりました。

結果として、「この企業は面白い!」という企業イメージを生み出すことに成功下したマーケティング事例です。

タブーなマーケティング手法ですが、消費者とのコミュニケーションを上手に使った成功事例の一つです。

保険の見積もりサイト

ネットの保険見積もりサイトもマーケティングの成功事例です。

以前は、保険の見積もりは「消費者はより多くの保険会社からの見積もりが必要」と企業目線で考えてた。

ただ、消費者からすると「多すぎてどこの保険会社を利用すればいいか?分からない…」という声が大きかった。

そこで、数社に限定して見積もりを出す形に変更し、それが売上アップに繋がった。

つまり、消費者には多くのサービスを提供するよりも、数を少なく提供した方が購買意欲が高まるということ。

大丸・松坂屋のキャラクター戦略

SNSを利用してキャラクターのマーケティング戦略。

例えば、大丸・松坂屋のLINEスタンプの「さらくパンダ」を利用したコミュニケーションマーケティング。

LINEの画面を提示することで、「さくらパンダグッズが貰えるキャンペーン」を行い、1000円以上の購入でグッズが貰えるマーケティング。

この時に一人当たりの買い物金額は6500円と、1000円を遥かに上回る効果が出た。

これは現在では、地方のゆるキャラだったり、企業のロゴ、サービスのキャラクターなどに使われており、キャラクター戦略は親近感を与えてくれる。

最近ではInstagramで企業のロゴをプロフィールに設定するよりも、オーナーの顔が見えた方が距離感が近く、効果的だという結果が出ています。

ロッテの口コミマーケティング

ロッテは若者のガム離れが進んでいると危機感をおあおべ、口コミマーケティングを行いました。

ロッテの主力商品である「Fit’s」という商品を、YouTubeやTwitterで限定公開し、プロモーションを行った。

テレビ広告だとマス層には届きますが、若年層の売り上げを伸ばすことが目的だったため、わざと広告媒体を制限した。

すると動画の中で踊る佐藤健や佐々木希に親しみを覚えた高校生が、YouTube場で「踊ってみた」という動画を投稿し始めた。

わずか1ヶ月で1,000万回を超える反響を呼び、売上が何倍も上がった事例です。

ターゲットマーケティングの企業事例:まとめ

今回はターゲットマーケティングの企業事例についてお伝えしました。

こんな風に、マーケティングはなんとなくやっても効果は出ない…。

しっかりとターゲット(ペルソナ)を明確にして、感情に訴えかけることが基本です。

最近では10代〜30代の若年層をターゲットとするときは、インフルエンサーを活用するケースが増えています。

なので、自分がインフルエンサーになるのと同時に、インフルエンサーを活用することが今の時代に求められています。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください