コピーライティング8個のテクニック!基本を習得し確実にコツを掴もう

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コピーライティング8個のテクニックを紹介

コピーライティングを使いこなせば、読了率が上がり売上が上がること間違いなし。

ここではダンケネディ、神田昌典から8つのコピーライティングテクニックをご紹介します。

テクニック ❶ 正確に数字を伝える

正確に数字を伝えれば伝えるほど、文章の信頼感が高まります。

なぜなら、エビデンスがあると、人間はすぐに納得する生き物だからです。

例えば、アメリカ大統領選の選挙、

スガツヨ
  • 悪い例:ペンシルベニア州で10万人がバイデンに投票した
  • 良い例:ペンシルベニア州で101.532人がバイデンに投票した

こんな風に、桁数が増えるほど信憑性は増します。

なので、できるだけ正確な数字を使った方が、消費者からすると納得してくれやすいです。

テクニック ❷ 話しかけるように書く

人間というのは、「あっ自分に話しかけられている」と感じると、つい注意を向けてしまう生き物。

例えば、下記のフレーズで、あなたはどちらの方がビビっときますか?

スガツヨ
  • あなたは「クリスマスまでに彼女が欲しい」と悩んでいませんか?
  • 今の若い方は「彼女が欲しい」と悩みを抱える男性達は多い。

前者の方がビビッときたのではないでしょうか?

こんな風に、読者の心情に寄り添って、まるで会話をしているかのように文章を書くことを意識してください。

テクニック ❸ 小見出しを使う

記事を読んでくれるユーザーの50%は、文章を流し読みします。

なので、小見出しをいくつも作ることによって、文章を熟読させることができます。

例えば、

スガツヨ

タイトル:起業や副業で結果を出させる人の特徴とは?

  • 小見出し①

成果を出す人の特徴や性格とは?

  • 小見出し②

結果が出る人でない人の差って?

  • 小見出し③

結果を出すためのマインドセットを紹介

  • 小見出し④

成果を残すと自分の理想の世界へ近づける

  • 小見出し⑤

今日から始めるオススメの副業一覧

こんな風に、本文を簡潔にまとめると読みやすいです。

小見出しを5つくらい作成し、記事を執筆することを意識してみましょう。

テクニック ❹ 初めの章は短く

人間は一度文章にのめり込むと、最後まで読む性質がある生き物です。

実際に僕も、「少しだけ進撃の巨人の漫画を読もうとしたら、つい最後まで読んでしまった」みたな経験をしたことがあります。

つまり、初めの一つ目の見出し、二つ目の見出しはなるべく短く執筆することで、読者は最後まで読んでくれる方が多いです。

テクニック ❺ 読者目線で表現する

人間という生き物は、文章を読むとき主観的にしか考えられない生き物だと言われています。

ただ、ここで読者目線の表現を使用すれば、読者は文章を直感的に理解してくれます。

例えば、スピーカーを訴求したとします。

スガツヨ
  • 悪い例:高性能でかつ高音質のスピーカーです
  • 良い例:まるで映画館にいるかのように、四方八方から音を感じられるスピーカーです

ポイントは、ユーザーの感じ方(フィーリング・感情)をかくことです。

そうすれば、グサッと読者に刺さる確率が上がる。

テクニック ⑥ 文章を簡潔にまとめる

文章の文字数を少なくすればするほど、ユーザーからすると文章理解度が高まる。

要するに、不必要な単語はなるべく記載せず、起承転結に小学生でも分かるように伝えることがポイント。

例えば、

スガツヨ
  • 悪い例:僕の夢はお金持ちだ。その夢を叶えるためには、毎日僕は努力している。
  • 良い例:僕の夢はお金持ちだ。夢を叶えるために毎日努力している。

こんな風に、若干文章が短くなったのがお分かり頂けますでしょうか。

要するに、「代名詞(人・事物・場所・方向など)」と「重複単語」を削ることが、分かりやすい文章を書く秘訣。

テクニック ⑦ 冒頭で文章を読むメリットを伝える

記事の冒頭で、文章を読むメリットを伝えることが大切。

ここで念押しすることによって、確実に文章を読んでくれます。

前の記事でもお伝えしましたが、神田昌典さんが作った「PASONAの法則」を利用しましょう。

下記で具体例をお伝えします。

スガツヨ
  • 問題提起:あなたは今彼女が欲しいと思っていませんか?
  • 問題喚起:そう悩むのも無理はない。男子校出身。女性経験がない。自分に自信がない。彼女ができないのも当然だ。
  • 解決策提示:しかし安心してください。本記事を読めば、童貞のあなたでも3ヶ月以内に彼女ができる方法が分かります。

書き出しは「問題提起→問題喚起→解決策提示」の順で作成してみてください。

これをマニュアル化させてしまえば、色々な記事にも利用できますのでお試しください。

テクニック ⑧ 文章ごとに文字数を変える

文字だとつい単調な文章になりがちですが、抑揚のある文章にすれば、頭に入ってきやすいです。

なので、小見出しごとによって文章を変えることで、読者は内容を理解してくれやすくなります。

例えば、こんな感じ。

スガツヨ
  • 小見出し❶:300文字
  • 小見出し❷:550文字
  • 小見出し❸:800文字
  • 小見出し❹:400文字
  • 小見出し❺:1,000文字

小見出しごとに、文字数を散らばすことによって、抑揚を持たすことができます。

するする頭の中に入ってくるので、文字数を決めずに執筆してみてください。

コピーライティングテクニック:まとめ

今回は僕が普段から使っている、王道のコピーライティングテクニックをご紹介しました。

このコピーライティングを使いこなせるようになれば、確実に売上が結果として残るでしょう。

そして、ビビッときた言葉をメモしたり、アウトプットすることで自分のものにすることができます。

なので、コピーライティングを上達させたい人は、「常に言葉から学ぶ意識」を持って、普段の生活を送るようにしましょうね♪

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください