ビジネスで大切なのは「体験」と「レギュレーション」?

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

こんにちは!
ノマドライフのスガツヨです。

今日はビジネスにおいて学べたことがあったので共有させて頂きます。

それは、「体験」と「レギュレーション(規則)」です。

 

例えば、僕がマッサージサロンを始めたと仮定します。

そこで、人数制限などのレギュレーションを掛けた方が価値が高まる。

なぜなら、人間の心理として「特別扱いサービス」に魅力を感じるからです。

 

ちなみに、料金は一度のマッサージで5万円にします。

1日5人限定30分などの仕組みを作り、入会するめには限られた指紋で扉を開かなければいけないなどの規則を作る。

これ以外にも、(紹介制の導入、月額会員制の導入、人数限定の富裕層のコミュニティに入れる)など、様々な特別感を演出する。

 

つまり、どんなビジネスでも体験とレギュレーションを付け加えた方がいいと思う。それは付加価値的な部分です。

そして、そこに料金を上乗せさせれば、上手くいくのではなかろうか?

 

今日はたわいもない記事になってしまいましたが、ビジネスで大切な「体験」と「レギュレーション」について簡単にアウトプットさせて頂きました。

今後は、僕も何かビジネスを始めたら、付加価値という名の、「体験」と「レギュレーション」を積極的に取り入れていきたいと考えています!

 

今回の記事が少しでも学びのタネになって頂けたら幸いです☺️

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。