新着エントリー

お金を稼ぐ方法は節約が鍵?「年収思考」ではなく「資産思考」が大切な訳

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

というのも、残り1ヶ月で新しい大統領が決まるとなれば、「是が非でも何かアクションを起こさないと!」と考えたのかもしれない。

なぜなら、あのトランプのコロナが完治すれば、アメリカが勢いずいて「よっしゃトランプ最高〜」とアメリカ全体がポジティブな雰囲気になる。

すると自然とトランプに票が集まるのが必然では?と感じました。

真偽は分かりませんが、違った角度から見ると、メディアの逆手を取った戦略をトランプ大統領はやってのけたのかもしれませんね。

とりあえず、トランプさん良かった。(陰ながら応援してます♪)

さてさて、話を戻しまして、今回は「お金を稼ぐ方法は収入以外の方法もあるよ」というお話をしていきます。

お金を稼ぐ視点を変えてみることが大切

スガツヨ

お金を稼ぐ方法って、収入以外にないでしょ笑?

と思われている方もいらっしゃるでしょう。

当然ですが、事業を作ったり給料以外に副業すれば、収入は上がり、お金を稼ぐことができる。

ただ、一度お金を稼ぐという概念を違った角度から見てみてください。

「年収思考」ではなく「資産思考」が大切

例えば、月に30万円稼ぐ方がいます。

この方は、毎月30万円を家賃、食費、交際費、交通費、娯楽などに全てお金を使ってしまい、自転車操業状態。

これだと貯金をすることも投資をすることもできません。毎月通帳には0が並んでしまう…。

要するに、せっかく月30万円稼いだのに、結果的にはこの方の収入は0円ということになります。

反対に月30万円の稼ぐ方が、節約をして月に20万円の貯金ができれば、結果的にはこの方の収入は20万円ということになります。

つまり、何が言いたいのか?というと、

スガツヨ

「年収思考」ではなく「資産思考」になることで、節約でもお金を稼げるということです。

要するに、あなたの通帳の残高が給与という考え方です。

お金持ちは投資思考の方が多い

もっと具体的にお伝えすると、年収1000万円稼いでも900万円ほど使ってしまえば、その方の収入は100万円。

反対に年収500万円の方が、年間に100万円しか使わなければ、この方の収入は400万円になります。

この二人を比べると、年収1000万円の人よりも年収500万円の人の方が、通帳残高が高い。

表面上は年収が高い方がお金持ちに見えるが、資産思考を持つ年収500万円の方の方が資産が多い。

スガツヨ

つまり、お金を稼ぐという考え方を、年収という概念ではなく、

資産という考え方を身に付けることが大切なのでは?と考えています。

特にお金持ちの人は投資思考を持っているので、ケチだからこそお金持ちになれたとも言えます。

なので、目先の月の給与を考えるのではなく、年間どのくらいの収入を貯金できたのか?という部分にフォーカスすることが人生を楽にする秘訣だと感じています。

ケチなお金持ちは節約思考が当たり前

例えば、マイクロソフトのビルゲイツは、ファーストクラスではなくエコノミークラスに乗る。

投資家のウォーレンバフェットは、一円玉を拾って「これは10億ドルの第一歩だ」と考える。

また、Facebookのマークザッカーバーグも、毎日同じ服を着てブランド物に興味がない。

まだまだお金持ちの節約例はありますが、こんな風にいくらお金を稼いでもお金を大切にしている方が多いと学べました。

スガツヨ

僕もビジネスをしていると、物の原価を考えてしまうことが多いので、自然と節約思考が身に付いていると感じています。

例えば、

世の中の色々な物の原価

  • 自販機の飲み物の原価は10円
  • ドリンクバーの原価は15円
  • 化粧品の原価は5%以下
  • マスクの原価も5%以下
  • 高級ブランド品の原価も5%

こんな風に、物の原価を考えると、節約思考を身に付けられるので、物を買う時に一度原価について考えてみてください。

そうすると、「家に似たようなものがあるから、今回は我慢しよっと♪」こんな風に、衝動買いせずに済みます。

人それぞれ価値観はあると思いますが、僕はミニマリズムの考え方が好きなので、物は必要最低限あれば良いかな?と考えています。

物質に幸せを求めず、精神的な豊かさを高めよう

時代はどんどん変わっていく。

農民は仕事にあぶれ都市部に移り、産業革命が起き (蒸気・紡績・機械産業) 工場が農民の受け皿になった。

ハードの時代からソフトの時代へ…。

物質の時代から体験の時代へ…。

こんな風に、どんどん時代が変わり、人の価値観や考え方も変わっていく。

こんな時代を生き残るには、物質に豊かさを求めるのではなく、精神的な豊かさを手に入れることが最高の幸せです。

そして、「年収思考ではなく資産思考」「寝色を忘れて夢中になれるものを見つける」この二つが人生をより豊かにさせてくれると思います。

ぜひあなたもこの機会に、自分の私生活を見つめ直してみたり、夢中になれるものを見つけるために、何かにチャレンジしてみてください♪

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください