YouTube広告から学ぶマーケティングの本質とは?僕の気づきについて紹介します

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

ただ、ひょんなきっかけから「ちょっくら広告見てやっか!」と若干上から目線で、広告を見ていたら、学べる事が沢山あったので共有させて頂きます。

YouTube広告の仕組みについて

YouTube広告って企業側からすると、どのくらいの料金を出しているのか?

気になったのでちょっと調べてみました。

スガツヨ

料金相場は1回あたり平均3〜20円とのこと。

そして、30秒の動画を作るだけで料金は50万〜100万円もかかるようです。

(結構お高いですね…製作会社にもよると思いますが…)

また、YouTubeの動画広告の料金は、広告の視聴回数に応じて課金されるようです。

つまり「クリック→お金が発生する」ではなく、

  • 「広告が再生されたかどうか」
  • 「どのくらいの時間見られたか」
  • 「何回再生されたか」

によって料金が決まる。

費用対効果については分かりませんが、一人でも多くのお客さんに商品やサービスを認知してもらうメリットがあるようです。

YouTube広告はマーケティングの極意

僕がYouTube広告を見ていて、「これはマーケティングの本質」「動画広告は物凄い学べる」思ったので、例を挙げてご紹介します。

ちなみに、マーケティングの本質とは、

スガツヨ

❶ 問題提起

悩みを解決すべきこととして投げ掛ける

❷ 問題喚起

直面している悩みや不安を伝えてあげる

❸ 問題解決

悩みを解決するための方法を教えてあげる

この3つができていることです。

いわゆる、PASONAの法則です。

例えば、下記の動画でも、PASONAの法則が利用されているのでチェックしてみてください。

この動画でも、「問題提起」→「問題喚起」→「問題解決」の順になっている事が、お分かりになったでしょうか?

もうちょっと詳しく一つずつ説明します。

まずは問題提起、

❶ 問題提起

スガツヨ

ITエンジニアの皆さん。

考えてみませんか?

フリーランスという生き方。

エンジニアの悩みについて、解決するべきこととして投げ掛けている。

❷ 問題喚起

スガツヨ

フリーランスか〜

仕事しながら案件探しなんて無理じゃない?

仕事途切れるの怖いし…

そうだよな…

エンジニアの悩みや不安を可視化させてあげて、「確かにな〜」と共感を得る。

❸ 問題解決

スガツヨ

無理じゃないです。

あなたのスキルに合った案件を、レバテックが継続的にご提案します。

取引社数4000社以上。豊富な種類な案件。

悩みを解決するための方法を伝え、最終的にサービスを宣伝している。


これはレバテックだけではなく、他の業界の広告でも、「問題提起」→「問題喚起」→「問題解決」のPASONAの法則が利用されてます。

特にYMYLという、

「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあること」

に関しては特にPASONAの法則適用されている事が多いです。

なぜなら、人の生活に関わる部分なので、悩みが深いからです。

例えば、美容、転職、介護、債務、投資、不動産、健康食品、婚活などの業界が挙げられます。

YouTube広告から学ぶマーケティングの本質:まとめ

今日は僕の気づきについてお伝えしました。

たぶん、「問題提起」→「問題喚起」→「問題解決」のPASONAの法則が利用されているでしょう。

「人生を変える方法は目の前にある」といった言葉がありますが、意外と目の前に学びが沢山落ちていたりします。

ついYouTubecでエンタメ系の動画を見てしまう方もいらっしゃるでしょうが、この機会に学びのあるチャンネルを見る良いきっかけにしてくださいね。

この積み重ねが幸福になれるかどうかの境目でもあるので、まさしくワンクリックが人生が変わると言えるでしょう。

今日よりも明日、明日よりも一年後。さらに幸福になるために毎日楽しんで、一緒に成長していきましょう😋

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください