セールスライティング(文章)でモノを売るための6つのコツをお伝え

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

ということで、文章で商品やサービスを販売する時、どのように文章を書けばいいのか?について解説します。

ポイントは大きく分けて6つです。

スガツヨ
  1. 学びのアウトプットをする
  2. 権威性
  3. 商品を購入したイメージ(理想)
  4. ユーザー(お客様の教育)
  5. 自分にもできそうと感じてもらう
  6. 催促して行動に促す

では、一つずつ解説していきます。(今回は育毛剤の商品の訴求です)

❶ 学びのアウトプットする

例えば、仮に僕が薄毛防止の薬品を販売しようと思ったら、薄毛の人のためになる手軽にできる対処法などの情報発信をしながら学びのアウトプットを提供します。

❷ 権威性

例えば、仮に僕が何かしらの雑誌に載った、取材を受けた。

美容系であれば、楽天アワードでNo.1を取った、芸能人の〇〇が〇〇の育毛剤を利用している。

また、デザイナーであれば、グッドデザイン賞だったり、コンペに入賞したなどの権威性を見せる。

スガツヨ

Twitterのフォロワー数、YouTubeの登録者数、インスタグラムのフォロワー数、サービスや商品購入者の数や口コミなども権威性になります。

❸ 商品を購入したイメージ(理想)

例えば、仮に僕が薄毛に悩んでいて、ある商品を利用して薄毛が改善できたとします。

するとこんな感じで文章を書きます↓

スガツヨ

僕は昔から薄毛が気になっていました。

薄毛時代は、朝起きると枕に抜け毛が沢山あり、毎朝憂鬱で会社に行く日々を送っていました。

ですが、今では薄毛が改善されたおかげで、コンプレックスが無くなり、女性の前でも堂々としていられるようになりました。

しかも、最近は念願の彼女もでき、「薄毛が改善されるだけで、こんなにも人生が変わるのか!?」と本当に驚いています笑。

何よりも毎日を楽しみに送れることや、女性からの視線を機にすることが全く無くなったことがとても嬉しいです。

仕事も上手くいくようになり、薄毛が治ったことで悩みがなくなり、人生が豊かになった感じがしています。

こんな風に、潜在顧客層に商品を購入してもらってから、理想の自分になれるイメージをしてもらいます。

❹ ユーザー(お客様の教育)

お客様の教育を記事中で行います↓

スガツヨ

この薄毛防止の商品を利用されている方からは、2ヶ月後には薄毛が改善されたとの嬉しい口コミが多数寄せられて追います。

平均で2ヶ月で薄毛が改善されるということは、たったの“約60日間”。

つまり、10万円の薄毛防止剤を購入したことで、たった60日間で人生が変わるという訳です。

もし10万円の育毛剤に投資しなければ、人生が変わらないまま、彼は今もコンプレックスを抱きながら女性からの視線を気にし続けていたかもしれません…。

こんな風に、お客さんが商品を購入し、「どのくらいの期間で改善できるのか?」イメージさせながら教育していきます。

❺ 自分にもできそうと感じてもらう

これなら「自分でもできるかもしれない」と感じてもらう。

口コミや評判などです↓

スガツヨ

とはいえ私自身、10万円もの高額な育毛剤を購入することに抵抗感がありました。

31歳中小企業の営業職、一度も彼女を作ったことのない私…。

女性と話した経験はあるものの、一度もお付き合いした経験がありませんでした。

ですが、この育毛剤はそんな私の31年間のコンプレックスを治し、美人の彼女ができるまでになったので本当に幸せ笑

事実、今まで様々な育毛剤を使っては辞めの繰り返しでしたが、今回使用した育毛剤はお値段の割に合うものです。

こんな風に、自分と同じくらいの世代の人の口コミや体験談を記載し、「自分も商品を購入して人生を変えたい」と感じてもらいます。

❻ 催促して行動に促す

最後にそっと背中を押してあげて、行動を促してあげる↓

スガツヨ

コンプレックスを持っている人でも、小さな悩みが改善できるだけで、人生は劇的に変化するものです。

人が変わるのは、

  1. 自分を変える
  2. 環境を変える
  3. 人との関わりを変える

この3つしかないと言われています。

一番手っ取り早いのは「自分を変えること」です。

もし今あなたが、この育毛剤を購入しコンプレックスを克服すれば、人からの視線を気にせず、思う存分自分を見せることができたとしたら…。

それはつまり、新しい自分になれるということ。

一年後もコンプレックスに悩み、時間だけが過ぎていくのか?

それとも、数ヶ月後にコンプレックスを克服し、新しい自分になって思う存分人生を楽しむのか分かれ道にいるといっても過言ではありません。

だから、今こそ行動して自分と向き合うきっかけを掴んで欲しいのです。

最後は、人の心を掴むような、自己啓発よりの文章でユーザーの感情へ訴えます。

人は感情でモノやサービスを購入するので、ちょっと強めな文章を書くことを意識してみてください。

改めてまとめると、文章でモノやサービスを購入してもらうには、下記の通りです↓

スガツヨ
  1. 学びのアウトプットをする
  2. 権威性
  3. 商品を購入したイメージ(理想)
  4. ユーザー(お客様の教育)
  5. 自分にもできそうと感じてもらう
  6. 催促して行動に促す

どんな商品でも、上記の流れで訴求すれば、上手くいくかもしれません。(この6つは今回覚えていってほしいです)

僕は今回初めて育毛剤について、セールスライティングをしてみましたが、プロから見たらまだまだだと思います。

ですが、この流れをテンプレ化し、商品やサービス毎にポイントを押さえてセールスライティングをすれば、何か見えてくるものがあるはずです。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。