『多動力』が必須な時代!「専門性×専門性×専門性=レアな存在」になろう

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

さてさて、本題に移りまして、今日はこれからの働き方やキャリアについて語らせて頂きます。

これからの時代は多動力が必要となる

スガツヨ

「多動力」とは、“いくつもの異なることを同時にこなす力”のことを指します。

この多動力はホリエモンこと堀江貴文さんがの著者のタイトルにもなっている言葉です。

この多動力の本質は、複数の肩書きを掛け算することで“レアな存在”になるということ。

以前の記事でも少し触れましたが、まさにこれからの時代は多動力が必要となる。

【参考記事】はこちら▽

大学時代にお世話になった『森ゼミ・森吉弘さん』に出会って学んだこと

2021年6月21日

一昔前は、一つの仕事を極めてプロフェッショナルになることを求められていたが、今の時代はいくつものプロフェッショナルになることが求められる時代。

いくつものプロになるのは難しい…」と思われるかもしれないが、昨今はネットの発達で一瞬でプロの情報を世界中から手に入るから超効率的。

例えば、

スガツヨ
  • 一流料理人のノウハウ
  • 成功者のマインド
  • プログラミング言語
  • マーケティング
  • 行動経済学・心理学
  • マネーリテラシー

などなど、様々な情報を無料でかつスピーディーにゲットできる。

つまり、ネットの発達で大半の知識を80%は誰しも得られる時代になったため、長い年月をかけて100%できるようになることに執着せず、次のジャンルへと飛んだ方が新しい発見があるということ。

Apple創業者のスティーブ・ジョブズの言葉で、「点と点をつなげていくと、いつの間にか線ができる」と言っていた。

自分が「コレだ!」と思ったことにハマっていくうちに、点が網目のように散らばって、それがいつしか線になっていくんだと思う。

スガツヨ

そして、最近思うのが分野が違えど、夢中になっていると“何かしら共通する部分が見つかる”ということ。

例えば、マーケティングであれば行動経済学や人間心理がポイント。

広告も、ネット広告、飲食店のメニューや道端広告、ラーメン屋の長蛇の列などを見て人間心理を考える。

トレーダーも、チャート心理やプロスペクト理論など、様々な人間心理を読み解くことがポイント。

などなど、一例として人間心理について挙げましたが、こんな風に分野は違えどどこかで何かしらの共通点はある。

コレがスティーブ・ジョブズがいう点なのか?定かではありませんが、今夢中になっていることは、必ず新しいチャレンジにも実を結ぶと感じています。

▼スガツヨの毎朝読めるモチベーションメルマガはコチラ↓

https://satoreina.com/p/r/wzL45UOq

▼Instagramはコチラ↓

https://www.instagram.com/nomado_life/

▼YouTubeはコチラ↓

https://www.youtube.com/channel/UCPcVS-bt-HD0sJLNfqc3NtQ

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。