賢人は闇にこそ奮起する。 消えゆく光に対し勇敢に挑むのだ。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

振り返ってみると、幼い頃から「1人で遊ぶことが多かったな〜」と思っています。

さて本題に戻りまして、今日は内向的な性格をしている人へのメッセージを送りたいと思います。

内向的な性格でも活躍できる時代になった

今の時代は、インターネットを駆使すれば、内向的な性格の人でも日本中、いや世界中にチャンスを掴めます。

というのも、21世紀初頭のITバブルが始まる以前は、対面で交渉し契約を取ることが大半でした。

ですが今の時代、コロナの影響も重なり、さらにネットでコミュニケーションを図る機会が増えてきました。

そのため、ネットの繋がりからビジネスチャンスを掴む方が増えています!

スガツヨ

実は僕は社会人1年目の時、IT×人材系で転職サービスを会社に販売する法人営業をやっていました。

社長さんと一対一で話すのは超面白かった。

ですが、上司との同行営業は常に見張られている感じがして、いいパフォーマンスを発揮できなかったことを覚えています。

(僕なりにやらせてくれよ…)と思ってしまった…。

この経験から僕は、1人プレーが好きだと分かった。

一対一で人と向き合い腹を割って語る。そうすることで、相手が求めているものを知れる。

ここに僕の適性があると思ったのです。

とはいえ、僕は嬉しいことに起業する”きっかけ”が作れ、今はこうして文章を書いて情報発信をしています。

1人でいる時間大好きでも、それを強みとして稼げる時代なので、内向的な性格でもチャンスがあると思います。

内向的な性格の人は、内に秘めた熱い気持ちを持っている

アウトプットが新しい世界を見れる鍵

内向的な性格の人は、自分の感じたこと、学んだことを外に発信することに抵抗があると感じています。

スガツヨ

以前の僕もそうでした。

なぜなら、「何かを言われたら怖い」って思いますし、他人から余計なことを言われたくないからです。

ですが、自分が頭の中でイメージしていることを、少しずつアウトプットしていくと、どんどん新しい世界が見えるようになることに気づきました。

内向的だからこそ情報発信をするべき

内向的な人は、1人でいる時間が多いので、もう1人の自分と向き合うことが多い。

スガツヨ

そのため、外向的な人間にはない、繊細さ、感受性、イマジネーションなど、ユニークな発想を持っていたりします。

多くの内向的な人はそれを外に発信せず終わってしまいますが、内向的な性格だからこそ情報発信をすると、自分と似た雰囲気の人に気持ちが伝わります。

だからこそ、本音で情報発信をすることが大切だと感じています。

伝える手段が違うだけ

伝える手段において、外向的な人と内向的な人との大きな違いは、

スガツヨ
  • リアルで伝えるか?
  • ネットで伝えるか?

というだけの話。

なので、外向的な性格の方でも、周りの目を気にしちゃって、自分の本音を伝えられない人もいらっしゃいます。

スガツヨ

僕の場合、初めの頃は情報発信することに躊躇いがありましたが、マインドが変わったおかげで情報発信が習慣になりました。

ですが、たまにコメントで嫌味を言ってくる人がいるので、コメント欄を塞いでしまいましたが笑。

ちなみに、「内向的だから情報発信をしない」という認識はちょっと違うと感じています。

「内向的な性格だからこそ、ネットで情報発信する」という認識の方があっているかな?と思っています。

なぜって?

内向的な人の方が内に秘めたエネルギー溜まっていると思っているからです。(ココの部分は僕の勝手なイメージですが…)

賢人は闇にこそ奮起するもの。 消えゆく光に対し勇敢に挑むのだ。

内向的でも外向的でも、陽キャラでも陰キャラでも今の時代は関係ない。

特に内向的な人は、今の時代は活躍できるチャンスが沢山あると感じています。

なぜなら、活躍の場が提供されているからです。これに尽きる。

話は逸れてしまいますが、

スガツヨ

内向的な性格であっても、「社交的じゃなきゃいけない」「協調性がなければいけない」「コミュ力を付けなきゃいけない」という思い込みは捨てた方がいいと思っています。

なぜなら、人それぞれ性格や特性は異なりますからね…。

ですが、自分の性格や特性を盾にして、それを言い訳にし、行動できないのは違うと思っています。

内向的でも外向的でも、「頭が悪いから勉強する」「何も取り柄がないから行動する」といった感じのマインドを変えることが大切なのか?と…。

僕も毎日自分と向き合いながら活動していこうと思います☺️

最後にこの言葉を授けます。

賢人は闇にこそ奮起するもの。 消えゆく光に対し勇敢に挑むのだ。

これは映画インターステラーに出てくるブランド教授の言葉です。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。