新着エントリー

ノマドライフ(ノマドワーカー)になるメリット・デメリットとは?

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

そんな僕が感じたノマド生活のメリット・デメリットを今回はご紹介します。

ノマドワーカーとは?

そもそも、ノマドというのは遊牧民という意味です。

遊牧民は、移動しながら生計を立てながら、生きていく民族のことを指します。

現代版ではノマドワーカーと言われ、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどを利用して、インターネットで仕事をする人です。

最近は日本人の17%。約5人に1人が事業主として活躍しており、ノマドライフを手に入れる人がどんどん増えています。

なので、「あなたがノマドライフを手に入れたら、どんな生活ができるのか?」

今回は僕自身の体験談を元にメリット・デメリットをお伝えしますので、イメージを膨らませてみてくださいね。

ノマドワーカーのメリット

❶ ストレスフリー

ノマドワーカーは、オフィスを構えることなく、家でもカフェでもホテルでも、どこでも仕事ができるところがとっても魅力的。

それに人間関係の悩みも一切なく、一人で仕事に没頭できますので、仕事を自分のペースで進められるところもいい。

僕自身も以前の会社で人間関係で疲弊してしまったので、今は本当にストレスフリーで仕事ができているので超幸せ。

❷ お金がかからない

ノマドワーカーのメリットとして、経費削減が挙げられます。

一日中ルームウェアで過ごせるため、スーツ代もかからないですし、当然通勤費用もかからない。

また、事務所は自宅やカフェ、公園やホテルですから、オフィス代もかからないので自然と節約志向になります。

すると貯金もどんどん増えていきますので、投資を始める方もいらっしゃいます。

それにカフェでお仕事をすれば経費にもなるので、お金を払って嬉しい気分になれますよ♪

❸ 時間の有効活用ができる

ノマドワーカーのメリットとして、一番大きいのは時間の有効活用でしょう。

通勤時間が減らせるのはもちろんのこと、自分の能力に合ったスピードで作業を進めることも可能。

それに実際の仕事量=収入に比例してくるので、やればやるだけ稼げるところも魅力的です。

お金に関しては仕事のモチベーションを保つ意味でもとっても重要です。

❹ アイデアがひらめきやすい

ノマドワーカーは、自由に場所を移動できるため、それがプラスになり、アイデアやインスピレーションがひらめきやすいです。

例えば、お洒落なカフェやホテルのラウンジなどで仕事をすると、集中力が高まったり、新しいアイデアを思い付いたりします。

ちなみに、僕は色々なカフェに行くことが好きで、「ここのカフェは集中できる」「ここのカフェはダメだ…」みたいに思うことが多いです。

重要な仕事をする時は、一番集中できる、僕のみぞ知る「エースのカフェ」もあったりします笑。

ただ、エースのカフェに足を運び過ぎて、エースがエースじゃなくなっちゃうこともあります。

ノマドワーカーのデメリット

❶ 自分が倒れたら終わり

これはノマドワーカーに限りませんが、会社というバックアップがない分、自分の体が壊れたら何の保証もありません。

ただ、僕の仕事はWEBメディア運営なので、一度サイトを軌道に乗せることができれば、インターネット資産である僕の分身が稼いでくれるので、保証にはなり得ます。

❷ セキュリティ面が不安

カフェなどの公共の場で仕事をすると、やっぱりセキュリティ面では不安はあります。

例えば、資料やUSBの置き忘れだったり、サイバー面でのセキュリティ。通りすがりの覗き見などが挙げられます。

ただ、滅多にこのようなことはないので、ノマドワーカーを目指すなら、頭の片隅に入れて置いてください。

❸ 生きるも死ぬも自分次第

ノマドワーカーは華やかなイメージを持つ方が多いですが、現実はそう甘くありません。

いつ自分の事業が潰れるか?分かりませんから、ずっと走り続けなければいけません。

これはノマドワーカーに限りませんが、自分で事業をやるからには、自分が資本だということを肝に銘じておきましょう。

ノマドワーカーの現実

インターネットや雑誌、テレビなどで取り上げられるノマドワーカー達は、ノマドワーカーとして成功を収めている人達です。

そして、その数は、どんどん急激に増えてきているのが実際のところ。

現に日本人の5人に1人がフリーランスです。

実は表に急激に出てきているノマドワーカーの背景には、今の社会や働き方に不信感を抱く方が増えてきているからです。

実は僕自身もブラック企業に疲弊してしまい、「この働き方しかない」と思いノマドワーカーになりました。

なので、あなたもゆくゆくは、

と思うなら、仕事をしながらでもいいので、他の収入源を今のうちに作っておきましょうね。

そして、これからノマドワーカーとして活躍していくなら、しっかり上記のメリット・デメリットを把握した上でノマドライフを目指しましょう♪

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください