新着エントリー

『スキルは資産だ!』セブンポケッツ(7つの収入源)を作ろう

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。
スガツヨ

こんにちは!

ノマドライフのスガツヨです。

最近はワイヤレスイヤホンを購入し、その便利さに驚いています。

それに線が絡まる心配がないので、携帯を落とすことも無くなりました♪

さて今回は、セブンポケッツについて詳しく説明していきます。

僕は以前IT×人材系で会社員を一年やったのですが、ある時リクルートの先輩から「セブンポケッツ」の重要性について聞かされました。

セブンポケッツとはその名の通り、7つの収入源を作ることです。

なので、「あの人は〇〇で稼いでいる!」とイメージがある有名な方も、実は色々な収入の軸を持っていて、そっちで稼いでいる方が大きい割合を占めていたりします。

そんなセブンポケッツですが、今回は「どうすれば7つの収入の軸を作れるのか?」僕なりの解釈も含めてご紹介します。

では早速ですがまいりましょう!

セブンポケッツ(7つの収入源)とは?

セブンポケッツは数年前に聞いた言葉だったのですが、急に思い出したのでちょっと調べてみました。

セブンポケッツの概念とは、

スガツヨ

人生は死ぬまでに7回大きなミスをするそうです。

なので、安定して収入が得られるものを7つ持っていれば安心!というのがセブンポケットの概念です。

要するに、一つの稼ぐ軸がダメになっても7つもあるので、保険的なポジションになっているということです。

このセブンポケッツの概念は、リーマン・ショックの辺りから、アメリカで流行りだした考え方です。

最近は日本の大企業のリストラだったり、人口減少によってそもそものパイ(消費者)の数が減ってきています。

特に個人で起業している方であれば、1つの収入源だけにこだわっているのはリスクでしかない。

それなら、どんどん収入源を増やしていき、徐々にそれを育てていく方が長期的に安定して稼げるのでは?と思っています。

セブンポケッツ(7つの収入源)という考え方

スガツヨ

セブンポケッツとは、メインの収入源以外に6つの稼ぎ頭を持つ事で、安定した生活を送れるという考え方です。

僕は「インターネット的に生きる」ことをモットーとしているので、下記ではネットで稼ぐ領域を見てみましょう。

  1. 自分のコンテンツ(買切り制)
  2. コンサル(オンラインサロン)
  3. 中小企業とのITジャンルの取引
  4. メディア運営
  5. ブログ運営
  6. FX
  7. 直契約ライター
  8. クラウドソーシング
  9. ココナラで自分のスキルを売る
  10. 動画編集
  11. プログラミング
  12. イラストレーター
  13. アイキャッチ画像作成
  14. インスタグラマー
  15. ツイッタラー
  16. YouTuber
  17. Tik Tok

などなど、このようにネットで稼ぐ手段が色々あります。(探せばもっと出てくると思いますが)

理想としては自分が動かなくても、自分の分身が勝手に稼いでくれる仕組み(レバレッジ)を持つことが理想ですね。

セブンポケッツ(7つの収入源)を得るにはスキルを付けよう

まずは自分で思いつく限りの具体例をあげてみてください。

難しく考えないで思いつく限りの収入を得るための方法を紙に書き出すと整理しやすいです。

注意点として「いきなり大きな収入を得ようとはしてはいけないこと」です。

なぜなら、目的と手段がめちゃくちゃになるからです。

スガツヨ

僕なりの考えですが、一つのスキルで食っていけるようになれば、徐々に砂時計のように新しいスキルをつけていく。

割合としては、「9:1」→「8:2」→「7:3」こんな風に、少しずつ新しいことをやる割合を増やしていく。

そうすると、収入の軸が1つから2つ目、2つ目から3つ目とどんどん増えていきます。

僕はこのように収入の軸を増やしている最中です。

「メディア運営1つ目」→「メディア運営2つ目」→「FX」→「株(勉強中)」→「自分のコンテンツ」→「〇〇〇」→「〇〇〇」→「〇〇〇」→「〇〇〇」→「〇〇〇」→「〇〇〇」

※(自分のサービスはまだ作っておりません)

するとこれが”スキルの資産”となり、「私はスキルがあるから食っていける!」と自信になりますし、何よりも収入が安定しているので精神的に安定します。

一つのことに集中してやることは大切なのですが、本業以外に稼ぎ頭を作りたかったり、起業してスキル一つで食っていけるようになったら、徐々に収入の軸を増やしていくことがリスクヘッジや生存戦略であり、拡大戦略でもあり、収入UPの秘訣です。

それに収入の軸が沢山あれば、時間とお金、心にも余裕があるので、「お客様に満足してもらえる価値を提供できるのでは?」と考えています。

なので、あなたがもし「収入の軸を増やしたい!」と考えているなら、メインとなる収入の軸以外に、徐々に新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

焦らずゆっくりと、小さくてもいいので新しい収入の軸を増やせば、「起業=難しい」という固定概念も覆るでしょう。

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    スガツヨ

    複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。