新着エントリー

大衆の逆をいく思考法を会得して、将来に素敵な花を咲かせよう

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

さてさて今回は、「大衆の逆をいく思考を会得して、将来に素敵な花を咲かせよう」というお話をしていきます。

どうして大衆の逆をいく思考が必要なのか?

スガツヨ

もしあなたが、「副業をして少しでもお金を稼いでみたい!」

と思うなら、大衆の逆をいく思考が必要になります。

なぜなら、世間一般の常識が普通だと思っていると、なかなか成果が出ないのが現実だからです。

相場格言でこんな言葉があります。

人の行く裏に道あり花の山

この言葉の本質は、「なるべく大衆と違ったことをやった方が、成功確率が高まるよ」ということ。

つまり、普段の日常生活から、大衆とは違った思考を会得することが、何事も結果を出しやすくなるということです。

特にビジネスを仕掛ける側になるということは、普通の一般の人とは違った考え方や思考法が必要になります。

なので、副業などに限らず、何かで結果を残したいと考えているなら、皆んなと一緒ではく、1人だけ裏道にそれなければいけません。

この「人の行く裏に道あり花の山」という言葉は、昔から言い伝えられているものなので、普段の生活から意識してみてください。

大衆の逆をいく思考を会得すると本質が見れるようになる

何も考えずに生きていると、社会の荒波に流され、誰かが作り出した当たり前というものに呑まれてしまう…。

実際コロナをきっかけに、「この国はどこの国なんだ?」「この社会は何なんだ?」と薄々勘付いている方も多いのではないでしょうか。

特に最近では、

スガツヨ
  • 義務教育に疑問視を持つ
  • 大学に通うことに疑問を抱く
  • メディアの偏向報道に疑問を抱く
  • 既得権益社会に疑問を抱く
  • 消費税増税に疑問を抱く

こんな風に、コロナをきっかけにして、社会の違和感に疑問を抱く方が増えてきました。

違った視点で社会を見る習慣が付くと、その物事の本質を見れるようになります。

常に大衆とは逆の考えは幸福度を上げる鍵なので、世間一般の常識に対して、常に「なぜ?」と考える癖を付けてみてください。

ビジネスでは本質を見れるようになることが、成果を出す近道です。

大衆の逆を行くとどんなことが待ってるの?

スガツヨ

大衆の逆をいくと、まずは孤独になることが増えます。

なぜなら、世間一般の当たり前が普通だと思っている人からすると、非常識だからです。

ただ、自然と非常識な人は非常識な人と出会えるので安心してください。

特に非常識と言われる方は、経営者や事業主、投資家の方が多いです。

実際に考えてみてください。日本には10人に2人が狼煙を上げて事業をしています。

この時点で一般の人からすると、非常識だと思いませんか?

つまり、副業や起業などでお金を稼ぎたいと考えているなら、あなたも非常識にならなければいけないのです。

一般の当たり前が普通だと考えていては結果が出にくいですから、常に大衆の逆をいくことを意識してみましょう。

時には孤独になることも多いですが、意外と世界には非常識者が沢山いますから大丈夫です。

僕も非常識仲間の1人ですからね笑。

大衆の逆を行けば自然と成功確率が上がる

大衆の逆を行くだけでも、少なからず成功確率は上がります。

というのも、この世界には目に見えない法則があり、その中でもパレートの法則というものがあります。

これは8:2の法則とも言われ、この2割に入りさえすれ自然と成功へとあなたを誘ってくれます。

ただ、ただ単に大衆の逆を行けばいいと言う単純なものではありません。

僕もまだまだ本質を見極める目を鍛えている段階ですが、常に大衆の逆を行く意識を持っていると、自然と本質に近づけるようになります。

そうすると、副業や起業でもうまくいく確率が上がりますし、何よりも人生が楽に考えられ、幸福度が上がるところも嬉しいところです。

何も考えず生きていると、社会の荒波に流されてしまうので、普段の日常生活から「大衆の逆を行く考え方」と「本質を見ようとする姿勢」を意識してみてくださいね♪

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください