「Ohananomachi/おはなのまち」“佐藤れいな”さんの作品は魅力が一杯

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

なので、本日は「〇〇な部分は参考にしたい」と思える部分が沢山ありましたので、いくつかご紹介させて頂きます。

「Ohananomachi/おはなのまち」“佐藤れいなさん”とは?

スガツヨ

“佐藤れいなさん”は、「Ohananomachi/おはなのまち」をコンセプトに活躍するプリザーブドフラワーデザイナーです。

物心ついた時からものづくりや自己表現が大好きな女性です。

彼女は日本プリザーブドフラワー協会でディプロマ取得し、技術とセンスを磨きながらオーダーメイドやネットショップを中心に活躍されています。

最近では、百貨店での催事出店やワークショップ講師、インスタグラムでのネット販売、コンテスト入賞などもされています。

“佐藤れいなさん”から学べたこと

スガツヨ

最近彼女を見ていて、学べることが沢山あったのでアウトプットさせて頂きます。

お客さんに寄り添う気持ち

お客さん一人一人を大切にしていて、細かく丁寧にお客さんにオーダーメイド作品のヒアリングをしていることに感動しました。

例えば、

スガツヨ
  • どんな雰囲気にしたいか?
  • コンセプトはどうするか?
  • 一番何を重視したいのか?
  • 予算の目安はどうするか?
  • いつまでにお届けするか?

といった具合に、人としっかり向き合い、「どんな作品をお届けしたら喜んでくれるのか?」をヒアリングしていました。

それを見た時に、「僕に足りない部分を沢山持っている」「自分も見習わないといけないな〜」と素直に感じました。

改めて“人と向き合う”というのは、素敵なことだなと思いました。

素直で謙虚な姿勢を持っている

佐藤れいなさんは、スポンジのように吸収する謙虚な姿勢を持っていると感じました。

つい自分を第一に考えてしまいますが、彼女は相手のため、人のために何ができるのか?を常に考えている。

自分の足りない部分を吸収し、いかにお客さんに満足してもらえるのか?を日々追求している姿は真似したいと心の底から思った。

行動力がある

例えば、最近だと、

スガツヨ
  • ショップカード
  • 名刺
  • インスタグラムの投稿内容
  • ブログでの情報発信
  • ディーラーへのお花の販売
  • オーダーメイド作品の受注
  • コンテスト
  • コンペ
  • 百貨店への出店

などなど、積極的に行動している姿を見て、素直に「流石だな…」「負けてられないな…」と感じました。

いつも元気で明るくニコニコしていて、悩み事を伝えるといつも相談に乗ってくれますし、そしてすぐに解決することも多いです。

もっと僕自身も器の大きな人間になりたいと思った今日この頃です。

“佐藤れいなさん”作品を一部紹介

スガツヨ

ここで一部、佐藤れいなさんの作品を紹介させて頂きます。

 

↑こちらの作品は、お客様が数年前、旦那様からプロポーズされた時にもらったバラを作品にしたものです。

バラの色が落ちているのは、そのためだそうです。

思い出のバラの原型を崩さず、「ダイアモンドの中にバラと共に思い出を残す」というアイデアは、素晴らしい!と思いました。

一生の思い出として残りますね。

スガツヨ

透明感があって、本当に“おはなのまち”に迷い込んだかのようだ笑

素人からすると、どうやって作っているのか?興味がある☺️

“佐藤れいなさん”のインスタグラム

スガツヨ

もしも、佐藤れいなさんの作品に興味がある方は、一度彼女のインスタグラムを覗いてみてください。

素敵な作品ばかりです☺️

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。