セレンディピティを鍛えて感性と直感力を磨く方法を紹介

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

さてさて話を本題に移しまして、

今回は、セレンディピティを鍛えて感性と直感力を磨く勧めについてお伝えします。

直感力や運を引き寄せる方法が知れたらいいですよね。

この記事を読めば、セレンディピティを鍛える方法を知れるので、ぜひ試してみてください♪

セレンディピティとは?

セレンディピティとは、

スガツヨ

「予測してなかったが、偶然によって幸運がもたらされること」

「幸運な偶然を手に入れる力」

です。

このセレンディピティとは、よく科学者の間で使われる表現です。

幸運を手にいれる能力を磨けば、運を必然的に引き寄せることができます。

セレンディピティはどんな時に起きるのか?

このセレンディピティは、普段の生活の中で至る所に落ちています。

例えば、

スガツヨ
  • 尊敬している人との会話の中で、ポロっとこぼれた単語の中に幸運になる鍵が落ちている。
  • 何気なくYouTubeやSNSを見ている時に、ビビッときて「こうすれば上手くいくかも!」と仕事のヒントになる。
  • 本を読んだことがきっかけで、自分の問題点を解決するための導線が見つかる。

などなど…

普段の生活の中にヒントが隠れていて、それが重要で有益なことだと認識して、自分の人生に活かす能力です。

なので、いつも物事に対してアンテナを張っている人は、直感力や感性が強く、セレンディピティが強く発揮できる。

セレンディピティを磨く方法とは?

スガツヨ

では、このセレンディピティを鍛える方法とは何なのでしょうか。

ここでは、いくつかの方法を紹介するので試してみてください。

ワクワクする気持ちを大切にする

セレンディピティを磨く方法は、自分のワクワクする気持ちに素直になることだそうです。

そして、行動することで偶然が引き起こされ、その偶然の中から得るものがあるのだとか。

なので、興味を持ったことにとことんチャレンジしてみることがセレンディピティを磨くコツ。

未知の体験を意識してやる

人は安定・安心を好む生き物。ただ、慣れている環境から飛び出すと、セレンディピティが起こる確率が高まるとのとこ。

例えば、いつも同じジャンルの本を読むのではなく、違ったジャンルの本に手を出す。

はたまた、音楽でもいつもはEDMのところを、ミュージカルや映画のサントラにしてみるとか。

こんな風に、普段とは違ったことを意識し、新たな発見があり知識が広がることで、セレンディピティが磨かれる。

一人でいる時間を意識的に作る

セレンディピティはいわゆる心の力なので、ストレスがあったり疲れていると、得るものは少ない。

だから、ストレスのない環境を作ったり、食事のバランスを気をつけたり、生活習慣をしっかりしたりと、体と心の管理が大切。

そして、一人になって自問自答する時間を作り、じっくりと向き合う…。

すると、素直な自分の声を聞けるので、その声に従って行動に移していくと、偶然が偶然をよんで必然となる。

幸運というのは、常に自分の中にあって、自分自身を信じてあげることによって、セレンディピティは磨かれる。

偏見を持ってはいけない

人は誰しも偏見を持っている生き物。

ネットを見ていれば「この人怪しいな〜」なんて思うことはザラにあるでしょう。

ただ、その印象は自分の中で作られているので、その人をイメージだけで判断してはいけない。

つまり、直接会って感触を確かめてから判断することがセレンディピティを磨くコツです。

人を見極めるには、常日頃から本質を見る訓練をする必要があるので、教養を付けることが大切ですね。

セレンディピティ僕の体験談

僕は起業当初は、右も左も分からなかった。

このブログは2017年の8月に開設したが、訳も分からずブログを書いていた。

スガツヨ

ただ、「これじゃいかん」と思い、

ネットで検索し人生で初めて情報を買った。

そして、人生の指針となる起業家の方と出会い、教えを請いサイトをゼロから作り、少し人生が軌道に乗った。

生計を立てるようになり、次にその方と飲みの席で、「スガツヨは、今どこに行きたい?」と聞かれ、「直島です」と答えた。

その夜に夜行バスのチケットを予約し、直島へ。

直島では建築家の安藤忠雄さんが作ったホテルに宿泊し、思う存分直島を満喫した。

そして、帰りのバスで30分ほど待ち時間があったので、本屋に寄った。

そこで、投資の本に出会ったことがきっかけで、投資家の方と出会えた。

そして今に至る。(この先はどうなるのだろうか、少しワクワクもしている)

これからも僕は、「目の前のことを一生懸命に取り組む」「今目の前にあるものを大切にする」この2つを意識して生活していきます。

「チャンスは前髪しかない」という言葉がある通り、これからの人生もセレンディピティを磨いて、チャンスをモノにして生きる♪

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください