プルチックの感情の輪を紹介!人間はポジティブの3倍ネガティブに引きづられる

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

そもそも「プルチックの感情の輪」とは?

スガツヨ

プルチックの感情の輪とは、ロバート・プルチックという心理学者が提唱した色彩立体の感情モデルです。

下記のグラフが分かりやすいので、見て頂ければと思います。

 

8つの基本的な感情と、2点を組み合わせからなる8つの応用感情から、このような色彩立体の感情が成り立つそうです。

まずは、基本的な8つの感情をお伝えします。

これは「喜び」「信頼」「恐れ」「嫌悪」「怒り」「予測」がある。

一次感情とも言われており、ネガティブな感情が多いとのこと。

基本感情8つのうち4つがネガティブ感情

ネガティブな感情は、

  • 恐れ
  • 悲しみ
  • 嫌悪
  • 怒り

ポジティブな感情は、

  • 喜び
  • 信頼

どちらでもない感情は、

  • 驚き
  • 予測

です。

8つのうちの4つがネガティブ感情ですが、これは悪いことではなく、危険察知や機器回避に必要なことだとか。

スガツヨ

つまり、人間はポジティブの3倍ほどネガティブに引きづられやすい生き物。

なので、時々後ろ向きになってしまうことは、普通なことだし、それだから”自分はダメ”と思わなくていいことを知れた。

感情の組み合わせで人間はできている

この図を見て頂きたい。色々な感情の組み合わせがあることが分かる。

スガツヨ

例えば、「信頼」と「恐れ」が混ざった状態が「服従」

例を挙げると、上司を信頼して仕事をしているけど、仕事で失敗したら怒られるという恐れ。

つまり上司に服従している。

スガツヨ

次に信頼と喜びが混ざった状態を「愛」。

例を挙げると、お互いに信頼し合って、色々な人生の喜びを経験して愛し合う関係になる。

すると愛を感じる。

スガツヨ

はたまた、「喜び」と「予測」が混ざった状態が「楽観」

例を挙げると、自分の予測が的中し、何かしらの目標を達成できた喜び。

ドーパミンが増え楽観的になる。

こんな風に、一つひとつの感情を組み合わせることによって、人間の感情が構成されている。

プルチックの感情の輪:人の感情は分解できる

僕が今回、プルチックの感情の輪について学んだことは、

スガツヨ

人間の感情を組み合わせることができるなら、

「今の自分の感情は何だろう?」と考えることで、

色々な能力が高まるのでは?と感じました。

なぜなら、プルチックの感情の輪を理解しておけば、自分の感情を知ることができます。

”知っている”ということは、自分で上手に感情をコントロールできるということです。

すると、「自己管理能力」「問題解決能力」「相手の気持ちを汲み取る能力」など得られるのでは?多分。


追伸:僕の記事を見て彼女から、下記のような「感情に関するオモロイ例え話」を貰いました。

レイナ

感情といえば、知ってる〜?感情は選べるんだよ?

人は起こったことに対してどう捉えるか、そしてそれに対して抱く感情は自分で選んでる。

例えば、わかりやすく言うと木にりんごがなってました。

見てたら木からリンゴが落ちました。

そこにはリンゴが落ちたって言う事実があるだけ。

でも見方によっては、

リンゴが落ちた!
これで食べられる!って”喜ぶ人”もいる。

リンゴが落ちた!
せっかく木になってたのに落ちちゃって”悲しい”って思う人もいる。

リンゴが落ちた!
だれかが落としたせいなんじゃないか?って”イライラ”する人もいる。

事実に対してどう捉えるかで、その人自身が感情を選んでるの。

感情って勝手に湧いてくるものではない。全部自分で選べるし選んでるんだよ〜

スガツヨ

なるほど、なるほど!

ピンチをチャンスにする思考に似てますね♪

面白い例え話、ありがとうございます😌

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。