情報はきっかけにしか過ぎない!全て自分ごととして考えよう

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

こんにちは!
ノマドライフのスガツヨです。

今日は「全ての情報はきっかけに過ぎない」というお話をさせて頂きます。

 

例えば、受験のための参考書を買ったら、大学に誰しも受かる訳ではない。

良い大学に受かる人もいれば、どこの大学にも受からない人がいる。

 

また、オンラインコミュニティーに入ったからと言って、誰しも稼げるようになる訳ではない。

超稼げるようになる人もいれば、一円も稼げずに終わってしまう人もいる。

 

はたまた、一流の人のYouTubeを見るきっかけがあったとしても、人生が変わる訳ではない。

実際に行動できる人もいれば、見て満足して何の学びにもならない人もいる。

 

こんな風に、一つの情報をとっても、モノにできる人、モノにできない人がいるのがこの世界。

要するに、きっかけは平等に与えられても、結局は自分次第だということです。

 

「チャンスは前髪しかない」という言葉ありますが、常に「チャンスがあるのではないか?」「何か人生を豊かにする学びがあるのではないか?」と考えながら生活することが大切だと感じています。

そして、もしもそのチャンスの前髪を見つけたら、瞬間的にガシッと掴み、「絶対に自分は人生を変えてやる」という強い気持ちで、髪が抜けるくらいに握る意識でアンテナ張り巡らせることも大切だと感じる。

ちょっと今日は、ネットを色々見ていて感じることがあったので、アウトプットさせて頂きました☺️

 

全ての情報はきっかけに過ぎないけど、一つひとつの情報に対して他人事でなく、自分ごととして考えらる癖を付けることが、さらに人生を豊かにさせるのではなかろうか?

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。