競合サイトを分析する方法とは?サイトの改善策を見つけ次のステップへ進もう

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

競合サイトを分析すれば、自分のサイトの改善策を見つけやすくなり、次へのステップへと進みやすいです。

そこで今回は、競合サイトを分析する方法について詳しくご紹介します。

では早速ですがまいりましょう!

競合サイトを分析する方法 ❶ 運営年数はどのくらいか?

ドメインとは、インターネット上の 「住所」 のことです。

例:http://tsuyomon.com

スガツヨ

ドメインの運営年数が長いと、サイトのドメイン自体に力があるため、SEO的にも高評価に繋がります。

ですがドメイン年数が長ければ長いほどいい訳ではなく、運営実績に対してGoogleが評価してくれるのです。

なので、コンテンツの量や質が同程度のモノだとしても、運営年数が半年のサイトと1年のサイトであれば1年の方が強いです。

そして、もしも「競合サイトの運営年数を確認したい!」と思うなら、SEOチェキというツールを利用してみてください。

ドメイン所得年数を確認すれば、そのライバルサイトは何年くらい運営しているのか?確認することが可能です。

競合サイトを分析する方法 ❷ どのくらいの記事数があるか?

記事数が多ければ多いほど、Googleから評価されやすい傾向があり、SEO的にも好影響を及ぼします。

ただし、記事をコピーしてサイトに貼っていたり、質の悪い記事の場合は反対に評価されません。

スガツヨ

僕の個人的な推測だと、500〜600記事くらいのあるサイトが、

ある程度のアクセスを集めてくれて、収益化することができます。

僕のサイトは4つほどありますが、全てのサイトでこの基準をクリアしています。

ちなみに、競合サイトの記事数をチェックしたい時は、「site:http://ドメイン名」で検索すると記事数を確認できます。

競合サイト分析方法 ❸ 1記事あたりの文字数はどのくらいか?

サイトの記事の文字数に関しては、年々トレンドが移り変わります。

なので、「1記事で〇〇文字数を執筆すれば稼ぐことができる」ということではありません。

とはいえ、Googleが目指しているビジョンの方向性に合わせば、毎年変わるトレンドに乗れるでしょう。

スガツヨ

また、競合サイトはどれも適切な文字数で、ユーザーが検索したキーワードの回答を返している記事が多いです。

コンテンツの質が高いとGoogleは評価してくれますので、決して文字量だけで判断しているのではありません。

ポイントは、「ユーザーの悩みに対しての問題解決方法をしっかり提供できているか?」です。

また、ジャンルによって文字数が多いジャンルもあれば、文字量が少ないジャンルもあるので、覚えておいてください。

競合サイト分析方法 ❹ 新規ドメインか?中古ドメインか?

ドメインには、新規に作成するドメインと中古ドメインの2つがあります。

特に中古ドメインはドメインパワーが非常に強く、サイトが上位に表示されやすくなります。

ちなみに、中古ドメインと新規ドメインの見極め方は、サイト名とドメインの関連性を見れば分かります。

例えば、

スガツヨ
  • トレードメシ→https://trademeshi.com

タイトル名とドメイン名が同じ

  • 転職キャリア→https://onamae2r3454235.com

タイトル名とドメイン名が異なる

もしも、ドメイン名がサイトのコンセプトと全く関係のない名前だとしたら、中古ドメインを疑いましょう。

とはいえ、最近は中古ドメインの効果が薄れてきているので、あまり気になさらなくても大丈夫です。

競合サイト分析方法 ❺ 被リンクの数はどのくらいか?

被リンクとは、外部のサイトから設置されたリンクのことです。

というのも、信頼できるサイトは、多くのサイトからリンクが貼られている場合があり評価が非常に高いです。

スガツヨ

ですが、被リンクを自分で貼ることも可能で、自分自身で評価を高めることは工夫次第でなんとでもなります。

そのため、最近作られたであろうサイトが、不自然に上位表示されている場合もよくあります。

これは被リンクの数が多いことが原因です。なので、競合サイトを見つけたら下記のツールで被リンクを調べてみてください。

被リンクについては、ahrefs(エー・エイチレフズ)で見ることができます。

無料で見れるツールではhanasakigani(ハナサキガニ)が有名です。

まとめ:競合サイトを分析する方法

スガツヨ

本日は、WEBサイトの競合分析方法についてお伝えさせて頂きました。

競合分析の優先順位は低いものの、他者の強み弱みを理解しておいた方がネットの世界では戦いやすいです。

また、自分のサイトが、他のサイトコンセプトと似てないか?かぶっていないか?を確認することもしましょうね

本日は、競合サイトを分析する方法について詳しく解説させて頂きました☺️

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。