【本日の一言・スガツヨ・2020年2月6日(木)】

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

おはようございます。

お世話になります。菅谷です。
本日の一言を送らせて頂きます。

本日の一言

貧乏に対する恐怖に人生を支配させてしまえば、
 
その報酬として食べていくことができるだろう。
 
しかし、生きることはできなくなる。
 
バーナードショー

この言葉から思うこと

一度稼ぐ力が付けば、
起業一年目の、貧乏生活に戻りたくないと思うもの。
 
そのため、節約を徹底し、お金をガッツリ貯めていた。
 
ただ、その分お金を使いたくないという理由で、
 
行動の幅が狭まっていたかもしれない。
 
お金を使うメリハリをしっかりと決めようと思いました。

僕の好きな放送作家の小山薫堂を紹介

小山薫堂の「神様にフェイントをかける」という言葉が好き。

宇宙からメタリンチし、いわゆる「離見の見」で自分を見ているようなニュアンスの言葉。

神様から、「お前はどうせ〇〇な行動をするんだろう?」と先読みされてる感じがするけど、

いつもとは違った行動をして、「神様をビックリさせる」的な感じなところが好き。

 

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください