貧困脱して成り上がれ!インド映画「ザ・ホワイトタイガー」は絶対見るべし!

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

インドの貧しい村出身の主人公は、裕福な一家の運転手となり、生まれた身分から使用人になるしかない。

彼はお金持ちの主人から信頼を得ていくけど、ある“きっかけ”で自分を罠にはめていることに気づく。

そして、使用人として主人から受けた非道な仕打ちや、会話の盗み聞きからすべてを学び、復讐心や反骨心からついに有名な起業家に成り上がる!!

そのためには大きな犠牲を払い、自分を正当化しながら淡々と罪を告白する主人公の語り口に圧倒されること間違い無し。

スガツヨ

インドは世界最大の民主主義国家。そして、カースト社会。

何億人といる下流階級から自由になれる道は一つだけ、それは受け入れること。

そして、底辺から這い上がるには、鬼になるほか選択肢はない。

格差が広がる日本。近い将来、他人事ではなくなるかもしれないと感じた。

ダークパワーは強烈なエネルギーだ。

この映画は、これから何かに熱中してチャレンジしたい人、僕と同じ世代の若い人、反骨心がある人に見てもらいたい映画の一つです。

「こんな世界もあるのか…」と思うと、「自分ももっと頑張らないといけない!!」と素直に感じた。

興味のある方はチェックしてみてください😀

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。