オモシロイ映画は氷が溶けてコーラが不味くなり、ポテトはシナシナになる。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

「オモシロイ映画」「オモシロクない映画」の見分け方のポイントは2つあります。

スガツヨ

1つ目は、「僕を驚かせてくれるかどうか?」です。

僕は結構どんでん返し系の映画が好きで、「次の展開はどうなるの?」「なになにこんな感じになっちゃうの?」と想像を掻き立ててくれるストーリーが好きです。

一方で好みじゃない映画は、起承転結がハッキリしてて、「やっぱりそうなるよね…」「それ想像ついたなぁ」と思ってしまう映画です。

スガツヨ

2つ目は、「映画中に飲み物を飲み干すかどうか?」です。

というのも、僕は映画館に足を運ぶと、必ずといっていいほどポテトとコーラを購入し、飲食しながらリラックスして見ることが多いです。(家で見る時も何か用意します笑)

当然オモシロイ映画は、スクリーンや画面に夢中になるため、ポテトが冷めてしなしなになったり、氷が溶けて不味いコーラになり残してしまうことも…。

一方でオモシロクない映画は、ポテトも飲み物も全て完食し、途中で眠くなってしまう傾向がある…笑。

スガツヨ

やっぱり何かに夢中になる時は、「人間は目の前に大好物があっても、それを度外視してでも熱中するんだな〜」と自分を観察して感じました笑。

すいません、今日はブログのネタが無かったので、最近の自分の気付きについて語らせて頂きました笑

ちなみに、最近“ノマドランド”という映画が、アカデミー賞を受賞されたとニュース記事でバズっていました。

僕はノマドライフなので、ノマドランドと聞いてちょっとだけワクワクドキドキしました(笑笑笑)。

なぜなら、ブログのタイトルの候補にノマドランドがあったからです笑。

話を戻しまして、このノマドランドは、遊牧民の様に高齢者達が漂流する物語の様だ。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。