新着エントリー

人工知能(AI)に負けないためにはIT、投資、グローバルのスキルが必要!

「人工知能に仕事が奪われる・・」

「これからの時代が怖い・・」

「このまま会社員でいいのかな?」

などと、あなたは「これからの時代はどういったスキルが必要なのか?」「人工知能に職が奪われるの?」「どんな仕事が生き残るの?」などと感じ、本記事まで辿り着いたことでしょう。

こんにちは!
「muzumuzu」の菅谷です。

巷では、ニュースで人工知能の話題が凄いですよね。将棋界の巨匠である羽生善治さんに勝利し、ディーププラーニングと言われる人工知能の力を人間達が少しづつ理解してきましたね。

また、今後人工知能によって人間の職が奪われていきます。ですが、違った見方をすれば、人工知能によって人々が暮らしやすくなっているのも事実です。

人工知能に職が奪われると考えるののではなく、感情のフォーカスポイントを変えて、 人工知能に対等に戦うためには何をしなければいけないのか?について考えましょう。

では、早速ですがまいりましょう!

人工知能(AI)とプログラミングの違い!

プログラミングというのは元からあったもので、プログラミンとは同じことを正確に繰り返すことです。ですから、同じ処理を繰り返すのですから、元々のウェブサービスもそうですし、ロボットもプログラミングされています。なので、ボタン一つで決まった作業をすることができるのです。

じゃあAIはどうして凄いのか?というと、一つにビッグデータという大きなデータの集まりがあり、 人間はより妥当かつ、適正に、合理的で、効率的な意思決定をすることができるという莫大なデータの塊から瞬時に答えが出てくるので価値があります。

例えば、「私が好みのタイプの女性はこういうタイプの女性です」というデータをとっておくとすると、私の好みのタイプの女性を人工知能がビッグデータから判断して婚活のマッチングの制度をあげてくれます。

また、人工知能は莫大なデータをプロファイリングしてあるので、「40代の女性はどういう職種の男性と結婚する確率が高いのか?」などといった情報をもとに、人工知能は瞬時に判断することができます。

また、犯罪の統計を取っているので、犯罪者になりそうな人を犯罪を犯す前に逮捕してしまう。みたいなことが現実に起こっているので凄いですよね。 要するに、プログラミングは同じ処理を繰り返すだけですが、ディーププラーニング(深い学習)を人工知能はできるのです。

人工知能(AI)に勝てるスキル

  • マネジメント力

人工知能(AI)に対等に戦うには、人をマネジメントする力と、リーダーシップのある人間が人工知能と戦えます。なぜなら、人のモチベーションをあげることができるのは人間だけだからです。

人工知能が人の感情を理解することができても、人の感情を操ることができません。なので、人工知能(AI)ができないこと、つまり、人に影響力を与えることは対等に戦えるスキルです。

  • ホスピタリティ

人工知能(AI)に対等に戦うスキルは、ホスピタリティ能力があるかどうかです。例えば、ホスピタリティ能力とは、タイ式マッサージのお姉さんや、キャバクラ嬢、ホスト、接客といった人対人の関係で、人に奉仕する仕事は生き残ります。

ですが、ここで問題なのが 比較的収入が低い職種がホスピタリティのある仕事なので、なかなか難しいですよね。

  • クリエイティビティ(創造性)

人工知能(AI)に対等に戦うスキルは、クリエイティブティ(創造性)があるかどうかが肝になります。要するに、一人一人の人間に創造性がなければ人工知能に負けてしまいます。

考えれば理解できますよね?個がない人間は搾取されていくというこを・・なので、一人ひとりがタレントにならなければいけないのです。タレントと聞くとテレビを思い浮かべてしまいますが、そういったタレントではありません。

「この分野の〇〇さん!」だったり、「YouTuberの〇〇さん!」「鉄道ブロガーの〇〇さん!」と呼ばれるようにならなければいけないのです。

それなので、人工知能と対等に戦うには創造性を豊かにして、それを具現化できる能力がなければ人工知能に対等することができません。

人工知能(AI)2045年のシンギャラリティまでにやらなければいけないこと!

  • ITスキルをつける!

これからの時代を生き残るためには、既存の轢いてあるレールに沿って生きていてはいけません。自分のあらゆる情報を収集して己の目で判断しなければならない時代なのです。

なので、2045年のシンギャラリティまでにITスキルをつけてください。そうしなければ既存の仕事がなくなり、職業が人工知能に奪われてしまいます。実際に大手銀行の何万人といった人達が解雇されています。

なので、あなたは ITスキルを磨かなければいけません。ITスキルがあれば自分で稼ぐことができるので、ITスキル全般のスキルをつけてください。

  • 投資スキルをつける!

シンギャラリティの前にあなたが注力して磨かなければいけないスキルとして、投資スキルが挙げられます。投資に初心者の方は「今、人工知能が自動的にできるんでしょ?」などと思われている方もいらっしゃると思いますが、投資はそんなに甘くなりません。

経験と感覚が投資家のスキルなので、若いうちに投資スキルを磨いておくことをオススメします。人工知能は人間の行動パターンを理解できるようになっていますが、人の”感覚”や”直感”は、人工知能に備わっていないので、投資スキルを磨きましょう。

  • グローバルスキルをつける!

グローバルスキルとは、英語です。ITスキルのプログラミングでも、投資を勉強するにしても必ずそこには言語(英語)が書かれています。それであれば、グローバルスキルを磨くことで、一石三鳥になるのです。

なので、グローバルスキルを磨くことで他の人たちよりも抜け出すことができますし、人工知能にも負けじと対等に戦うことができるでしょう。

人工知能(AI)これからの時代は不透明な職業が生き残る!

私は本を読んで理解したことがあります。それは、今後の時代はITスキルがない奴は置いてかれる。そして、 自分のことをブランディングできていない(ファンがいない)人はこの時代に取り残されてしまう可能性があります。

また、不透明な職業とはなんなの?と思われている人もいると思いますので、お伝えすると、例えば、ブロガー、YouTuber、WEBサイト運営者、投資家、休眠資産を持っている人などといった人達です。要するに、一般的には、仕事とは言えないような仕事をしている人が生き残る職業ということなんです。

なので、 不透明な職業が残り、ゆとり世代から行方不明の世代へとなっていくのです。あなたはこれからの時代をどう見る?生き残ることができるのか?今、時代の分岐点に立っていることをしっかりと理解しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください