新着エントリー

個人単独で経済性を成立させ、社会に価値貢献するためには!

こんにちは!
「muzumuzu」の菅谷豪志(すがやつよし)です。

最近は、企業に属しながら、個人の価値を上げていくのには限度があるということを理解するようになってきた現代社会。一昔前は、企業という組織に入れば安心・安定を確保できました。ですが、これからの時代はそんなに甘く無いとのことです。

「国に頼る、会社に頼る」では、リスクだと私は考えています。なので、個人でいかに稼ぐパワーがあるかどうかがこれからの時代に大切だということを若い20代の人達は少しづつ理解し、行動している人が増えてきたと実感しています。

なので、有識者や経済論者が「これからは個人で稼ぐ時代」と言っていることが理にかなっていると思っています。なので、今回は、「個人単位で経済性を成立させ、社会に価値貢献するためには!」について、お伝えします。

個人は何らかの社会貢献することができるか?

輝く個人の条件としては、個人単独で何らかの社会貢献をすることができるのか?ないしは、単独で経済性を成立させることができるのか?ということです。

成功する個人を知るには、考えるだけでも色々なことを思い浮かべることができます。輝く個人を何であるかを考えるのは、自分自身の人生の使命です。

単独で「価値貢献×経済性」を確率させることができる時代

例えば、個人単独で何らかの社会的価値を提供することができるというのは、プログラマー、プログラミングというものを通じて社会的価値を提供することができるとか、

あとは作家、メディア運営者、YouTuber、専門家、ブロガー、教授、などなど、探せば沢山輝く個人が社会に価値貢献する手段は多くあります。

もちろん、個人では全てのことはできません。例えば、個人では工場を持ったりすることができませんし、営業マンを沢山抱えている会社を管理・運営・経営することができないです。

輝く個人は何でもできるとは限りません。ですが、輝く個人になるために限られたなかで考えることで、単独で価値提供することと、単独で経済性を成立させることはできます。

一つの手段として個人投資家がある

一つの手段として、投資家が挙げられます。投資家は単独で経済性を成立させることができます。学ぶことさえすれば再現性もあります。

パソコン一つでマーケットにアクセスすることができて、必要なのは、技術と知恵と、ちょっとした元手で始めることができます。

要するに、最も合理的で汎用性の選択肢の一つとして個人投資家が挙げられます。学ぶことさえすれば再現性もります。

アメリカは投資にお金を割く人がかなり多い

人間にとって投資は、共通の選択肢になりうるものなんじゃないかと思います。実際にアメリカの方だと、投資にお金を割く人達が多いです。

金融のビッグバン(金融の規制緩和)が起きて以来、個人は世界中の株や通貨にいつでも誰でも、コストなく参加することが可能になりました。

その環境は投資家のプロ達と全く同じ環境になったということです。取引所の値の動きを学び、株式を学ぶことで、変化に潰されるのではなく、変化を利用することが可能になります。

株式が長期的に値上がりするかどうかは、その株式の先にある企業が利益を出し続けることができるのか?が重要なので、ファンダメンタルズを見る必要があります。

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。

出典:smbcnikko.co.jp

ですが、短期的な市場の値動きは、全く異なります。ただの売り買いや、色々な人の需給などによって生まれます。値動きの特徴があるので、ファンダメンタルズとは異なる部分を学ぶ必要があります。

なので、変化に潰されるのではなく、変化を利用することが大切です。インフレが進むのも変化ですし、どこかの企業が伸びるというのも変化ですし、値動き自体の変化もそうですよね。こういった変化をうまく利用することが大切です。

ほったらかしで儲かるビジネスは皆無

大切なのは、中途半端な理解や曖昧な知識、無知、無思考を脱却して思考長者になることです。中途半端な理解はよくありません。

例えば、世の中にはほったらかしで儲かるとかっていう話がありますが、ほったらかしで儲かるというのを正当化しようとすると結構困難です。

なぜなら、そのシステムなどを起動させている人達は、何をしているのかわからないのに、ほったらかしで儲かるシステムは絶対にありません。なぜなら、そんなビジネスがあれば、もっと金持ちが増えているはずですから。

自分が何も分かっていないのに人に託すのはリスクが高い

市場というのは毎日動きが違います。そのシステムが何の取引をしているのかわからないのにそれにお金を預けるなど、投資信託と同じマインドです。

投資信託でファンドマネージャーが何を買うかわかっていないのにプロに任せるということは、「投資をしている」とは異なります。なぜなら、その人達がいなくなったら、何もすることができない。そのシステムがなくなったら何もできない。

それがパフォーマンスが下がったら、何をしたらいいかわからない。となると、かえって完全に思考依存してしまっているので、次の応用や展開や発展をすることができません。

そして、損失が生じてしまったら甘んじてそれを受け入れることになってしまいます。要するに、 ドライバーを自分で握るのか、誰かに握らせて何もわからないで、事故を起こしたら一緒に死ぬのかということです。

個人単位で経済性を成立させ、社会に価値貢献するには、中途半端な知識や、無知、無思考、というものを脱却して思考長者になることが大切だということを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください