新着エントリー

まずはこれだけはやっておきたいSEOの常識!

muzumuzu

今回は「まずはこれだけはやっておきたいSEOの常識」について見ていきましょう!

前回は、検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましたが、

それを元に、「テクニックの部分」についてお伝えします!

1.古いSEOを捨てる

Googleの進化によって、キーワードの比率を調整するなどの古いSEOの手法は適用しなくなっています。

効果の上がらない対策に時間をかけるのではなく、ユーザーに価値を提供する前の対策を行うことがベストな選択です。

はいじめに古いSEOとは?何という方が多いです。「SEOに効果的」であると言われる対象は数多く存在しますが、その中には効果がない対策や、

今までに通用しない対策などもあります。

キーワードバランスとは?

ひと昔の検索エンジンでは、キーワードの調整をすることで順位が上がりました。ですが、現在の検索エンジンに対しては、そのような調整はほぼ無意味になってしましました。

インデックス数は多いほうが有利?

検索エンジンにインデックスされたWEBページ数が多いほうが、グーグルの評価が高くなることはありません。文字数のみが多くて内容の薄いページを量産しても、評価されません!

SEOに効果的な文字数とは?

「何文字以上なら検索エンジンが評価してくれる」というような、文字数によるSEOの効果はありません。文字数があっても内容が薄ければ当然評価対象になりません。

たとえ、文字数が少ないコンテンツでもライバルコンテンツの質が低ければ上位に表示されることはあります。

相互リンクは多いほうがいいの?

「相互リンク」とは、WEBサイトどうしでリンクをはりあうことです。以前は相互リンクによって被リンクを多く獲得することで、順位が向上することがありました。

しかし現在では、無関係なページから過剰にリンクを獲得すると、スパムに認定される可能性があります。

メタキーワードは記述するべきなのか?

検索エンジン向けに記述するタグである「メタキーワード」がSEOに影響することはありません。

ベテランのWEB運営者にとっては当たり前のことです。2009年メタキーワードをGoogleは無視していることをアナウンスしています。

2.独自ドメインを取得する

WEBサイトを新しく立ち上げる場合は、まずはドメインが必要となります。ビジネス用のWEBサイトであれば、ユーザーに覚えやすく、使いやすいドメインを選びましょう!

無料ホームページと独自ドメイン

検索エンジンは、URL単位及びドメイン単位でWEBサイトの信頼を評価しており長期的にWEBサイトを運営していくのであれば、独自ドメインが必須です。

なぜなら、自身でドメインを決めて管理していることにより、ドメインを所有している限り確実に評価を蓄積していけるからです。

無料ホームページの場合は、共有スペース内にサブディレクトリやサブドメインが割り当てられます。そうすることで、

同じISPのホームオエージを利用している他のユーザーがスパムを行った場合には、ペナルティの巻き添えとなってしますリスクがあります。

URLを見れば無料のスペースを使用していることがわかるため、人によっては「信頼できないサイト」だと感じてしまうかもしれません。

さらに、将来的にはサービスが終了する可能性だってあります。

SEOを継続的に取り組むのであれば、まずは独自ドメインを取得しましょう!

ドメイン取得時に注意する点

結論からお伝えしますと、ドメイン取得自体が検索表示に与える影響はほとんどないため、意識しすぎる必要はありません。

以前はターゲットとするキーワードを含むドメインを取得することは,SEOに少なからず影響するよう添えした。

例えば、「ニューヨーク」や「ラーメン」というキーワードであれば、「newyork-ramen.com」「newyork-japan-ramen.com」のようなものです。

しかし現在では、大きく影響することはありませんので、無理にキーワードを含める必要はありません。

無理にキーワードを含めると、そのサイト本来のブランド名がぼやけてしまいユーザーから覚えてもらいにくくなってしまいます。

社名はブランド名をそのままドメインに使用した方が、ユーザーに覚えてもらいやすくなります。

ひとつ補足しておきますが、以前がドメインに日本語を含めるとSEO効果があると言われていましたが、現在ではそれほど重要な要素ではありません。

トップドメインは 「.com」「.jp」「.net」を使用しましょう。一般的になじみのないドメインを選ぶと、覚えにくいかもしれませんので、SEOに意識しすぎずに使いやすいTLDを選びましょう!

3.クローラーの巡回を促すサイトマップの作成

以前の記事でクローラーについて説明しましたが、クローラーに効率的にWEBサイトを巡回してもらうためには、「サイトマップ」の作成が効果的です。

順位への直接的な影響はありませんが、検索結果に確実に表示させるためには必ず「サイトマップ」作成していきましょう。

あわせて読みたい

検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましょう!

サイトマップの役割

Googleは、一般的にサイトマップをたどってWEBページを見つけますが、公開したてのWEBサイトは 「XMLサイトマップ」を作成すれば、より効果的なクロールをさせることができます。

XMLサイトマップは通常 「sitemap.xml」というファイルを作成し、以下のような書式で情報を記述します。

4.コンテンツはテキストを重視する

テキストのない画像のみのWEBページは、検索エンジンには「読みにくい」ページと判断されます。

Googleクローラーは、画像自体が何を意味するかまでは判別できません。そのため、Googleはテキストの情報を重視しています。

Googleはテキストを重視している

Googleは、画像よりもテキストを重視しています。なぜなら、なぜなら、テキスト情報は様々な環境で利用しやすいからです。

例えば、スクリーンリーダー (テキスト情報を読み上げるソフトウェア)を使用する際に、画像化されたテキストはそのまま読み上げれません。 (alt属性をあげます)

また、ユーザーの通信環境も考慮しなくてはなりません。 通信環境が悪い場合は画像が表示されるまでに時間がかかり、ユーザーにとってストレスになります。

テキストは画像よりもデータとして軽いため、早く表示されます。ページの表示速度は、ユーザーが快適にWEBサイトを使用する際の重要な指標となります。

もう一つの利点は、 一文を手軽にコピーして、SNSやめーる貼り付けやすいという点です。このように、ユーザーの利点に考慮された、

便利で使いやすいWEBサイトは、Googleからの評価が高くなります。ちなみに、Flashを利用したページはiPhoneで閲覧できないため、

ユーザーにとって利便性の低いページとなり、モバイル検索による評価が低くなってしまします。

5.テキストを充実させるためのアイデア

飲食店や結婚式場などのWEBサイトでは、装飾したテキストを画像加工して使用していることがあります。

効果的に訴求することができれば問題ありませんが、検索エンジンは画像の内容を理解できないためSEOを考慮するのであれば、テキストを上手に活用しましょう。

デザインをなるべく崩さずに使用したい場合は 「WEBフォントの活用」がオススメです。日本語のフォントは、Googleから 「Not Fonts」という名称で公開されており、ダウンロードして使用可能です。

「FAQやマニュアルページの活用」も有効です。商品やサービス紹介ページのような売り込みページだけでは、情報が不足しがちです。

検討中のユーザーは、その商品の(サービス)の使い方や評判、サポート体制、改善の頻度といった情報も必要としています。

商品やサービスに関するFAQやマニュアルがすでにあれば、それらを編集して、ユーザーがいつでも確認できるようにしておきましょう。

また、専門的な技術や知識があれば、 「解説ブログ」を運営するといいでしょう!

検索ユーザーが疑問に思うような事柄を解決するイメージで、コンテンツを作成していきます。ただし、これは誰にでもできる方法ではありません。

記事数ばかり気にして、2〜3行程度で当たり前のことを当たり前に説明する用語解説ページを大量に作成した結果、全く効果が出なかったり、

第三者の記事をコピーしてつなぎ合わせたコンテンツを作成して大炎上になったケースもあります。その分野の専門家として、本気でユーザーの疑問を解決する姿勢が必要となります。

テキストの充実とは、単に文字数が多ければ良いという意味ではありません。Googleはページ内のコンテンツを見分けていて、

例えばヘッダー、サイドメニュー、フッター部分に関しては共通のコンテンツとして認識されます。

テキスト量を多くするために、これらの部分のテキストを増やしても、あまり評価されません。ヘッダー部分以下のメインコンテンツの内容が最も重視されます。

  1. 1行目は「XML宣言」といい、xmlのバージョンと文書内で使用している文字コード「UTF8」を宣言します。現在のXMLのバージョンは1.0です。
  2. 2行目はの<urlest>は必須項目です。以下のように <urlest>タグではじめ、複数のタグを囲み </urlset>タグで閉じます。「xmlns=””」の中には、現在のプロトコル標準を参照します。これは決まりのようなものです。
  3. 3行目の<url>も必須タグで、4行目以降で使用するloc(URL)、lastmod(最終更新日)changefreq(更新頻度)、priority(優先的)を指定し</url>で閉じます。
  4. 4行目も<loc>も必須タグで、ページURLを記述します。(http、httpsなどのプロトコルから始め、末尾にスラッシュを含める必要があります。)「www」あり、なしも統一しておきましょう。
  5. 5行目の<lastmod>は任意項目ですが、正確に最終更新日を記述すると、更新日が最新のページは優先的にクロールされます。この日付けは、W3C Datetime形式でお伝えします。(サンプルのように時刻の部分を省略してYYYY-MM-DDの形式で記述することも可能
  6. 6行目の<changefreq>も任意項目で、更新頻度を「always」や「hourly」なども指定しますが、情報が不正確な場合はクローラーに無視されます。
  7. 7行目の<priority>も任意の設定項目で、0.0~1.0の値でインデックスの優先度を指定する。グーグルの場合は、<priority>を無視しているそうです。

便利なサイトマップツールについてですが、ここで解説した内容を理解していなくても、サイトマップ作成ツールを利用すれば、誰でもXMLサイトマップは作成できます。

ワードプレスを利用している場合は、 「Google XML Sitemaps」はよく利用されているプラグインです。プラグインを利用することで、効率的に生産性向上×作業効率化できると思いますのでダウンロードしてみてください!

6.GoogleマイビジネスでローカルSEO強化する

Googleマイビジネスに登録すれば、ユーザーにWEBサイトを見つけてもらえる機会が増えます。時に美容室や飲食店や歯医者などの店舗ビジネスには効果的です。

特定の場所でお店を探しているユーザーの来店や問い合わせにつながります。

Googleマイビジネスで特定地域の検索順位を改善する

特定の地域内の店舗を検索する検索するクエリの場合、検索している端末の位置情報を活用して検索血kが表示されます。例えば渋谷周辺に単に「ラーメン屋」と検索すれば、

渋谷近辺の歯医者が表示されます。このような、地域に関連する表示順位を改善するための取り組みを、 「ローカルSEO」と言います。

店舗から誓い検索エリアで検索しても検索結果に表示されない場合には 「Googleマイビジネス」へ情報を登録することで、ローカル検索結果に表示される機会を増やすことができます。

Googleマイビジネスは、企業や店舗などの情報を管理できる無料ツールで、Google検索やGoogleマップ上に情報が掲載されます。

ローカル検索表示に影響する要素は、Googleマイビジネスのヘルプページに掲載されており、「関連性」「距離」「知名度」の3つの要素が考慮されています。

  • 「関連性」とは、検索クエリとの関連性のことで、充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が適用するため、検索クエリとの関連性を高めることができます。
  • 「距離」とは、場所を選択した検索クエリの場合には、その地域から近い店舗が優遇される。検索クエリに場所が含まれていない場合には、ユーザーの現在地情報に基づいてその場所から近い店舗が優遇されます。
  • 「知名度」とは、どれだけ一般的に認知されているかのことで、WEB上でのリンクや記事なども知名度として考慮されます。また、Googleでの口コミ数とスコアも評価に影響されます。

メリット3つ

  1. 近くの店を検索する場合や特定の場所で店舗を探す場合、 検索結果にGoogleマップの情報が表示されます。
  2. Googleマイビジネスに登録すると、検索結果に表示される機会を増やすことができます。登録すると、社名やブランド名で検索された場合に、Google検索やGoogleマップ上で 住所や電話番号、営業時間、WEBサイトのURLなどの情報が表示されます。
  3. 特定の地域の情報を探すクエリの場合には、Google検索上やGoogleマップ上に、登録した情報が表示されるようになります。

このようにGoogleマイビジネスに登録しておけば、検索ユーザーとの接点増加につながります。

店舗ビジネスや地域を限定するサービスを行っている場合には、必ず登録しておきましょう!

Googleはページ内のコンテンツを見分けていて、例えヘッダー、サイドメニュー、フッター部分に関しては、共通のコンテンツとして認識されます。

テキスト量を多くするために、これらの部分のテキストを増やしても、あまり評価されません。

ヘッダー部分以下のメインコンテンツの内容が最も重視されます。

あわせて読みたい

検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましょう!

 

7.間違ってnoindexを設定していないか確認する

「noindex」メタタグは、検索エンジンによるインデックスを拒否するためのタグです。

誤って設定してしまうと、検索結果画面でまったく表示されなくなるという、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

noindexメタタグの設定を解除する

「noindex」メタタグは、検索エンジンにインデックスされたくない時に使用します。

検索されたくないwebページがあった場合に、HTMLソースコードの〈head〉内に、次のようにnoindexメタタグを記述します。

〈meta name=”robots” content=”noindex”〉

この記述があるページは、検索結果に表示されません。なかなか検索結果に表示されない時は、ソースコードにこのような記述がないか確認しましょう。

webサイト運営者の意思にもかかわらず、noindexが記述されている場合もあります。
例えば、WordPressでnoindex設定の解除を忘れてしまう場合などです。

一般的には、新規のwebサイトを公開する前の段階では、noindexメタタグを設定して、公開時にnoindexの設定を解除します。

WordPressでnoindexの設定を解除するには、管理画面から「設定」→「表示設定」の順にクリックして、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」のチェックを外し、「変更保存」をクリックします。

noindexを設定する際の注意点

以前は、内容の薄いページや不要なページがwebサイトを上に多くある場合にnoindexを設定すると、ほかのページへの評価が高まるといった説がありました。

しかし、個人的にはこの方法は危険だと考えています。

なぜなら、noindexはかなり強いリクエストになるため、設定のミスは致命的な結果を招きます。

そもそも内容の薄いページは改善すれば良いのであり、本当に不要なページであれば、削除すれば良いのです。

webページそのものは必要で、特別な理由て検索結果には表示させたくないページがある場合は、noindexを設定しても良いかもしれませんが、それ以外の場合では慎重に検討しましょう。

noindexのように検索エンジンに処理を指示する記述のことを「robots」メタタグといいます。

robotsメタタグには他にも次のようなものがあります。

noarchive
検索エンジンデータベースへの保存の拒否を指示するタグです。
〈meta name=”robots” content=”noarchive”〉

none
インデックスとリンク先へのクロールの両方を拒否するタグです。
〈meta name=”robots” content=”none”〉

nofollow
ページ上に配置されているリンクがクロールされないように指示するタグです。
〈meta name=”robots” content=”nofollow”〉

8.ユーザー視点で情報を整理するにはブログが最適

インターネット上には、いくらでも情報を掲載でき、ユーザーも好きな時間に閲覧できます。

情報を簡単に探せる現在においては、できるだけ詳しい情報をwebサイトに公開し、ユーザーに選んでもらえるように工夫しなければなりません。

ユーザーは必ずしも特定の商品について調べているわけではない

SEOでは、”ユーザーの知りたい情報は何か?”を理解し、ユーザー目線でコンテンツを作成することが大切です。

それが、検索エンジンの評価にもつながります。例えばユーザーが”オシャレなシャツ”を座がしている場合、「オシャレ シャツ」などのクエリで、選定の役に立つ情報(商品比較や購入者のコメント、「利用者の視点による選び方」など)を探します。

Googleはユーザーの意図を理解して、この段階では、ユーザーは特定のブランドのトップページなのでや単一の商品などを調べているわけではありません。

様々な情報を参考に自分に合いそうなシューズを見つけたら、次にその商品について詳しく調べるために、型番やブランド名、メーカーなどを検索します。

トップページや商品ページ、商品カテゴリ一覧ページなどは、どちらかといえばそのような特定商品での検索向きです。

「オシャレ シャツ」というクエリでSEOを行うのであれば、トップページや商品ページなどではなく、選定のポイントを解説した記事や、各メーカーの商品を詳しく比較したコンテンツで対応しなくてはなりません。

  • 「オシャレ シャツ」
  • 「医療保険 安い」
  • 「世田谷 家賃」

まずは情報収集を、、、、、、!

売り手目線とユーザー目線

検索クエリによって異なる、ユーザーの意図や売り手の視点、検索エンジンの評価を整理しましょう。

例えば、「オシャレ シャツ」や「オシャレ シャツ 安い」といったクエリの場合、売り手目線で考えてしまうと、以下のようになります。

  • 自社商品の中で一番安価な運動靴をすすめよう
  • 比較的軽い運動靴で、利益のたかいものをすすめよう

このような、自社製品に偏った視点で作成されたページは、商品ページや広告のランディングページ(広告をクリックした際に、最初に表示されるページ)での訴求に適しており、もともと購買意欲が高いユーザーであれば、速やかに購買に結びつけることができます。

しかし、SEOでオーガニック検索枠の上位を獲得するためには適していません。

上記の検索クエリの場合は、ユーザーおよび検索エンジンの視点では、以下のような意図が考えられます。

ユーザーの意図

  • 自分に合ったシャツの選び方のポイントを知りたい
  • 各メーカーの1番安いオシャレなシャツをから選んでみよう
  • デートなので、女の子にウケるオシャレなシャツを探したい

検索エンジン側の視点

「各メーカーの特徴を比較した解説ページは、ユーザーの手助けになる」

「各メーカーの商品を安い順に比較したページは、手助けになる」

「素材」が特徴のシューズに関しては、機能面を解説したページはユーザーの手助けになる」

検索エンジンは、ユーザーの意図に合ったコンテンツを優遇するため、ユーザー視点で価値のある情報を提供しなければなりません。

売り手の視点で商品のメリットを伝え、購買へ誘導するページも必要ですが、オーガニック検索枠で上位を狙うには不向きです。

つまり、「オシャレ シャツ」や「オシャレ シャツ 安い」などのクエリで上位に表示させるためには、多くの商材を扱う大型店舗以外では、ブログを活用した解説や比較記事の方が適しているといえます。

9.有益かつ詳しい情報でページを作成&改善

Googleは有益で情報が豊富なコンテンツを評価します。すでに作成したページでも、詳しい情報を掲載することで、集客を改善できる場合があります。

5w1Hに沿ってコンテンツを作成していくと、自然に必要な情報を含めていくことができます。

5W1Hに沿ってコンテンツを見直す

ユーザーにとって有益で情報が豊富なコンテンツを作成するためのポイントは?

5W1Hに沿った構成にすることです。

5W1Hは、「When (いつ?)」「Where (どこで?)」「Who (誰が?)」「What (なにを?)」「Why (なぜ?)」「How (どのような?)」のことです。

わかりやすい情報を、記載する際の基本となる考えです。

5W1Hに沿って、例えば営業時間や発売日、店舗所在地、商品導入のメリットやその裏付けとなる証拠、活用方法などをチェックし、漏れていれば追記します。

掲載できる情報の量に限界はないので、ユーザーが必要とする情報はできるだけ詳しく掲載するようにしましょう。

情報を追加する際には、そのページ上で追記する方法と、別ページで補足コンテンツを作成してリンクで誘導する方法があります。

コンテンツの文脈上大きく逸脱しないのであれば、ページ上に追記して説明すれば良いでしょう。

追記する内容が本筋とは大きく逸脱してしまう場合などは、別ページで補足します。その場合には、既存コンテンツ上では簡単な説明に留め、別のページで詳しい説明を行い、既存コンテンツから別ページへリンクを誘導すると良いでしょう。

  • 既存ページ
    ABC
  • 既存ページ
    ABC
    トピックDについてはコチラ!
  • 新規ページ
    トピックD

専門用語を使う場合はわかりやすく補足する

専門的な機器を扱うメーカーは、専門用語ばかり使用しているWebサイトになってしまっているケースがあります。

専門用語の使用自体は問題ありませんが、ターゲットのユーザーが見てすぐに理解できない内容や、わざわざ用語を調べなければならないWebページは、わかりにくいページです。

用語の説明を追記するか、別のページで詳しく説明しましょう。

そのほか、コンテンツで使用する用語は、なるべくユーザーが検索時に使用する言葉やな合わせた方が検索されやすくなります。

Googleは、類義語や同義語などの辞書の内部に持っており、用語の意味を理解できるようになってきています。

そのため、検索で使用されている言葉が含まれていないWebページでも、検索結果に表示されることがあります。

そうはいっても、用語を適切に認識できないケースもあるため、検索で使用される言葉を本文中に使用していくということはまだまだです。

ユーザーがよくついてよく使う言葉を調べるには、Googleの検索結果画面の下部に表示される「関連キーワード」を参考にしましょう。

Webサイトに掲載する情報は、販売に関するものだけで十分ということはありません。

製品やサービスを購入したあとのアフターサービスやサポートについても、頻繁に質問される事柄については、

FAQを詳しく掲載しておけば、ユーザーはいちいち電話で問い合わせるまでもなく、解決できるかもしれません。

また、使い方におけるノウハウをユーザーに提供することで、購入者は満足し、知人に薦めてくれるかもしれません。

コールセンターやメールで頻繁に届く問い合わせ内容については、このようなFAQページを作ってわかりやすく説明しておけば、企業にとっても、ユーザーにとっても便利なWebサイトとなります。

10.オリジナリティのあるコンテンツを作成する

Googleは、コンテンツのオリジナリティを評価します。コンテンツ作成は手間がかかる作業ですが、面倒だからといってコンテンツをコピーすることはガイドライン違反となります。

ここでは、オリジナルの記事を書くコンテンツを紹介します。

無断複製されたコンテンツはガイドライン違反

コンテンツ作成は、専門知識と作業時間が必要です。低コストで時間もかけずに表示順位やPV数などの成績指標のみを追いかけていると、外部コンテンツをコピーしたり、

複数の外部コンテンツの一部を言い換えてつなぎ合わせたりといった、グレー(スパムに近い)な施策が考えがちです。

実際、複数のライターに安い費用で大量に記事を依頼し、検索結果の上位を独占した企業もありました。

Googleのガイドラインによると、以下のようなコンテンツは違反にあたります。

  • 他サイトのコンテンツを、新たな付加価値を加えずに転載すること
  • 他サイトのコンテンツを、語句の変更程度の修正し転載すること
  • 独自の体系付けや新たな価値を加えることなく、他サイトのコンテンツフィードを掲載すること
  • 新たな付加価値を加えずに他サイトの動画や画像などのメディアを埋め込んだだけのサイト

著作権に関する問題もあり、このような施策は後々大きなトラブルへと発展します。

楽してランキングの上位を独占できるといった、魔法のような方法はありません。

ユーザーに価値をもたらすオリジナルのコンテンツを、地道に作成していきましょう。

独自性を打ち出して差別化する

SEOに取り組んでいる(または取り組もうとしている)のは、自分だけではありません。同じ業種で、SEOに取り組んでいる企業があるかもしれませんし、検索上のライバルは同業に限りません。

例えば、Web制作に関するクリアで検索してみると、検索結果には「Web制作会社」「コンサルティング会社」「Webサービスのツールベンダー」など、各々専門的な立ち位置で書かれたコンテンツを見つけることができます。

このように、1つのテーマに関して、様々な観点から書かれたコンテンツが多くある現状では、漠然とコンテンツを作成しただけでは、他のサイトと似通ってしまいます。

Googleは、誰でも知っているような当たり前の情報はもとより、他のサイトのコンテンツと類似するようなコンテンツを評価しません。

オリジナリティの高い記事を書くため、ライバルが多い分野では事前に調査を行いましょう。

ライバルがどんなトピックを扱っているかを以下の順番で詳しく調べてみましょう。

  1. 各ページに書かれているトピックを箇条書きする
  2. 上位表示されているページの5位から10位までを目安にページの内容を実際に読んでみる
  3. 自身が上位表示を狙いたいクエリで検索してみる

ライバルが扱っているトピックを、扱っていけないというわけでは、ありませんが、ライバルと似通って仕舞えば、Googleからは評価されないでしょう。

その意味では、他サイトが扱っていないトピックを含めることは、非常に重要です。

そのトピックが自社の専門性とマッチしていれば、簡単に他社が真似できない、オリジナリティのあるコンテンツとなります。

▼オリジナリティのあるコンテンツを作成する

常にアイデアを模索

Webサイトの運営方針
商品コンセプト
経営方針

11.コンテンツの情報は常に最新を保つ

ファイスブックなどで知り合いがシェアした記事が最新の状態だと信じ込み、後でそのページの情報が古くてがっかりしてしまうことがあります。

Google検索においては、クエリの種類によって情報の鮮度が評価される仕組みとなっています。

Googleはコンテンツの鮮度も評価する

最新の情報をしりたいという意図が強いクエリ「情報の新鮮さ」を加味してふさわしいページが、検索結果の上位に表示されます。

例えば、最新のニュースや開催中のイベント情報を調べるには場合などです。

このようなタイプのクエリを想定したコンテンツは、定期的に最新の情報を含め、更新していきましょう。

コンテンツを更新する際の注意点

既存のコンテンツを、最新の情報を含めて更新する場合は、「日付」「URL」に注意が必要です。

ブログ記事の場合は、日付を正しく管理しましょう。

大幅な内容の変更や新しい情報の追加を行なった場合には、記事の更新日も最新にしましょう。

ユーザーに対してもGoogleに対しても、いつの時期に更新された記事であるかを正しく伝えることができます。

また、 更新したコンテンツをわざわざ新しいURLで公開してしまうと、今まで蓄積されていた評価をすててしまうことになります。

既存のコンテンツ更新であれば、必ず今までのURLのままで更新しましょう。

頻度が重要視されるコンテンツを、最新の情報を含めずに放置しておくと、集客が減っていくことがあります。

このケースはGoogleは最新の情報を含めた競合コンテンツを優遇し、 放置しているコンテンツの情報は古いままのため、相対的に評価が入れ替わってしまったものと考えられます。

全てのクエリで、情報の鮮度が必要というわけではありません。

ナビゲーションクエリや、時間とともに変化しないタイプの情報に関しては、情報の鮮度はそれほど影響しません。

また、ページの中の複数のワードをランダムに変更したり、更新日だけを変えるような手法は通用しません。

ユーザーにとって役立つ施策を心がけ、鮮度が重要なコンテンツの場合は、定期的に情報を更新しましょう。

muzumuzu

今回は「まずはこれだけはやっておきたいSEOの常識」について詳しく説明してきました!

ユーザー目線に立ってコンテンツを作成していくことに注力していきましょう!

次回は、「webサイト構造を最適化するための施策」を説明していきます。

あわせて読みたい

検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください