新着エントリー

人の行く裏に道あり花の山

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をしている起業家です。 22歳の時に新卒で入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され、コネなし金無しで勢いで起業。 「俺は死ねない」と一念発起して、事業を1年半で軌道にのせることができました。 詳しいプロフィールはコチラから。

おはようございます!

菅谷です。本日の一言をお伝えします。

本日の一言

10,000人の人間が同じことに挑戦しているとしたら、
10,001人目になりたい理由はあるのか?
マーク・キューバン実業家/投資家

この言葉から思うこと

視野が狭く、

頭の固い人間に変化をもたらすことはできないし、

みんなの真似をして、

同じことをしていても成功するのは難しい。

変人と思われても、突き進むべし!

今日も楽しみます!

最近感じること

常に大衆の逆を行けば、結果的には人生において成功確率は高まるのでは?と本を読んで思いました。

有名な経営者は高校に行ってなかったり、大学を辞めたり、成人式にも行っていなかったりと、常に大衆の逆を行っている。

要するに、「当たり前のことを一度疑ってみる」この視点大切だと思います。

例えば、

  • なぜ何百万円も掛けて結婚式をあげるのか?
  • なぜ一軒家を購入することが一般的なのか?
  • なぜ日本人は海外に出ようと思わないのか?
  • なぜ苦手な人とわざわざ繋がろうと思うの?
  • なぜ人間は皆んなと一緒にいるのが好き?
  • なぜフォークは4本に分かれているのか?
  • なぜコスパの悪い飲み会に行きたがるのか?

こんな風に、常に当たり前になぜ?を追求すると、当たり前の裏には、誰かが作った当たり前があることがわかります。

当たり前に生きている時点で、大衆の中に埋もれちゃっているので、当たり前から離れることが成功の近道なのでは?と思っていたりします。

The following two tabs change content below.
スガツヨ
複数のWEBメディア運営をしている起業家です。 22歳の時に新卒で入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され、コネなし金無しで勢いで起業。 「俺は死ねない」と一念発起して、事業を1年半で軌道にのせることができました。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

スガツヨ

複数のWEBメディア運営をしている起業家です。 22歳の時に新卒で入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され、コネなし金無しで勢いで起業。 「俺は死ねない」と一念発起して、事業を1年半で軌道にのせることができました。 詳しいプロフィールはコチラから。