心配ごとの10割は起こらない!人生は全てメンタルで決まる

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。

心配ごとの10割は起こらない

人は将来起こり得そうな心配事を勝手にイメージしてしまう生き物。

ただ、将来起こりるかどうか分からない心配をしてしまうと、今やるべきことがおそろかになり、本当に心配を引き寄せてしまいます。

でも自分が実現したい目標だけ見て、それだけに向かって日々努力していれば、心配なんて考える暇もないし、実現したいことがどんどん引き寄せられると感じる。

それに心配したところで、何も変わることはないので、未来に向かってポジティブに行動し続けることが人生では大切だと感じています。

スガツヨ

ちなみに、「心配事の9割は起こらない」という著書があるのですが、

「残りの1割はどこいったの?」と僕は思ってしまう人なので、

「心配事の10割は起こらない」と考えて生きています。

自分が実現したい目標は明確に決める&映像化する

じゃあ、どうすれば心配事が消えるのでしょうか?

ここでは、神メンタルという本から学んだ、テクニック的な思考方法をご紹介します。

夢をめちゃくちゃ具体的に決める

例えば、Googleで行きたい場所探す時、東京都とか世田谷区って入れてもぼんやりしかルートが分からない…。

そうじゃなくて何丁目何番地とかまで具体的に入力する様に、夢もめちゃくちゃ具体的に決めることで実現までのルートが見えてくる。

それをさらに画像検索をしたり、動画を見て映像化することで脳が必要な情報を得やすくなる。

スガツヨ

これは心理学ではカラーバス効果と言われ、自分が意識しているものが見えるようになり、どんどんいいものが引き寄せてくる効果があります。

例えば、あなたがフェラーリを購入したいと思った途端に、「意外とフェラーリが街中走ってるじゃん!」と気づく。

つまり、夢をめちゃくちゃ具体的にイメージすることによって、いつもは見えなかった景色が見えるようになり、潜在意識に投影されるのです。

夢を日々の習慣に取り入れる

そしてさらにさらに、未来のイメージを画像印刷とかして毎日見るのもいいですが、ただ見るってだけだと忘れるので、既に習慣になってることに組み込むのが良い♪

例えば、毎日朝歯磨きするのが習慣になってれば、歯を磨くときは保存した未来の映像化フォルダを見るって組み合わせる。

スガツヨ

それ以外にも、

マンションのエレベーターに乗ってる間は画像見る時間にする。

待ち受け画面にして、いつも見れるようにする。

家の玄関や机の前に大きく自分の目標を紙に書いて飾っておく。

などなど、こんな風に、将来の自分のイメージを常に目に見えるようにすることで、将来の心配事なんてなくなり、ポジティブに考えられるようになります。

人生は全てメンタルで決まる

スガツヨ

日本代表サッカー選手、長友佑都さんの言葉から、人生を豊かにするヒントがある。

一流の人はメンタルの重要性を知っている

 

これは長友選手だけではなく、多くの成功者が「人生はメンタルが一番重要だ」と仰っています。

なので、「将来心配だ…」とちょっとでも思ってしまったら、将来の理想の自分を映像ができるまでイメージしてみてください。

そうすれば、心配事が一気に消え、「どうすれば、思い描いた未来を作れるのか?」と考え方がガラッと変わるはず。

時間は未来から過去へと流れている

スガツヨ

時間というのは、過去から未来へと流れているのではなく、

「未来から過去へと時間が流れている意識を持つこと」

が大切だと感じています。

なぜなら、「未来はこんな自分になってるから、今は〇〇をやらなきゃね」と逆算して考えられるようになり、やることが明確になるからです。

すると自然と未来を引き寄せられる!!

つまり、時間は一方向ではなく、色々な方向から流れており、チャンスは至る所に落ちているということ。

まるで、テネットのエントロピーですね。(映画見てない方は、ぜひ見て欲しいです〜😄)

スガツヨ

補足ですが、僕はアナザースカイやプロフェッショナル仕事の流儀が大好きでたまに見ています。

一流と呼ばれている人の生き様や考え方を知れるので、とってもいいコンテンツ!

今回紹介した長友選手の生き様をチェックしたい方は、下記にリンクを貼っておくので要チェック♪

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラです。