新着エントリー

営業が苦手だと思い込んでいる人こそ、営業を通して成長してほしい!

つよもん

今回は私が以前勤めていた人材IT会社の営業について詳しく説明していきます。

以前は私も営業が苦手だったのですが、ある日を境に営業が好きになり結果も上がってきました。

なので、「営業が苦手だと思い込んでいる人こそ、営業を通して成長してほしい」と思うったので、参考ななればと思います!

営業が苦手だと思い込んでいる人こそ、営業を通して成長してほしい!


会社に入ってこれから営業をやって行く人たちや、営業に苦手意識を持っている人たちに参考になればと思い書きました。

あなたたちは 営業にどのようなイメージを持っていますか?

  • ノルマがきつい
  • 契約取ってこなければ、叱られる
  • お客さんに冷たい態度を取られる
  • 上手く話すことができない
  • 上司に叱られる

このように辛いイメージがあると思います。私も以前学生の頃は、営業は辛いもんだとイメージしたんですが、会社に入って営業を経験しましたがやっぱり辛かった笑

しかし、営業の仕事は自分を成長させてくれるチャンスがあります。

そして今回は、以前求人広告の営業マンとして培った営業ノウハウを伝授します。また、営業の魅力について解説します。

1.営業に対するイメージ

営業はコミュニケーション能力が高くないとできないとイメージしている方がいるかもしれませんが、それは違います。

どんな商品が素敵でも、イメージアが悪かったり、言葉遣いが悪かったり、第一印象が悪い人からは誰も買いたくありませんよね。

「善人になれ!」とか言っているわけではなく、最低限の基本的なビジネスマナーを取得し、相手にとって魅力的な価値の提供できる人間になれということなんです。

むかしから言われていることがありますが、口が上手い人ほど営業が向いていると思われがちですが、むしろ反対だったりします。

口下手な私が営業が得意になった訳

私が入社した会社は、超がつく超営業会社でした。自分の目標を達成できなかった日には同僚も上司もぶっ飛ばされていました。

そこで私が学んだことがあります。私は口下手だったため、話すのが得意ではありませんでした。そこをうまく利用して、わざと口数を減らしてお客さんに会いに行きました。

しかし、その分お客さんの話をじっくり聞くようにしました。たくさん話を聞くことで、相手が何を望んでいるのかを聞き出し、徐々に成績を上げることができました。

2か月後にはトップ4までに上り詰めることができました。口下手の私が私らしくお客さんと接したところうまくいきましたので、

「営業の極意」は自分らしくお客さんに接するのが一番だと感じています。

2.失敗を積み重ねて何度もチャレンジ!

ここでは営業の話をしますが、何事も「失敗してはいけない」と思って生きている人が多いような気がします。

失敗することは「かっこ悪いこと」「失敗することは情けないこと」「失敗することは恥ずかしいこと」そんな風に思っている人は少なからずいると思います。

営業の世界は断れるのが当たり前の世界です。私の場合毎日150コールすることが必須条件でした。なので毎日コールしては断られ、の繰り返しで心も体も鍛えることができました。

営業マンはどんなの恥をかいても、馬鹿にされても最後に結果を残せばいい。

と思っています。

私は上司に言われてから「うまく話そう。失敗しないようにしよう。」ということを辞めました。

3.営業が向いていないと思い込む前に、アポイントが取れるテクニック!

営業の仕事が向いていないと思っている人は、まず最初に具体的な目標を立ててから行動ができているのか逆算して見直すことが大切になってきます。

大切なことは2つあります。

  1. 定性面と定量面
  2. コミット力(最後まで諦めない気持ち)

営業の仕事が期待になってしまう人は「2週間5件の契約を取ろう!」というような目標を立ててアポイントを取ろうと思っています。

私が人材IT企業で学んだオススメしたい目標の立て方は、自分がどれくらいの確率で初段につながるアポイントが獲得できているのかを検証することです

具体的にお伝えしますと。100コールかけて、5つアポイントが取れて、その5つのうち、制約に繋がったのは何件なのか?来月案件なのか?流れ案件なのか?詳しくみていくことが重要になります。

具体的な数字にして、 「1日〇〇件は断られる!」というようなマインドセットをすることで、必ず結果は出てくるようになります。

4.まとめ

いかがでしたか?営業のお仕事はたくさんの経験を積んでいくことで、自分の強みや弱みを理解した上で行動すると結果がついてきます。

また、上司のいいところや、 「売れている人を真似する」ことで、どんどん自分に肉付けしていき、オリジナルな営業マンになりましょう。

営業は断られてナンボのものです。断れて断れて花が開くと思います、なので皆さんも営業のお仕事をされている方がいれば、

①最後まで諦めない(コミット力)②定性面と定量面を理解して行動することの大切さを理解してこれからも楽しんで活動してください。

つよもん

今回は営業の記事について書かせて頂きました。

この記事を読んで、営業が苦手だと思い込んでいる人は思い込みが捨てれたでしょうか?

また、営業を通して成長したいという気持ちになりましたでしょうか?

皆様の今後のの活動を期待しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください