新着エントリー

フリーランスとして活躍するためのSEOの簡単テクニック!

つよもん

今回は、1部と2部に分けて「優れたコンテンツを目指すためのテクニック」について説明してきました。

まず、1部ではSEOのテクニックの基本的な部分を抑えて自分のものにしましょう。

また、フリーランスや起業家にとってSEOは死活問題なので学んでいきましょう!

優れたコンテンツを目指すためのテクニック


1.SEOで大切なコンテンツの「質」とは?

質の高いコンテンツは、ランキングだけでなく、その後のユーザー行動にも影響を与えます。

しかし、具体的にランキングに影響する箇所について、Googleが公表することはありません。ここでは、質の高いコンテンツ作成について考えて行きましょう。

1.トピックを意識してコンテンツの質を上げる

検索結果の表示順位を決める上でGoogleが重要視する要素としては、「検索結果のクエリの意図にマッチしたコンテンツ」

「質の高いコンテンツ」「自然獲得の被リンク」などがあることはすでに説明しました。

しかし、「質の高いコンテンツ」とは具体的にどのようなものを指すのかは曖昧であり、人によって理解にバラツキがあります。

ここでは、主にブログ記事を作成する際のポイントを解説します。

まずは、 「トピック」について理解しましょう。トピックとは、見出しとそれを説明する 文章、画像、動画、参照リンクなどを含む1つの塊のことです。

ブログ記事を書く場合、ページのコンテンツは複数のトピックで構成されることが多いでしょう。

コンテンツ作成においては、「検索ニーズがある」ということが大前提になります。

クエリの検索ニーズが一定以上あれば、そのクエリをテーマにユーザーの意図とマッチするコンテンツを作成します。

この際に重要になる要素が「質」です。「質」を上げるためには次のようなポイントを考慮します。

  • ライバルよりも広い範囲のトピック(情報の幅)
  • ライバルよりも専門的で詳しいトピック(情報の濃さ)
  • ライバルにはないオリジナルの情報を含むトピック(独自性)

2.ライバルよりも広い範囲のトピック(情報の幅)

情報の幅を広げるためには、1つの物事を説明する場合でも、そのクエリに関して幅広いトピックで解説する。ことを心がけましょう。

例えば野球のグローブを扱うECサイトの場合、ライバルのコンテンツでは商品の特徴や価格までしか記載されていなければ、

これらのトピックは当然含めた上で、購入者の評価やコメント、適切なシューズの選び方まで記載します。

ユーザーが気になるトピックは網羅した上で、差別化を図りましょう。

ただし、幅が広すぎるとテーマがぼやけてしまうこともあるため、ユーザー目線で必要なトピックについて考える必要があります。

3.ライバルよりも専門的で詳しいトピック(情報の濃さ)

トピックを幅広く網羅しても、それぞれのトピックの内容が薄ければ、単なる用語集のようなものになってしまいます。

書くトピックの内容は ライバルよりも詳しく、そしてユーザーにとってわかりやすくなるように心がけましょう。

4.ライバルにはない、オリジナルのトピックを含めて行きましょう。

具体的には、企業としての専門的な視点で、ライバルが簡単には真似できないトピックを含めます。

例えば、業界全体の事実を述べた上で、 自社製品やサービスの場合の例を示したり、独自の研究データを発表したりといった方法が考えられます。

▼上記の要素の他に、「正しい文法」「読みやすいレイアウト」を考慮することも重要です。

せっかくトピックを意識したコンテンツを作成しても、読みにくく途中でページを離脱されてしまっては意味がありません。

ユーザーのことを第1に考え、ライバルよりも優れた価値を提供できるように、コンテンツのアイデアを練って行きましょう。

あわせて読みたい

まずはこれだけはやっておきたいSEOの常識!

 

2.コンテンツの質と量を意識する

ブログでSEOを行う場合には、ある程度の量のコンテンツ(ページ数)は必要です。

しかし、実際には、量ばかりをもとめて肝心な質がおろそかになってしまうwebサイトも珍しくありません。

ここでは、質と量の考え方について詳しく説明します。

1.質より量。速報性が重要なニュースサイト

頻繁に情報が更新される分野のwebサイトでほ、それなりの量のコンテンツが必要です。

常に最新情報が求められるニュースサイトなどは、その代表格であると言えます。

Googleでは、ニュース検索機能が用意されているほか、クエリによっては「トップニュース」枠が表示され、関連するニュースが表示されます。

特定の分野のニュースや新着情報を求めるユーザーは 「新しい情報をすぐに知りたい」という意図でニュースサイトを訪問します。

そのため、ほとんど更新されていないようなサイトであれば次回から訪問することをやめてしまうでしょう。

もちろん記事の質は重要ですが、この場合は素早く掲載することの方が重要です。

ただし、ニュースサイトやこのような性質を持つ情報を扱う企業は限られています。一般の企業がブログを活用してSEOを行う場合には、量よりも質の方が重視されます。

2.検索エンジンユーザーは質を重視

検索エンジンとニュースサイトでは、ユーザーの利用目的が異なります。

最新のニュースをチェックする場合はニュースサイトが、何かを漠然と調べる際には検索エンジンが利用されます。

そのため検索エンジンからWebサイトを訪れるユーザーは、 専門的な用語などを含めて体系的にわかりやすく解説されたコンテンツを好みます。

例えば、そのテーマの全体像が理解できるような記事や、時間をかけて調査したオリジナルのコンテンツなどは、検索エンジンやユーザーからの評価を得られます。

さらにWebサイトやSNSで参照されたり、シェアされたりすることで、多くの人に見てもらうことができ、評価が広まっています。

一方で、昼食の写真や社員のお土産を紹介している日記のような、 企業専門性とは関係のないコンテンツを量産しても、評価は上がりません。

内容の薄いコンテンツを日々更新するよりも、時間をかけてユーザーの知りたい情報や専門性を活かしたコンテンツを作成する方が有意義です。

ただし、量を気にしなくてはいいというわけではなく、例えばブログのコンテンツが1ページしかないと、何についてのWebサイトなのか評価しづらいため、ある程度の量は必要です。

とくに企業ブログを立ち上げたばかりの頃は十分なコンテンツがないため、少しでも質の高いコンテンツを増やす努力をしましょう。

すでに内容の薄いコンテンツが大量にある場合は、過去のコンテンツを見直して、質を高めて行きましょう。

「コンテンツの質と量はどちらが重要か?」という問いについては、質の高いコンテンツを、地道に増やしていくのが正解です。

3.コンテンツの質と量

よく更新されているけどどうでもいい記事ばかりだな、、、

→評価に繋がらない

専門的でユーザーの知りたい情報が多い

→検索エンジンやユーザーからの評価が向上

1.商品ページやトップページの役割を知る

ユーザーがWebサイトを訪問する目的は、情報収集や商品購入、購入後のサポートなど様々です。

サイト運営者は、ユーザーの目的に合わせて適したコンテンツを準備する必要があります。

2.Webサイトの構造と役割

SEOに取り組むほとんどのサイトの運営者には、商品やサービスを「売りたい」という目的があるため、

トップページや商品ページを上位表示させたいと考えるかもしれません。しかし、トップページや商品ページはSEO向きではありません。

固有名詞ではなく一般的な検索クエリで、品揃え豊富なECサイトを加えて上位表示させるのは至難の技です。

大手ECサイトや、幅広く地域の情報をまとめたサービスと対抗するには、情報収集目的のクエリに対して、自社のブログなどを活用してSEOを行うという考え方もあります。

トップページや商品ページにほ、商品選定段階のユーザーにたいして利便性を考慮して、SEO目的というよりは、購入や導入を後押しする情報を揃えてスムーズに成果に繋げましょう。

3.トップページや商品・サービスページで考慮するポイント

トップページは、ブラウザーに直接URLを入力して訪問させる場合や、メニューの署名欄に書かれたURLをクリックして訪問させる場合などに、最初に表示されるページです。

検索エンジン経由の場合は、一般的には社名や店名で検索した際の入り口のページになります。

SNSや外部サイトのリンク経由でのアクセスや、 情報収集目的のクエリでの検索の場合には、ブログ記事が入り口となり、最初の接点になることもあります。

ブログ記事が最初の接点となるユーザーは、ブログの書き手(会社)に興味を持ち、社名や事業を調べるためにトップページにアクセスするかもしれません。

4.ブログからトップページの流入も期待できる

検索→ブログ記事→書き手への興味→トップページ

トップページは、サイト内にどのようなページがあるか、どんな商品やサービスを提供しているのか?

などの情報がすぐに見つかるように、 全体像を把握しやすいページ構成やナピゲーションを意識しましょう。

ユーザーに伝えたい情報や新着情報を掲載できる場所も必要です。

商品サービスページは、購入目的で商品名や型番を検索する場合や、トップページからのリンク経由、プロモーション目的で送ったメールのリンク経由などでアクセスされます。

購入を考えている人や商 品の選択段階のユーザーが集まるため、価格やスペックなど、ライバルとの比較に必要な情報を揃えておきましょう。

商品やサービスの導入事例やケーススタディー、レビューやキャンペーンなどの情報は、購入の後押しとなるでしょう。

豊富な商品を取り揃えるECサイトでは、わかりやすいカテゴリ名で分類することも大切です。

SEOを考慮する場合は、ユーザーが使用するクエリを調査したうえで、よく検索されるコンテンツを作成していきましょう。

あわせて読みたい

検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましょう!

4.ブログ活用に適したケースを知る

ブログと言っても、その日起きたことを数行の感想にして公開しても、ユーザーや検索エンジンからは評価されません。

自社の専門分野に関するテーマで、ユーザーの疑問や悩みを解決する場所として、ブログを活用しましょう。

1.インフォメーショナルクエリに応えるブログ運営を

情報収集目的で検索しているのに、検索結果に商品ページばかり表示されるようであれば、使いやすい検索エンジンとは言えません。

そうならないように、Googleはユーザーの意図を理解して、必須な情報を検索結果に表示させます。

これは、購入意図が強いトランザクショナルクエリをねらってSEOを行う場合でも同様です。

トランザクショナルクエリとは、Web検索に用いられるクエリ(検索クエリ)のうち、資料請求、購入、問い合わせといった、行動が明確に想定されているクエリを指す用語である。

トランザクショナルクエリとは – IT用語辞典 Weblio辞書

特定のブランド商品を購入する目的であれば、その商品名を検索して、詳細が分かるページを探します。(購入者のレビューがあれば見たいと思うでしょう)

2.商品選定段階の検索クエリに対するSEO

パソコンのセキュリティーソフトにはどんな商品があるのか調べてみよう。

トランザクショナルクエリ

  • パソコン セキュリティソフト
  • セキュリティソフト 評判
  • セキュリティソフト 比較

SEO

  • 特定のカテゴリ商品群の価格を比較できるブログ
  • 特定カテゴリの製品群の評判を確認できるブログ

まだ商品名すら知らない選定段階であれば「〇〇評判」「〇〇価格」などのようなクエリで、複数の商品のスペックや価格、評判を比較して選ぶことが多くなります。

そのため、特定の分野で偏りがなく多数の商品を取り扱うECサイトや比較サイトなどが、評価される傾向になります。

このようなトランザクショナルクエリでは、 SEOに向いているWebサイトと、 SEOが難しいWebサイトに分かれます。

例えば、多数の商品を実際に使ってレビューを行うアフィリエイトサイトなどでは、ユーザーが求める情報を提供しやすいでしょう。

一方で、少ない点数の 自社商品のみしか扱えないメーカーサイトの商品ページでは、トランザクショナルクエリにこたえるコンテンツを作成することは難しいでしょう。

SEOのために、無理に競合商品の比較することはビジネスモラルの面で難しいでしょうし、せっかくの商品ページに訪れたユーザーに対して、わざわざ競合を宣伝することになってしまいます。

このような場合では、SEOよりもむしろ即効性のあるリスティング広告の方がオススメです。

もともと、検索エンジンは購入目的での検索に比べて情報収集の利用が多い為、情報収集目的のクエリにマッチするコンテンツを正しく作成することで、より多くのユーザーとの接点を持つことができます。

「〇〇の方法」「〇〇のやり方」「〇〇とは?」といった情報収集目的のクエリに対しては、答えや知識、詳しい解説を提供するコンテンツを作成することで、ターゲット層との接点を増やすことができる

▼情報収集目的の検索クエリに対するSEO

画像の圧縮について調べよう!

インフォメーショナルクエリ

  • 画像 圧縮 方法
  • 画像 圧縮 やり方
  • 画像 圧縮とは?

SEO

  • 目的を達成する方法を解説したブログ
  • 言葉の概念や意味を解説したブログ

5.ブログを活用して価値ある情報を提供する

最近では企業のWebサイトでも、ユーザーが以てめる手段としてブログを活用するケースが増えてきています。

企業の専門性を活かして価値ある情報を提供できれば、ブログを活用したSEOはプロモーション手段の一つとなるでしょう。

1.ブログの設置場所

WordPressなどのCMSと呼ばれるシステムを利用すると、簡単にWebページを作成・管理することができます。最近では、手軽にWordPressをインストールできるレンタルサーバーなどもあります。

一方で、細かなデザインや機能面のカスタマイズを行うには、サーバーやPHPなどの知識が必要となり、自社に専門のスタッフがいない場合は、 Web制作会社に依頼する必要があります。

今あるWebサイトはそのままの状態で、新たにブログを導入する場合には新規ドメインはもちろん、サブディレクトリ、またはサブドメイン上にブログを公開することができます。

2.サブディレクトリでブログを運営する

トップページを「example.com」とした場合に「blog」のようにサブディレクトリで区切り方法です。

ユーザー視点で見た時に、ブログが企業サイトの一部だと認識しやすく、わかりやすい構成だといえるでしょう。

▼サブディレクトリにブログを置いた構成例

トップページ
↓ ↓
商品一覧 ブログ
商品A カテゴリA
商品B カテゴリB

3.サブドメインでブログを運営する

Webサイトのトップページとは別に、ブログのトップページを「blog.example」のようにサブドメイン上で運営する方法です。

ユーザーから見れば企業サイトの一部だということはわかりますが、別事業だと認識されるかもしれません。

Googleからは、どちらも同じドメインのページとして認識されます。

6.使用される単語数による検索クエリは、単語の数が多いほど明確になります。

一般的に検索ボリュームの多い1単語のクエリを 「ビッグワード」と呼び、複数の単語の組み合わせのことを 「ミドルワード」「複合ワード」などと呼びます。

1.ビッグワードの特徴

検索ボリュームの多い検索クエリを 「ビッグワード」と呼びます。

明確な定義はありませんが、 「SEO」「花」「水」といった単語のクエリをビッグワードと呼ばれます。

Google Adwordsの「キーワードプランナー」で月間検索ボリュームを調べてみると、規模の大きなクエリであることがわかります。

ビッグワードには以下のような特徴があります。

①ユーザーの検索意図が特定しにくいという点です。

検索意図を判断しづらいため、マッチするコンテンツを作ることも困難です。

例えば、「花」というクエリの場合は 図鑑のようなサイトを探しているのか、 通販サイトを探しているのかわかりません。

②検索結果が様々な検索意図を想定したものになる、そしてそれに対応出来る。

多様性を網羅したコンテンツが優遇される傾向にあります。

③ライバルの多さ。

ビッグワードでは知識や経験が豊富なライバルが多く、1ページ目に表示されなければ集客ができないので、 ライバルと10位までの位置を争う形になります。

2.複合キーワードの特徴

「内部 SEO」や「水 1日 摂取量」など、2〜3単語の組み合わせによるクエリを 「複合キーワード」 「ミドルワード」などと呼びます。

また、ビッグワードを軸にした複合キーワードのことを 「テールワード」と呼ぶことがあります。

複合キーワードには次のような特徴があります。

①検索意図が絞り込まれていて明確。

単語の数が多いほでユーザーの意図が明確になり、コンテンツも作成しやすくなる。

②ユーザーの意図にマッチした、ライバルよりも優れたコンテンツが評価される。

ユーザーの意図にマッチしたコンテンツを作成し、満足してもらえる情報を提供しましょう。

③検索ボリュームが少なくライバルも少ない。

複合キーワードではもちろん、ビッグワードよりも検索の規模が小さくなります。しかしその分、ライバルも少ないというメリットがあります。

初めて SEOに取り組むのであれば、ライバルの少ない複合キーワードを狙い、ニッチな部分で自社の専門性を生かせるコンテンツを作成することをオススメします。

まずは、複合キーワードで着実に集客を向上させ、少しづつトピックの幅を広げてコンテンツを増やしていくと良いでしょう。

ビッグワードは、コンテンツが十分に増え、検索エンジンの評価が高まってからでも遅くはありません。

あわせて読みたい

検索エンジンの仕組みについて一緒に理解していきましょう!

7.ロングテールSEOでアクセスUPを目指す

「検索ボリュームは小さいが、ライバルの少ないニッチなキーワード」を狙うことを、 「ロングテールSEO」と言います。

特にSEOを始めたばかりの頃はオススメの手法で、着実に成果を積み重ねていくことができます。

1.ロングテールSEOとは?

1商品あたりの売り上げが小さくても、それらを合計した売り上げはメイン商品よりも上回るという傾向があります。

これを 「ロングテール理論」と言います。個々のキーワードの集客は小さくても、テールの部分を積み重ねるとお大きな規模になります。

ロングテールのSEOでは、1ページあたりの1つのキーワードにトピックを絞ってコンテンツを作成します。

2.ロングテールSEOの注意点

ロングテールSEOではニッチなキーワードを扱うために検索される機会は多くありません。

しかしその分、直接のキーワードを狙うライバルが少なく、「塵も積もれば山となる」ように、地道に集客に結びついていくことができます。

1ページあたりの集客が少ないために、ある程度のページ数が必要とされます。そのため手間を嫌って質の低いコンテンツを量産したり、コンテンツの中身はほぼ同じで特定の箇所だけを変えて複製するスパムテクニックもしばしば見られます。

Googleはこのようなスパムを発見することが得意で評価されることはありません。

3.ロングテールSEOのデメリット

  • コンテンツが多くなるとメンテナンスに時間がかかる
  • 似たようなトピックのコンテンツが増えると評価が分散する
  • ビッグワードやミドルワードでは上位表示されにくい
  • 長期的には扱うトピックのネタ切れが発生する
  • 長期的には過去のコンテンツが埋もれていく

徐々にビッグワードを視野に入れていく

盆栽 初心者 コツ
盆栽 育て方
盆栽 手入れ 面倒

盆栽 ミニ
盆栽 種類

盆栽

8.ビッグワードを意識したコンテンツを作成する

ビッグワードは検索クエリの単語数が少なく曖昧なため、検索意図を一つに絞ることができず、どのようなコンテンツを作成すべきか悩むかもしれません。

ここでは、ビッグワード向けのコンテンツ作成のヒントとなる考え方を紹介します。

1.検索結果の多様性

ビッグワードでは、ユーザーの意図を一つに絞ることができません。例えば、「花の図鑑を見たい人」もいれば、「花を購入したい人」もいます。

Googleではこのような場合には、多様性のある検索結果を表示します。

例えば、「SEO」という単語で検索した場合には、上位のページにはSEOの業者のページは上位に表示されません。

細かく解説してあるページや、用語解説ページなどが表示されます。

このようなクエリの場合は、Googleの多様性を網羅したコンテンツを優遇する傾向にあります。

9.検索意図にマッチするコンテンツを作成する

「SEO」のようなクエリの場合には、情報を体系的に解説したコンテンツが優遇される傾向にあります。例えば、「カナダ留学」というクエリを例に、コンテンツの作り方を比較してみましょう。

「カナダ留学」というクエリで検索される関連のクエリは以下になります。

「カナダ留学 大学」「カナダ留学 安産」「カナダ留学 費用」「カナダ留学 アパート」「カナダ留学 ビザ」「カナダ留学 アルバイト」「カナダ留学 持ち物」

ビッグワードを意識したコンテンツを作る場合には、「カナダ留学」と関連している複合キーワードを調べ、できるだけ多くの検索意図に対応出来るコンテンツを作るべきです。

1.ターゲットを明確にしてブログのテーマを決める

ブログで扱うテーマを広げすぎると、専門性がぼやけてしまい、検索エンジンにとっても文脈の理解に時間がかかるかもしれません。

ブログを運営する際には、 最初はあまりテーマを広げすぎずにニッチなテーマから始めることをオススメします。

2.ターゲットの明確化

SEO的にコンテンツを作成する場合に「Googleがどのように判断するのか」ばかり考えてしまいがちです。

検索ボリュームの多いクエリでも、そもそもターゲットではない層が検索している場合もあります。

ターゲットを意識せずに作成したコンテンツは、成果に結びつきません。ターゲットを明確にし、読み手を意識した親切なコンテンツを作成しましょう。

3.商品やサービスを導入してほしい顧客増を明確化

個人向けの商品であれば、年齢や性別、企業向けであれば部門や役職など、他にも様々な属性が考えられます。

4.既存顧客のデータを参考にする

可能であれば、既存顧客やアプロートしたい層へのヒアリングを行い、購買前の情報収集段階で、抱えている悩みや商品選定基準などを洗い出します。

ターゲットが使用しそうなクエリや検索に至った背景を推測し、読み手を意識したコンテンツをs買うせいすることができます。

集客だけが成果ではありません。 「読者が満足するコンテンツかどうか」や「読者がコンテンツを見た後にどのような行動をとるか」までを想定してブログやサイトを運営しましょう。

5.軸となるキーワードからブログのテーマを決める

ここでは、「野球のグローブ」をキーワドの軸として考えましょう。

軸となるキーワードは「野球のグローブ」となり、最初のうちは「野球のグローブ」に絞ったテーマで、コンテンツを作成していくと良いでしょう。

いきなり「野球のグローブのメーカー」や「野球の戦術」などといったテーマまで幅を広げようとすると、それぞれのコンテンツが薄くなり、専門性がぼやけてしまいます。

最初から広範囲のテーマを扱うのではなく、専門性を活かしたニッチなテーマから始めていくようにしましょう。

6.テーマ内のコンテンツを充実させる

ニッチなテーマで質の高いコンテンツが増え、その分野の専門家として知られるようになってきたら徐々にテーマを広げていきましょう。

一点注意点があります。「野球のグローブ」に関する新しい技術の発表があった際には、 コンテンツの情報を新鮮に保たなければ、検索エンジンから「古い情報が掲載されているページ」として判断されます。

自身で管理できる範囲のテーマにとどめ、作成したコンテンツの鮮度を保つようにしましょう。

あわせて読みたい

まずはこれだけはやっておきたいSEOの常識!

10.ユーザーが実際に使用しているクエリを調査する

誰も検索しないようなクエリを意識してコンテンツを作成しても、検索される機会は増えません。

検索クエリをもとにコンテンツを作成する場合には、実際に検索されるクエリのパターンを事前に調べておきましょう。

1.Googleでサジェストされるクエリを調べる

Google検索には、検索キーワードを途中まで入力したら自動的に候補のキーワードを表示してくれる 「オートコンプリート」という機能があります。

例えば、「フットサルシューズ」の後に「あ」を入力すると、あ行のキーワードの検索結果に関連する候補が表示されます。

この検索候補は、 「入力中の関連するキーワードや、他のユーザーが検索しているキーワードや、検索キーワードとして使用できるもの」が提示されます。

つまり、オートコンプリート機能で表示されるのは、少なくても検索されたことのあるクエリであることがわかります。

ただし、検索候補を調べるために実際に「あ」〜「ん」まで入力していては手間がかかります。

そこで、これらの「あ」〜「ん」、「a」〜「z」、「0」〜「9」までの検索候補の一覧を抽出してくれる「関連キーワード取得ツール」を利用し、

キーワードリストを抽出します。このようなツールは他にもあり、「サジェスト ツール」や、「関連キーワード ツール」や、「関連キーワードツール」を検索すると類似のツールを見つけることができます

2.サジェストキーワードからクエリの傾向を読み取る

軸となるワード(ビッグワード)「野球のグローブ」

ターゲットを絞りにくいという特徴があります。商品の購入より、情報収集目的のユーザーが多く、上位表示を狙うライバルも多い難易度の高いキーワードだと言えます。

メーカー名とセットのキーワード「野球のグローブ ミズノ」

具体的なメーカー名で商品を探す際に使用される。どちらかといえばトランザクショナルの傾向が強いクエリです。

地域名とセットのワード「野球のグローブ 大阪」「野球のグローブ 店舗」

指定した地域、また検索している地域で野球のグローブを扱う店舗を探す際に使用されるクエリです。トランザクショナルクエリの傾向が強く、地域色の強いクエリです。

店舗名とセットのキーワード「野球のグローブ 楽天」

その店舗で野球のグローブを探す際に使用されるクエリです。ナビゲーショナル、トランザクショナル両方の傾向に強いクエリです。

色とセットのワード「野球のグローブ 赤」

特定の色の野球のグローブを探す際に使用するクエリです。トランザクショナルの傾向が強いです。

情報収集のワード「野球のグローブ 寿命」「野球のグローブ 違い」

そのワードについての情報を調べるためのクエリで、インフォメーショナルクエリです。

他にも、性別やサイズ、価格などとセットで間作されることが多いようです。サジェストキーワードを調べることによって、そのクエリが 「どのようなパターンで使用されているのか」「何を調べようとしているのか」といった傾向を把握できます。

つよもん

今回は、1部の「優れたコンテンツを目指すためのテクニック」について説明してきました。

サイトやブログを運営する際にはSEO的にロジカルに判断し、戦略を練って記事を選定して書いてください。

次回は2部の「優れたコンテンツを目指すためのテクニック」について詳しく説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください