新着エントリー

会社員に戻るのが怖くなったので、インターネットで起業してみた!

大学時代から「ネットで仕事ができるんだから、世界を飛び回りながら自由に生きていきたいな」なんてぼんやり思っていました。

私はサラリーマンとして働き続けると、目の前の仕事をこなすので精一杯でした。場所にとらわれずに自由に働くスタイルと全く逆の生活を送っていました。

要するに、インターネットで収益を上げるなんて夢かもしれない、、、と半ば諦めようとした時に自分が想像していた生き方や働き方を実現させている人がこの世の中にもいるのに自分でもできると思い今現在もチャレンジしています。

結果を出している人は必ず原因がある

私がアフィリエイトで徐々に収益を上げられるようになると、インターネットで稼いでいる人を仮想ライバルとしてみるようになりました。

そこで感じたのが、「結果を出している人は必ず原因」があることに気づきました。インターネットで稼いでいる人を知れば知るほど、成果を出し続けている人には尊敬の念を覚えます。

アフィリエイターの坂口さんという方がいらっしゃるんですが、起業して8ヶ月ははあいりん地区でひたすらサイトを作っていました。

しかも異状な作業量で活動しています。「もう浮浪者気分で街を歩くのはまっぴらなんだぜ」という記事を見て圧倒的努力をしているんだなと感じました。

「もう浮浪者気分で街を歩くのはまっぴらなんだぜ」

もう浮浪者気分で街を歩くのはまっぴらなんだぜ

こレまで作成してきたサイトの数が尋常ではありません。4000サイトを量産しているので、1サイトのコンテンツは薄いと思います。ですが4000記事を量産しているのはすごいと思いました。

私も頑張ろうと思います。

インターネットビジネスのイメージが少しづつ変わる

インターネットビジネスで稼ぐための塾は多く存在します。ですが、明らかに怪しすぎます。私も最初坂口さんのブログである「パワートラベラー」ってなんか怪しくない?と思いました。

ですが、坂口さんが起業日誌で残している記事を読むと、どう考えても嘘ではなかったと感じました。

坂口さんは圧倒的な努力をしているんだな、、、、と、、、「生と死を考える。」という記事を見て納得しました。

「生と死を考える。」

生と死を考える。

私が会社を辞めた時に貯金を切り崩しながら生活をしていたことがよみがえります。自分を追い込むと「死」が見えますよ!本当に!

インターネットで誠実なビジネスをしている人もいるんだなと、改めて知った瞬間でした。

私が「夢」だと思ったことは意外と普通だった

私が会社員だった頃は、高城剛さんのような「ハイパーノマド」の様な、場所にとらわれず、旅をしながら生きて行くことは「普通の一般の人はできない憧れの生き方」だと感じていました。

しかし今の私にとっては普通のことです。

朝起きる→仕事する→昼食→仕事する→寝る

という当たり前なことを、海外で、個人でやっているにすぎません。似た者同士(類は友を呼ぶ)と言いますが、周りを見渡してみると、自由に世界を飛び回っている人ばかりでした。

会社員として働いていると、会社員でいることが普通だと感じてしまうんです。ですが、こっちの世界はこっちの「普通」があります。

「普通」であるということは、悪い意味ではありません。これまで、必死にやっていたことが当たり前にできるようになってきたということです。

自分で道を切りひらなければいけない

インターネットで稼いで生活するためには、圧倒的な努力に加えて自分よりも先に走っている方のサポートが必要でした。

私は坂口さんの下記のWEB資産構築マニュアルを参考にさせていただいておりました。今のビジョンの基盤となっています。

僕が5年以上、仕事をしながら旅をしている方法をまとめました【WEB資産構築マニュアル】

しかし、徐々に上にあがっていくにつれて誰かに教えてもらえるだけには限界が出てきます。基本をもとに自分しか出せないアウトプットを出していくのが大切です。

自分の中の「パワートラベラー」をいかに見つけるか!?

インターネットで稼ぐ人はたくさんいます。世界で自由に仕事をする人もたくさんいます。

だけど、「この仕事は君しかできないね!」と言われるようになれば、それが本当に「好きなことをして生きて行く」ことなのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください