テレビを見なくなり5年が経ち、感じることや変化についてお伝え

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。
スガツヨ

こんにちは!

ノマドライフのスガツヨです。

僕はテレビを見ることをやめ5年が経ちました。

ただ、映画は好きなので見ています。

10代の頃はテレビが好きで、毎日のように見ていましたが、大学時代に教授から「テレビを見ると馬鹿になるから絶対に見るな」と言われ、テレビを捨てた経験があります。

なので、今回は僕が「テレビをやめた結果どうなったのか?」そして、「どうしてテレビは見てはいけないのか?」その理由についてお伝えします。

どうしてテレビは見ていけないのか?

スガツヨ

まずはテレビを見てはいけない理由について詳しくお伝えします。

人間の頭には「β波」と「α波」という電流が流れています。

β波は能動的なので、自分の頭で考えて行動することができ、「考える力」を養うことが可能です。

α波は受動的。これはリラックス状態なので、全ての情報をすんなりと受け入れてしまいます。

ここで何がいいたのか?というと、

テレビを見ているときはα波が流れるため、頭を使っておらず、思考力がなくなってしまうということです。

すると、テレビの影響によって、様々な物事に自分で考えることができず、全て他者に思考を依存させてしまいます。

これだと自分の人生も自分で決められず、他者にアドバイスや決断を委ねることが増えるので、本当に要注意です。

自分の人生は自分で決めてこそ人生。

そして、 結果など誰にもわからない。一つの決断は次の決断のための材料にして初めて意味を持ちます。

なぜ僕がテレビを辞めたのか?

テレビは広告だから

僕がテレビを見ていてた時期は、

スガツヨ
  • 「あの女優さんが綺麗だな〜」
  • 「あのドラマを見なきゃ」
  • 「最近のニュース情報を調べなきゃ」
  • 「最近流行ってるものって何かな?」

と、テレビを見て情報をインプットしたり、娯楽として楽しんでいました。

そして、「テレビが言っていることは全て正しい」と思っている自分がいました。

ただ、大学の講義で「テレビというのは広告の一つであって、僕らはそれらを見せられているだけに過ぎない」と言われました。

というのも、テレビ番組にはスポンサーが付いており、そのお金を出してもらって番組を作ってるため番組自体が広告のようなもの。

例えば、「日本好き外国人に聞いた好きな食べ物トップ100」みたいな、番組を見たことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

このような番組を見て不思議に思ったことはありませんか?

というのも、僕が見ていた時は、なぜかNo.1の食べ物がカレーのココイチだったことには驚きましたからね。

こんな風に、テレビは一種の広告であり、それに踊らせれていることを自分が理解し、テレビが受け付けなくなった経緯があります。

芸能人を応援する暇があるなら自分を応援しろ

スガツヨ

大学教授がこのように言ってたことを覚えています。

なぜなら、芸能人はただの広告のマスコットであり、僕らの人生に何の関係もありません。

それに、その憧れの存在とデートができたり結婚できる訳でもありません。

なので、芸能人ではなく自分を応援し、「人生をより豊かにするために努力する」時間に掛けた方が絶対にいいと思いテレビを辞めました。

テレビを辞めた結果どうなったのか?

スガツヨ

僕がテレビを辞めて感じたのは、「自分の時間を有意義に使えるようになった!」ということです。

例えば、新しいスキルを付けるための時間にしたり、本を読んで知識や教養を付けたり、尊敬する人とリアルで会ってみたり。

人生をより豊かにするための学びの時間になっています。

結果的に、自分のビジネスを持てるようになったり、(トレード)投資の勉強をしてお金を働かせられるようになりました。

こんな風に、テレビを辞めることで、圧倒的に新しいことにチャレンジする機会が増えています。

apple創業者のスティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式でこんなことを言っていました。

人生の時間は限られている。

他人の人生を生きることで、

時間を無駄にしてはいけない。

なので、テレビで芸能人やお笑い芸人を見て現実逃避をするのではなく、自分の人生をより豊かにするための時間にするべきだと思います。

もし、あなたが「テレビを見て時間を無駄にしてたかも…」と思う方がいるのなら、今日から少しずつでもいいのでテレビから距離を置き、自分を応援してあげてください。

そうすれば恋人、結婚相手など、守りたいものも守れるようになりますし、テレビに踊らされることもなくなります。

普段の生活から意識してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
複数のWEBメディア運営をする起業家。 22歳の時に新卒入社した会社でパワハラ(人格否定・暴力)され勢いで起業。「俺は死ねない」と一念発起し事業を軌道にのせました。「いつでもどこでも、自由に生きる力を付けて欲しい」とブログで情報発信をしています。 詳しいプロフィールはコチラから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください