新着エントリー

8歳児の男の子がYouTubeで車の運転を学ぶ!言い訳して何もできない奴これを見ろ!

つよもん

先日このネットニュースを見て驚きました、、、、

8歳児の男の子がYouTubeで車の運転を学ぶ!

米オハイオ(Ohio)州イースト・パレスティーン(East Palestine)で8歳の男の子が父親の車を運転して自宅から2キロ以上離れたファストフード大手のマクドナルド(McDonald’s)店舗まで行くという出来事があった。どうしてもチーズバーガーが食べたかったのだという。
地元紙ウィアトン・デイリー・タイムズ(Weirton Daily Times)によると、男の子は動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)で動画を見て運転の方法を覚えた。そして9日夜、両親が寝ている間に冒険に出発した。
男の子は助手席に4歳の妹を乗せ、マクドナルドまで約2.4キロの道のりをドライブ。途中の赤信号ではきちんと停車し、左折して入店する際も対向車を確認して優先させていた。男の子がドライブスルー窓口の前で車を止めたとき、マクドナルドの従業員はてっきりいたずらで両親が後部座席に隠れているのだと思ったという。

出典:チーズバーガーが食べたい! 8歳児、父の車運転しマクドナルドへ

8歳の男の子が、どうしてもマクドナルドのハンバーガーを食べたくてYouTubeで車の運転を覚えて、ルールを守りながら、無事マクドナルドに到着したという話です。

はじめに言っときますが、これは社会の法律的には誤った例ですが、私がこのニュースを見て感じたことがあったので5つほど紹介します。

  1. 物を覚えることに年齢何て問題じゃない
  2. インターネットにより学習する機会が増えている
  3. 子供のストレートな欲求は、学ぶスピードを速くさせる
  4. 人間は可能性は無限大
  5. 言い訳ばかり言っている人にこの記事を見せたい

ここで言いたいのは、インターネットのおかげで学ぶ機会が増えました。なので、固定概念を捨ててインターネットをうまく利用して自分のものにしたもの勝ちだと思います。

現代社会で重要なのは上記の❷と❸です。

言い訳ばかり言って何も始めない人がこの世の中の全て

「いつか起業して自分の好きなことをやりたい!」

「いつか今の生活を捨てて海外で住みたい!」

「いつかカフェをオープンしてみたい!」

など「いつか〇〇したい!」という方が多いとおもいます。だけど、「現状の生活に満足して、そこから離れるのが怖かったり」「人にどう思われるか恥ずかしい」

「でも。。。。」「やり方がわからない。。。」「申し少し待ってみる、、、」

などといった「感情」が出てきて、言い訳ばかりで行動していない人が多い傾向にあると思います。

これだけインターネットが発達している時代に独学では学べないことがないと思っています。YouTubeやブログで探せば、いろいろな情報で溢れている。

もちろんその情報が正しいのか?正しくないのか?の選別はしなければなりませんが、現代では、己個人で判断して取捨選択して行動していかなければいけない時代なのです。

8歳の子供にもできた!負けられない!何か始めてみよう!

8歳の子供がインターネットで車の運転の仕方を学び、結果、マクドナルドまでたどり着いたことは、現代社会の象徴とも言えるニュースでした。

自分の興味があることに対して勉強できて、実践できる時代です。これからは言い訳を言ってくる大人が来たら、このニュース記事を見せて黙らしましょう!

「だって」「無理だ!」「それは間違ってる!」などと言う大人をこの時代から排除していきましょう!また、近くにそういう大人がいれば、その人たちは長年洗脳されてきた人たちなので、

私たちが意見を言っても無駄でしょう、、、、

できることなら距離を置いて、自分のマインドセットをしていくべきだと思います!

私つよもんが始めたこと!

私がこの記事を見て始めたことがあるので紹介します。

  1. プログラミング
  2. デザイン
  3. ハンドメイドブランドを作ること
  4. YouTubeで動画をアップすること
  5. クラウドファンディングに挑戦すること

です。今後ともmuzumuzuと言う私たちのメディアと、私つよもんをよろしくお願い致します。

つよもん

上記の「これから始めること」は、今後私が始めた際にアップしていきますのでよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください