新着エントリー

食欲の秋・芸術の秋・読書の秋

私は、一年間四季折々あると思いますが、一番好きな季節は「秋」です。その理由としては、秋は食べ物が美味しい夏と違って心が落ち着く雰囲気がある。夏だとパーリーピーポーの人たちがわんしゃかはしゃぎますが、私はそういうタイプではないのでついていけません。お酒も弱い方です。ホント大変ですよ、、、でも秋は私たちの季節です笑。秋の魅力を「美術の秋、芸術の秋」をメインに紹介します。

芸術の秋といえば美術館

私が一番お勧めするのが、建築家の安藤忠雄さんの美術館です。何故ならば、戦後の英雄と言っても過言ではない人で、今現在東京オリンピックの国立競技場の建設や原宿の表参道ヒルズや光の境界など、様々な賞に輝いている人物です。その方が作る作品はどれも、鳥肌が立つものばかりでいつも驚かされています。

また、2017年9月27日から12月28日まで新国立美術館開館10周年記念ということで、安藤忠雄展を開催するそうです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

展示会概要

元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄(1941年-)は、1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出してきました。

1990年代以降はその活躍の舞台を世界に広げ、アジア・ヨーロッパ・アメリカなど各国で、意欲的な作品を実現させています。その一方でさらに、建築という枠組みを超えた環境再生や震災復興といった社会活動にも、果敢な取り組みを見せています。

本展では、この稀代の建築家が、いかに生きて、いかに創り、今またどこに向かおうとしているのか―その壮大な挑戦の軌跡と未来への展望を「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」という6つのセクションに分けて紹介します。

模型やスケッチ、ドローイングなど、総計200点余りの設計資料が展示される空間デザインは、安藤忠雄自身の手によるものです。会場を訪れる人は、その空間を巡る中で建築家が歩んできた道程を追体験し、建築という文化の豊かさと、その無限の可能性を再確認することでしょう。

読書の秋といえば森の図書室

やはり読書の秋と言いますが、秋って寒くもなく、ましてや暑くもなく過ごしやすい毎日ですね。ここで私がお勧めするのは、森の図書室という、ランチやドリンクやディナーを食べながら好きな本を読んでその空間を楽しむ世界になっています。

通常の図書館は街中から離れた場所にあり、閉業時間も早く、なかなか大人になると行きづらくなります。しかし森の図書館一号店は渋谷駅から徒歩7分と都会のど真ん中にあります。しかも営業時間は24時まで。

さらにはお酒を飲むこともでき、本を読みお酒を飲みながら感想を他の人と言い合うこともできます。そんな本好きにとってはたまらない場所が森の図書館なのです。

森の図書館には誰かのお気に入りの本が並ぶ『誰かの一番に出会える本棚』があります。この本棚にある本は全て誰かの思いが詰まったとっておきの一冊ばかりです。

クラウドファンディングで応援するとその本棚にあなたの一冊を置くこともできます。あなたのお気に入りの一冊が訪れるお客さんの目に止まるなんてなんだかワクワクしますね!

食欲の秋といえばサンマでしょ

今では一年中食べられますが、やっぱり秋刀魚(サンマ)といえば秋!名前に「秋」が含まれている通り、秋刀魚は秋の味覚としてだけでなく、美容効果な点にも注目したい食材なのです。

豊富に含まれるビタミンの中でも、特に貧血によ効くとされるビタミンB12は、他の魚の3倍以上ともいわれ、その他にも、脳の老化を予防する作用があるといわれるDHA、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす作用があるといわれるEPAも豊富。

さらには鉄分や、新しい細胞の形成を促すレチノールなど、アンチエイジングや美肌に欠かせない成分もたくさん含まれているのです。

秋のまとめ

紅葉の秋や味覚の秋に、スポーツの秋など、様々な言われかたをする秋ですが、要するにとても過ごしやすく魅力的な季節である反面、何もしなければそれなりの生活しか送れない季節でもあるのです。

レジャーであっても味覚であっても、スポーツであっても、要するに何か行動を起こして初めて成り立つ秋の魅力です。秋は積極的に様々な活動をするとより良いという事なのです。

もし行動を起こすのがあまり得意ではなかったり、体力的な面から考えて億劫なのであれば、スポーツでなくともいいですから読書の秋や味覚の秋などを楽しむといいですし、レジャーというより健康的な観点でいうと、紅葉の秋もその立派な要素です。

草木の紅葉が楽しめる場所に足を運ぶだけでも立派に秋の魅力を楽しめますから、まずは歩くだけでもいいですし、何か普段しない事を家の中でするだけでもいいので、行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください