新着エントリー

【20代の生き方で人生の9割が決まる?】自己正当化が危険な理由!

こんにちは!
「muzumuzu」の菅谷豪志(すがやつよし)です。

今回は「20代の生き方で人生の9割が決まる?」自己正当化が危険な理由と、20代で本当に大切なことに気づいて欲しい!ということについて簡単にお伝えします。

自己正当化が危険な理由!

20代の人達に向けてのメッセージです。例えば、過去の自分の失敗を”それはそれでよかった”と言う風に言ってしまうと、どうしても反省にならないで、そこで話が終わってしまいます。

例えば、20代は20代でこういう風にして、沢山遊んで、沢山お金を使って、それはそれでよかったと、言っちゃえば、そこで議論が終わってしまいます。

だけど、「なぜ、もっと有効に時間とか、お金とか、使わなかったんだろうか?」と思うことが大切です。過去に使ってしまった無駄なお金って絶対に戻ってこないじゃないですか?

また、20代の半ばくらいから30代になるまであっという間に時間がすぎてしまいます。いかに時間とお金の使い方が重要か理解することが大切なのです。

今20代の人達が 「俺ってお金使いまくってるよな〜?」「私って、ブランド品ばっかりに出費してるな〜?」と思っているのであれば、まだ思考停止になっていないので、改善の余地はあります。気づい人は今すぐ行動に移してください。

20代で本当に大切なこと!

過去は変えられない。ですが、これから先に同じような過ちをしないように、と言うことを意識して行動することが大切です。要するに、凄く過去のことを反省しなければいけないのです。

それが、人の行動を変えることができます。ですが、若い20代の人はある程度のお金を会社から頂けるので、飲み歩いて、合コンに行ったり、女の子と遊びまくることに憧れる人が沢山います。

取っ替え引っ替え彼女が変わったり、色んなところに旅行に行ったり、毎度可愛い女の子に囲まれて、豊かなブランド品に囲まれて、って言うのが憧れている人がいると思います。

なので、お金も貯まらないし、お金をうまく働かせることもできない。今の楽しさを消費で目の前で買っちゃうと、結局将来何にも残らなかったことに気づくことになります。それで、歳は取り、お金と時間がなくなってしまいます。

なので、目の前の誘惑に負けてお金を使って消費するのではなく、将来のためにお金を働かせることが20代は大切です。そうしないと、30代になるとサラリーマン思考が自分の頭を蝕んでいきます。

例えば、結婚したり、子供が生まれたり、親の介護をしたりするようになると、「お金を働かせる?何それ?どういうこと?」「めんどくさいから、目の前の仕事だけに専念する!」みたいな考えになってしまい、思考停止になってしまう危険性があります。

要するに、20代の生き方で人生の9割が決まってしまうのです。また、現状維持で全く成長することができなくなってしまいます。

私が過去の反省から学んだこと!

私は現在24歳ですが、24年間の過去から学んだことをリストアップしたので、是非見てください。そうすることで、反省から学び、「一度犯した過ちは一生やらない!」と決めることができます。

  1. 会社員には絶対一生死んでも戻らない
  2. 価値観が合わない友人は切り捨てる
  3. 満員電車には死んでも乗らない
  4. 一生死んでも群れない!
  5. ネガティブ思考の人とは関わらない
  6. SNSは自分の集中している時間帯は見ない
  7. 余計な情報を入れないようにする(芸能ニュースなど)
  8. 迷ったらやらない
  9. お酒は一生飲まない
  10. サラリーマン思考には死んでもならない
  11. 洗脳されない

などといった過ちがあります。それは人生をかけて取り組みたいと強烈に思っています。因みに、このリストは他に100近くのリストが超具体的に私のWordにまとめられています。今回はその一部を紹介しました。

本記事を見ているあなたも、このように何かしら自分の過去の反省を可視化させて、リストアップすることが大切です。そうすれば、 過去の反省から学びを得て、次のチャレンジにポジティブ思考で突き進むことができると思いますよ。

最後に・・・

最後にフランスの軍人・政治家だったナポレオン・ボナパルトの名言を貼っときます。

予の辞書に不可能という言葉はない。私には、やってできないことは何一つない。

もし、自分自身の辞書があったとしたら、不可能などという言葉は入っていないはずだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください