新着エントリー

【就活生負けるな】人事なんてぶっ倒せ!!サラリーマンが生きる全てではない!!

自分が本当にやりたい仕事なのかどうなのか?悩んでしまうほとが多いです。実は私つよもんもそうでした。正直自分のやりたい仕事を見つけてそれを仕事にするのははっきり言って難しいです。

就活をしている人に限らず他の誰しも思ったことがあると思います。また、最初から自分がやりたいことはできません。少しずつ段階を踏んで「ここの会社ならいつか自分の夢が達成できるかも」と思ったところにアプローチをし、納得内定してみるのも一つの手です。

いよ
日本の新卒一括採用システムっておかしくない?
つよもん
そうだね。日本だけが、新卒一括システムを導入していて、結局は教育コストが一括の方が安いからそのシステムを導入したんだろうけど、海外から見たら面白おかしく言われてるみたい。一応就活の不安の解決法を教えるね。
いよ
就活ね、、ありがと!私現在就活進行形なので見てみます!

就活の不安と解決策

大学時代に、簡単な作業と言われる誰でもできる仕事をやりたくて大学に通ったわけではありません。不安があり、やりたくなくても生活するためにはやらなければならなかったと思います。

また現代は、大学で専門性を磨いているのにもかかわらず、それを職業にせず、無駄金で大学に通っているのが現代社会でしょう。

また、あえて準備期間ということで、本当はやりたくないが、あえて誰でもできる仕事についている人もいると思います。ある意味幸せです。

自分のスキルとの矛盾

仕事を自分のづき流の糧として考えるのはいいですが、無計画かつ無意識に職業を選択してはいけません。今の時期だけではなく、将来も不安だらけになります。

まずは自分自身がやりたいことを見つけるのが先決です。一つの不安を分析してみると、輪郭が見えてきます。それを拒絶せずに自分と向き合いましょう。

周りからのプレッシャー

周りからの期待なんて考えなくていいです。また、大学生なら他の友人が内定が決まり、卒業旅行で海外に旅行しに行ってる「負けるもんか!」と自分を奮い立たせて自分を信じてください。

就活をしていると、周りからの大人の対応が悪い気がします。「内定もらったの?」「無理だよそんなところ」「どこでもいいから入社しな」などのように周りの人間がプレッシャーになり、本来の自分が面接で発揮できない可能性が高くなるので、絶対にプレッシャーをかけるべきではない!

とりわけ現代の若者は、仕事や年金人間関係、プライベート、親の老後など、一見すると夢や希望がない将来にも見えます。

なので、周りの人間がいかに就活で頑張っている人間を褒めて、フォローし、モチベーションを上げなくてはなりません。

若者で就活が決まらず、自殺してしまう人まで出てきています。このことに関しては深く私たち社会人が考えるべきです。

面接の不安

圧迫面接などを繰り返し行われると、就活が長引くにつれて、精神的なダメージを受けていきます。ストレスに耐えられ悪なったり、自信を失ったりして、本気で死にたいと思う学生も出てくるほどです。

親から離れて、自立して、企業に就職するのが最も良い方法だと考えています。果たしてこの生き方はこれからの就活生、社会人プラスになるのでしょうか??

また、テレビや新聞やスマホからの情報などで、就活が美化されていると思います。面接で極度の緊張で、面接を失敗している人が多いです。

というのも、メディアの影響で就活に対しての意識が高いことが挙げられます。

その会社に入ったとしても、倒産するかもしれませんし、転職して職を変えるかもしれない。何ら悪いことではないので、就活にとらわれず、周りにとらわれず、生きていきましょうよ。

就活を重く考えて不安になる

現代は、一つの会社にとどまって勤め上げる時代じゃなくなりました。私自身の意見ではむしろ転職したほうが色んな会社の社風を知れたり、新しい出会いに触れたり、スキルアップできたりするので、転職はいいと思います。

就活生のあなたが、希望の職種につけなかったとしても、あなたの人生が狂うわけではありません。

面接の不安をなくす一つの方法としては、自分と面接官を対等に見るということです。「私を雇うこともできますよ」「かかってこい人事ボケ」というスタンスで望めば、余裕だと思います。

上でもなく、下でもなく面接官を対等に見ることで、不安を減らしましょう。

解決策&対策

自分の強みをアピールしてみましょう!強みというのは自分がやりたいことです!あなたが情熱を注ぎ、夢中になれること。

面接では、自分の強みを企業に売り込むためのプレゼンテーションだと思うことが大切です。

(将来の伴侶を探す活動=結婚)と就活は比喩されますが、そんなことはなく、あくまで自分の成長と、生活の糧を得るための場所探しの程度に考えましょう。

ここまで発想を変えることができれば、就活時の面接の不安もなくすことができるでしょう。

最後に

いろんな誘惑があると思いますが、最後まで諦めずに納得して就活を終えて下さい。ですが、就活は轢かれたレールに乗って、前習えで、行動する日本独特の風習だと思います。

就活だけが全てではないので、「自分が本当にやりたいことがあれば、起業もあり、留学もあり、なんでもありです」そこのところ忘れずに頑張っていきましょう。

いよ
少し安心したわ、、就活が全てではないし、本当にやりたいことはあるから本気でそっち目指してみようかな!きっかけづくりをありがとう!
つよもん
いえいえ!これからもmuzumuzuをよろしくね!
いよ
はいよーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください