新着エントリー

AIスピーカー「Google Home」ついに日本に上陸!徐々にシンギャラリティが近づいています!

つよもん
ついにGoogle homeが日本に上陸しましたね!

これはすごい技術だと思います!人間の言葉を理解して、それを代わりにやってあげるという機能は未来を感じます!

2045年までにシンギャラリティが徐々にこういったところから再srんタン技術が浸透していくんですね!今回は、Google homeの詳細を紹介します!

Google Homeついに日本に上陸!

10月5日、グーグルは東京都内で発表会を開催。音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載するスマートスピーカー「Google Home」(1万4000円)および「Google Home Mini」(6000円)の国内投入を正式発表した。

特にGoogle Home Miniは「スマートスピーカーでありながらガジェットっぽくないデザインを目指した」と説明する。

海外で先行して発売していたGoogle Homeは10月6日(金)に発売。また小型化した新発表の「Google Home Mini」は10月23日(月)に発売する。

購入はGoogle Storeなどから購入できるとしている。またTSUTAYAでは10月6日より一部店舗で800円(税抜)にて端末のレンタルも開始する。

「Googleアシスタント」のさまざまな音声認識機能+α、というのがその全容になる。

テレビに接続して使うChrome Castを音声操作したり、Googleアシスタントの「Actions on Google」AoGという仕組みを使って、

グーグル以外のサービスと連携させることもできる。

発表会ではAoGのデモとして、楽天レシピと連携して、使いたい複数の食材を話しかけるだけでレシピの提案をするデモも披露しました。

また家電同士が相互連携するスマートホームの音声操作プラットフォームとしての機能も注目です。

今回、日本版サービス開始にあたって複数の対応家電メーカーが具体名が挙げられている。

フィリップスのスマート電球「Hue」のほか、KDDIのau Home、インテリジェントホーム(イッツコム)、ダイワハウス、アイロボットのRoombaの5社だ。

国内サービス開始時に発表された対応サービスは以下の通り。

全てが日本のサービスインと同時に始まるわけではないものの、しっかりと国内ローカルのコンテンツホルダー各社と準備を進めてきていることが見てとれる。

今週月曜にアマゾンも日本版の年内サービス開始を急遽リリースしたが、ここまでの具体的な情報はない。

現状、LINEのClovaプラットフォーム上でのサービスと比べても、Google Homeは予想以上にサービス連携の網を順調に広げて開始してきた印象が強い。

まだ未知数のアマゾン Echoがどう出るのか。注目だ。

つよもん
ついにGoogle homeが日本に上陸しましたね!

私的には日常生活で普及は難しいと思います!

特に介護業界の老人ホームや障害者施設などで、

使用すればビジネスとして成り立つのではないかなと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください