新着エントリー

最強メンタルの育て方!「恥」の感情を捨てろ!

つよもん
どれほど仕事術を学んでも、行動に移せない人がいる。それはなぜか。理由は簡単で、「他人はどう思うだろうか?」という「感情」があなたにブレーキを踏ませている!

恥をかいた分だけ自由になれる

あなたが他動的になるための最大のハードルは「他人にどう見られているだろう?」という感情だと思います。

はっきり言いましょう。

誰もあなたには興味がない。好きなように生きて、思いっきり恥をかこう。

他人からどう見られているだろうか?

恥ずかしいなどといった「感情」が結局のところ一番の障害になります。

ドラマ「逃げ恥」が視聴率20〜30%を獲得する大ヒットになりましたね。

ドラマで星野源が演じる会社員はコミュ障で彼女がおらず、30代半ばになるまで女の子と付き合ったこともない典型的な道程男だ。

ガッキー演じる森山みくりは、大学院修了の高学歴美人だが、これまたコミュ障っぽいのか派遣社員の仕事を切られてしまう。

そこで、身内の紹介を受け、みくりは家事代行サービスの仕事を始める。家政婦として出向いた先で津軽と出会ったみくりは、勢いだけに任せて「ダンナに雇われ偽装妻」として「契約結婚」する。

道程の特徴なのか、津軽はわけのわからないところで羞恥心を発揮する。

洗濯をこなしてもらう時に恥ずかしがってパンツを除外しておくのだ。

「家政婦にパンツを見られたくない」なんてどうでもいいことにこだわっているから、「逃げ恥」の津崎はいつまでたっても道程なのだ。

同窓会の時に出席したときのことを思い出してみてください。

同窓会では誰もが「あのころ〇〇なんてことがあったよな」と昔話に花を咲かせる。

いじめっ子といじめられっ子が同窓会で出席すると、いじめた側は全く覚えていないものだと思います。

嫌な思い出に限らず、記憶なんて大半がゴソっと抜け落ちていて 「そんなことあったけ?」と首をかしげる。

自分のことですらちゃんと覚えていないのに、他人のことなんていちいち覚えていないに決まっている。

人間の記憶や関心なんてそんなものだと思う。

「人間の記憶というものは都合よく塗り替えられる」

だったらくだらない羞恥心なんて捨てて、 「あいつバカだな」と後ろ指をさされようが、最初からバカをやってしまった方がいいと思う。

一歩踏み出したせいでみっともない失敗をしたとしても、そんなことは3日もてば誰も覚えてはいない。

恥をかく勇気、失敗する勇気さえ持てれば、どんどん免疫がついてリスクをとることを恐れなくなる。

この勇気を持つことが一番重要です。

今、この瞬間から周りの人の目を機にすることはやめましょう。

あなたの頭が、他人の振る舞いや失敗のことでいっぱいにならないのと同じように、周りの人はあなたのことなんて全く気にしていない。

外野の雑音なんて気にせず、あなたは飄々と我が道を進めばいいと思います。

どんな知識や、仕事術を身につけようとも「感情」のフィルターを外すことができれば最強です。

最後に下記の4つを意識して行動してみてください!

  • 恥をかけばかくだけ、自由になれる。さあ、恥をかこう

  • とっても恥ずかしい格好をして街を歩こう

  • とっても恥ずかしい過去の失敗を話してみよう

  • 意外と、みんなあなたに興味がないことに気がつくはずです。

今回は最強のメンタルの育て方について紹介しました。

つよもん

ちなみに上記の内容は「ホリエモン」が講演会で言っていたことです。

皆さんも上記の4つを意識して仕事でもプライベートでも活動していきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください