新着エントリー

プレゼンテーションスキル磨く方法は習慣でしかない!

つよもん
こんにちは!つよもんです!今回プレゼンテーションスキルはどのようにしたら身につくのか私の経験談も含めてお伝え致します!

 日頃の習慣が大切!プレゼンスキルを向上させる

社会に出て活躍するビジネスパーソンにとって、必須スキルである「プレゼンテーションスキル」その能力は一朝一夕で身につくことはできませんから、

日頃からいろんな経験を積んで慣れておくことが大切です!

そして実は、日常のビジネスシーンでは、そして実は日常のビジネスシーンではプレゼンスキルを向上させるための実践的トレーニングができる。

今回はそのポイントを詳しく説明していきます。

 

ホウレンソウできる仕組みの伝え方

社会人なら誰でも知っている「ホウレンソウ」。「報告・連絡・相談」の略で、仕事をスムーズにするためには欠かせないことですね。

この報告、連絡、相談する際に、「曖昧な表現は使わない」「連絡する際の順番を意識する」「相手の状況に応じて伝え方を変える」など、プレゼンテーションをする際に大切な要素が詰まっています。

普段から、相手に伝える内容を正しく理解してもらうために、丁寧にわかりやく簡潔に伝えることを意識してホウレンソウを行うことで、

プレゼンテーションスキルに大切な「伝える技術」を磨くことができるのです!

普段からホウレンソウを行う際は、必要事項をただ伝えるのではなく、PREP法、SDS法の構成に気をつけるように心がけてみてください!

日常的に意識を変えることで、話を組み立てるスキルが身についていくでしょう!

普段の会話の中でもできる話のスキルを高める方法

普段からプレゼンスキルを磨くためには、自分に足りないものや苦手とする部分をしっかり押さえていることが大切になってきます!

人前で話しをすることが苦手な人は、特にいつも話が長くなってしまいます。

「えっと。。。」「あ、、、、」など無意味な言葉を連発してしまいます。

話が脱線してうまくまとめられないというようい、陥りやすいパターンです。

自分がどうして、うまく話せないかを客観的に分析した上で、まずは「聞き取りやすい声で話す」「ゆっくりと話す」「話に抑揚をつける」「例えを使って分かりやすくする」

というようなことに気をつけながら、普段の会話をしていきましょう!

身近な話題で経験を積んでいくことで、相手に響く話し方や分かりやすく話をまとめるスキルが身についていくでしょう!

朝会・ミーティングの場はスキル向上につながる最高のシュチュエーション

プレゼンテーションの上達の鍵は、人前で話をする経験を積んでいくことです。

朝会やミーティング、取引先への訪問といった仕事上の場面をチャンスと考え、落ち着いて話すこと。

言いたいことをしっかり伝えること。

聞き取りやすい声で話すこと。

上記の部分を意識していけば、毎日自分の成長の実感を味わえると思います。

普段より緊張できる場面で話す機会を増やすだけで、その免疫がつくことで慣れる少しづつプレゼンテーションスキルが身についてくるはずです。

また、同僚や先輩社員に頼んで、自分が話している姿を動画で撮ってもらうこともお勧めします。

緊張している姿を動画に撮ってもらうことで、自分の出来ていないこと、出来ていることを分析し、改善することで克服するべきポイントが見えてくるでしょう!

人前で話すことが苦手な人は、意外と多いと思います!

苦手意識を克服するためにも、上記の内容を参考にし、普段の生活の中で、プレゼンスキルを磨いていくことをお勧めします!

つよもん
youtubeなどは良い事例だと思います。youtubeはいろんな人に自分の動画を見せる良い機会です。

youtubeに毎日載せようという意識が働くことで、緊張感持ってプレゼンスキルを磨かなければいけない、と思うことができ、良いと思います。

私も、今年の11月から始めようと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください