フリーランス

つよもん
私も現在フリーランスをやっていますが、そもそもフリーランスとはなんぞや?という方も多かったのでフリーランンスの仕事の種類や年収のところで詳細をお伝えします!

フリーランスとは?

初心者なら押さえておきたいフリーランスのお仕事

フリーランスと聞いてあなたはどんな想像をしますか?フリーランスといっても多種多様なお仕事の仕方があります。
フリーランスへの転職をお考えの方は、まずどのようなお仕事があるのか知ることから始めましょう。

触手を知ることで、自分のスキルや知識を活かせる仕事など、自分にぴったりな仕事が見つかるかもしれませんね。
では、主なフリーランスの触手を紹介します。

  1. ライター系
  2. デザイン系
  3. IT系
  4. 販売系
  5. エンタメ系

フリーランスの主な職種は、5つです。初心者ではなおさら、それぞれの職種ではどのような働き方があるのか、どのくらい稼ぐことができるのか、気になりますよね。カテゴリ別に特徴と収入を紹介しますので是非参考にしてみてください!

ライター系のお仕事の収入と特徴

ライター系のフリーランスの特徴

  1. スキルがなくても始めやすい
  2. 文章能力を活かすことができる
  3. 初期投資が少なくて済む

ライター系のお仕事の特徴は、特別なスキルがなくても始めることができるところです。また、パソコンや文章作成ソフトがあれば大抵は十分なので、初期投資もほとんどありません。

ライターのお仕事としては、WEB上のコラムを書く執筆活動。キャッチコピーを考えるコピーラーター。ブログの広告収入を狙うアフィリエイター。自分のペースで始めるアフィリエイト。より安定的な収入を得たいのであれば、WEBライター。アイデアを考えるのが得意な人は、コピーラーターがオススメです。

報酬面では、年収は10万円から500万円とさまざま。中には、1000万円を超える方もいらっしゃいます。
はじめのうちは、仕事に慣れるためにも数をこなすことが大切です。

ライターの仕事をするにあたって、パソコンの入力速度、文章の構築能力が大きなカギとなっています。
仕事をしながら、身に着けましょう。

クラウドワークスなどのサイトから仕事を請けることができますので、オススメです!

デザイン系のお仕事の特徴と収入

デザイン系のフリーランスの特徴

  • クリエイティブな才能を活かせる
  • 初心者でも取り組みやすい

デザイン系の職種には、会社のロゴやアイコンを作成するグラフィックデザイナー、ホームページを作成するWEBデザイナーなどがあります。デザインやクリエイティブな仕事に興味のある方におすすめの職種です。自分のデザイン能力を活かすことができます。年収は200万円から500万円が平均。スキル次第ではさらなる報酬も見込めます。

デザイン系で必要となるのは、photoshopやillustratorなどの画像処理ソフトのスキル。また、広告を作る際に必要なDTPやホームページを作成するためのHTMLやCSSの知識があれば、さらに仕事の幅を広げることができます。WEBデザイン初心者は、まず画像処理ソフトのスキルから磨きましょう。

デザイン系で活躍するには、自分のホームページでアピールするだけでなく、クラウドワークスのコンペなどを利用して着々と実績を磨いていきましょう。実績が上がることで、外部からの発注も見込めるかもしれません。

IT系のお仕事の特徴と収入

IT系のフリーランンスの特徴

  • 1.高い報酬が見込める
  • 2.根気強さが功をなす

WEB系のお仕事には、さまざまプログラムの設計を行うプログラマー、スマートフォンなどで使用するアプリを開発するアプリケーションエンジニアなどがあります。ITエンジニア系は、バグとの勝負です。根気強く正確に仕事ができる方、また日々発展する業界でもあるので常に向上心を持って仕事ができる方に向いています。

年収の平均は、300万円から1000万円と他の職種と比べて高めです。IT言語にも様々なものがありますので、自分のできる範囲を広めることによってさらなる報酬を見込むことができます。初心者は、プログラミングのベースとなるRubyの学習がおすすめです。

プログラマー初心者は、ライターなどの始めやすい仕事と平行して簡単な仕事から請けていくことで、スキルアップしながら無理なくお仕事をすることができます。中には、専用言語のソフトが必要な場合もあるため、あらかじめ確認するようにしましょう。

販売系の特徴

販売系のフリーランスの特徴

  • 1.経営能力を活かせる
  • 2.通販なら低コストで自分のお店が出せる

通販での販売なら、お店を持たなくても始めることができます。つまり、初期投資が少なくて済むということ。また、ネット上の広告などを使用すれば、広告も安く行うことができます。細かなことに気を使える方、しっかりとものの管理ができる方に向いている職種です。

平均年収は100万円から500万円。中には1000万円を超えるケースもあります。未開拓のもの、外国語のスキルを活かして海外で流行っているものを販売するのはいかがでしょうか。

ホームページをわざわざ作成しなくても、楽天やヤフー、Amazonなどを利用して販売することもできるので、初心者はまずこういったモール型ECサイトを利用しましょう。また、仕事が追いつかなくなったら、クラウドワークスなどのサービスを利用して、問い合わせや発送の手伝いを求めるのも良いですね。

エンタメ系の特徴

エンタメ系のふりーらんすの特等

  • 1.さまざまな情報を発信できる
  • 2.動画編集のスキルを活かせる

エンタメ系の職種で今、注目を浴びているのが動画サイトを利用したものです。動画の視聴者数を増やすことによって報酬を得ることができます。動画編集のスキルを活かしたい方、様々な情報を自己発信したい方におすすめの職種です。

年収は数万円から数億単位とさまざま。動画で注目を浴びることによって、さまざまな仕事につなげることも可能です。また、動画の編集がうまくできなくても、携帯やカメラの動画機能を使うなどで、簡単に動画はアップすることができます。初心者でも始めやすい職種となっています。

フリーランスまとめ

つよもん
フリーランスには種類がたくさんありますね。働き方はいろいろありますが、自分にあった働き方をしていくのがベストだと思います!正直フリーラスだけでなく、サラリーマンとしての働き方のほうが楽だと思います。毎月一定の収入が自分の会社での生産性が低くてももらえますので、自分に自信がある人はフリーランスでしたり、起業してみたりしてみてはいかがでしょうか?