新着エントリー

サラリーマンを辞めたい友人の相談に乗ってきます!サラリーマンからの卒業はワクワクでしかない!

つよもん
私の友人がサラリーマンを辞めたいとのことで、これから相談にのってきます。私が思うところサラリーマンを辞めるのなんて大賛成なんですけど!

ワークライフスタイルが徐々にきている!

現代社会は、働き方が多様化して確実にワークライフスタイルの変革が来ています。「フリーランス」や「起業」や「副業」といった選択肢がいよいよ本格的に身の回りに浸透していきました。

現代社会はいろいろな働き方があるので、サラリーマンだけが全てではありません。率直に考えて、「自分が好きなことを仕事にして生きていけばいいじゃん」と思うのですが、、

リスクなんてありませんよ、、自分のスキルさえあれば、、

私は、現在仕事を辞めて数ヶ月たちますが、自分がやりたいことが明確なので、その実現のために時間を使い活動しています。

収入はどうなの?といってくる人もいますが、ITスキルさえあればどこにいたってインターネット環境さえあれば、仕事ができます。

私の現在の日常

毎朝7時に起床

8時〜12時(クラウドワークスで仕事)

12時〜13時はお昼

13時〜20時までWeb系の勉強(サイト運営をしていくための知識とスキル磨き)

20時〜22時(クラウドワークスで仕事)

22時〜24時(読書)

24時〜26時(お風呂&自由時間)

26時30分(就寝)

という流れになっています。あくまでも週に3回は上記の流れで仕事しながら勉強しています。私はこれからサイト運営をしていく中で、知識やスキルが足りないことから、

いかに自分の時間を捻出して、自分に投資することができるのかを考えながら活動しています。なので、現在は最低限の収入を確保した上で、活動しています。

正直月16万円くらいですが、バイトするよりか、スキルや勉強しながら収入を得られるので効率的かと思います。

労働時間は1日5時間くらいで、1日8千くらいです。ですが、これからの投資の時期だと考えているので、苦ではありません。

私の優先順位として、これからサイト運営をしていくための知識とスキル磨きに時間をかけたいので、収入よりも時間が必要だと考えています。

サイト運営することで、固定的に毎月20万を入ってくる仕組みを作っているので、積み上げたスキルと経験をここに注力していきたいと思っています。

サラリーマンを辞めたいけど不安

正直サラリーマンは、偏見かもしれませんが、自分の生産性が悪くても毎月一定のお給料が入るので気楽ですよね。

ですが、サラリーマンを辞めたら、どうやって食っていくのか不安になる人も多いでしょう。それは会社を辞めた後に考えればいいと思います。

若い20代前半の人がサラリーマンを辞めることは全然リスクなんかありません。一度サラリーマンを辞めて客観的に物事を見てみると、世の中には色々な働き方や生き方があります。

例えば、サイト運営などITスキルを磨いて旅をしながら仕事をするノマドワーカーという働き方や生き方もあれば、

自分をセルフブランディングして、スポンサーをつけて活動する人もいれば、写真家や自分のブランドを作ってある程度の収入を確保した上で、生きていく方法もあります。

なので、サラリーマンだけが全てではありません。今現在仕事に悩んでいる人がいるのであれば、映画を見ること、本を読むこと、一人旅をしてみるなど、

自分の感性を高めて、「自分は何ができるのか、自分が社会に何ができるのか」をじっくりと考え、「さて、これからどうする?」「これからどう生きる?」などと、自分を見つめ直してください。

あわせて読みたい

会社員に戻るのが怖くなったので、インターネットで起業してみた!

サラリーマンを辞めたい理由は主に3つ

サラリーマンを辞めたいと思っている人は、主に3つの理由があると思います。簡単にまとめましたので紹介します。自分と同じ悩みがある人は共感する部分があると思います。

1.人間関係が嫌で仕事を辞めたい

人間関係で仕事を辞めたいと思っている人は少なからずいると思います。だけど、職場から逃げられない。仕事を失ったら生きていけない、、、そう思っている人もいますが、

仕事を辞めたって生きていけます。日本の企業はストレス耐性がある人間を好みますが、現代社会はストレス耐性がなくても働けるし、生きていけます。

日本は自殺率も世界トップクラスです。仕事が原因で自殺するくらいなら、その環境から逃げ出した方が自分のためです。

2.サラリーマンとしての働き方が自分に合わない

仕事を辞める理由の8割は人間関係です。ですが、仕事を辞めたくても人間の心理として 「ここで頑張れば自分は成長できる」「この壁を乗り越えれば自分はスキルアップできる」などと自分に言い聞かせて働いている人は多くいると思います。

この考えは、ある意味良いことだと思います。ですが、人間関係は別問題だと考えて良いでしょう。もし、それが問題で仕事を辞めたいと思っているならば、まず考えなければいけないことは、その環境から逃げ出すことです。

逃げ出すというのは、例えば、他の部署に移動するだとか、まず、仕事を辞める選択肢だけを持つのではなく、自分の周りを整理整頓しましょう。

3.過重労働で精神がやられた

会社で過重労働で精神がやられてしまい鬱状態になってしまう人も少なからずいると思います。私も1週間168時間ある中で、124時間は仕事していました。

そのおかげで、メンタル面と、スキルアップはしましたが、口から血を吐いてしまいました。過重労働がスキルアップするかどうかと言われれば疑問ですが、精神的にやられてしまう可能性は高いです。

若い20代が勝負と言わんばかりに仕事するのもアリですが、一番大切なことは、何か自分で興味があることを見つけそれに熱中することだと思います。

そして、それが仕事になり、それが生きがいになるので、仕事が悩みで自殺なんかするな!と私は言いたい!

会社辞めたら「あいつ負け組だ!」と言うサラリーマンがいる

私が勤めていた人材IT企業は、 「会社を辞める人は負け組!」「ダサいなあいつ!」などと言う人が多くいました。

現にベンチャー企業や人材会社は過重労働が普通になっています。そこで、「会社を辞める」と上司に伝えると、会社を辞める当日に50人くらいのメンバーに向かって仕事を辞める理由を伝えるという儀式がありました。

それほで憎いことはありませんよね、、、それが会社のルールだとしても、人前で会社を辞める理由を言うのは恥ずかしいですし、言いたくないこともあるでしょう。

私は、会社を辞める際にそんなことはせずに、特殊なルートでフェードアウトしましたが笑

会社を辞める際は別に他の人たちに言わなくていいと思います。人を辱めて、他の現職のメンバーは「自分たちは頑張っている」「自分たちはこいつらと違う」などと誇り高く感じています。

そして辞めていくメンバーには一声かけずに、見送る姿に複雑な気持ちになりました。これが現実社会なのか、、、、弱肉強食とはこういうことなのか、、、

日本社会は少し狂っているのか?それとも私が勤めていた会社の文化がやばかったのか?

つよもん
まあ、そんなことはどうでもいいことです。精神的に辛かったらそこから会社を辞めて抜け出すのが手っ取り早いです!

あわせて読みたい

仕事のやりがいがない!面白くないから会社を辞めたって良いと思う理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください