新着エントリー

あんた達サラリーマンは週の初めから満員電車に乗るのか?不思議でしょうがない!今ひとつ「なぜ乗る?」のか考えてください!

つよもん

なぜあなた達サラリーマンは好んで満員電車を乗るのか?私は不思議でしょうがないです。

もしかしたら満員電車が好きなのか?それとも1分でも寝ていたいのか?

ここで不思議なのが1分でも寝ていたければ週の初めで日曜日は休みなのだから早く寝ろって話なんですよ!

不思議でたまらなかったので、色々と調べてみました。

サラリーマンの方には嫌な気分になるかもしれませんが、今ひとつ自分の行動を客観的に見てみましょうよ!

サラリーマンは週の初めから満員電車に乗るのか?

サラリーマンを辞めた人達が最初に思うことは 「これで、満員電車とおさらばだ」という方が多いですが、

私は、 「絶対満員電車に乗らない」と決めていたので、朝6時出勤で会社に通勤していました。

今ひとつ週の初めなのに満員電車に乗っていることに危機感を感じてもらいたいです。

「なぜ、今自分は満員電車に押し込まれているんだろう、、?」

突き詰めて考えてください!

人と同じ行動をとるサラリーマン

私が思うところ、偏見かもしれませんが、サラリーマンは集団行動をとるのが好きですね。みんなと同じことが好きで、轢かれたレールに沿って素直に前習えしている人たちばかりです。

ホワイトカラーの皆さん

世の中の多くの人は、自分の選択肢を選べないと思っているようです。選択肢は少なからず探せば探すほどあるのにも関わらず、探さない。

「現状で満足し、何か違うことを始めたら、人の目を気にする。そんなこと考えていたら、人生あっという間に終わってしまうから」

上記の言葉はソフトバンクの孫正義さんの言葉です。

少し皆さんも気づいてください!

自分が選ぶと責任が伴いますから、誰かが作ったシステムに乗って、誰かの命令に従って生きていきたい。

みんなと同じように満員電車に乗って決められた時間にみんなと一緒に昼食を食べて、安心するんでしょうね。

はたから見たら現代版の奴隷ですがね。

これは「自由からの迷走」なんだと思います。人は自由に耐えられないんです。嫌だ嫌だと言いながら、みんなと一緒なら責任を取らなくていいから落ち着くんですよね。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」というわけですね。

それで、みんながみんな同じ時間に同じ行動をするから、電車も食堂も一緒の時間だけ、ハンコを押したようにいつも満員になります。

自由で好奇心あふれる人生を送るためには、犠牲になるのはこの「安心」です。

それと引き換えに、自分の頭で考える権利を取り戻す。

起業というのはそういう選択なのかなと。

そんなことを起業して考えましたよ。

ある起業家の例

私の友人の起業家は、他の起業家からは「信じられない」と言われるのですが、会社を辞めて起業家となった今も、普通に満員電車で出勤しているそうです。

オフィスが東京の新宿にあることで、自宅は神奈川で毎日通勤して毎晩帰っているそうです。

時間をずらすこともせずに、ラッシュアワーのど真ん中の時もあるそうです。

もちろん、平日の朝から自宅近くのカフェやジムも行くことはありますし、思いついたように妻と食事をすることもあるそうです。

逆に、土日や祝日でもどっぷり新宿で仕事をすることもあるそうです。

行動は同じでも「強制されている」のではなく「選べるということが大切」

であり、両者に大きな差があるようです

時間をずらすだけで、電車は空くのですが、 私があえて満員電車に乗るのは、半分は規律を保った生活を送ることだそうです。

残りの半分は自分への義務だそうです。

あの頃の気持ちを忘れないためにも満員電車に乗るらしい。

「みんなどんな気持ちでめちゃくちゃになるのかな?」

なんてことを考えたりするそうです。

変人ですね笑

ブログのネタは満員電車で生まれるとまで言っています。

つよもん
私からしたら考えられませんけど、、、、、

先日満員電車に乗った私

いたずらなのか、緊急ボタンを押され電車が止まってしまい、案の定満員電車になってしまいました。

午前中はたまたまアポイントが入っていなかったため、良かったのですが、

「この満員電車に乗っている人たちはみんな遅刻か、、、世の中も大損だな、、、」と考えていました。

それでもあまり、列車内には不審な方やイライラした方など見かけなかったので安心しまいた。

意外に満員電車も安心だなと、、、

実は満員電車は大した問題ではないかもしれませんね、、、

サラリーマンの頃の私なら心中穏やかではなかったはずですがwwwww

突き詰めて考えないほうがいいかも

私はサラリーマンが性格上合っていなかったので、真面目すぎたのかもしれませんね。

台風の日は前もって1時間前に家を出て、全身に水をかぶりながら出勤しました。

病気で休んだことも1回しかありませんw

土日にインフルエンザになった時には、フラフラしながら月曜日出勤しました。

それが当たり前だと思っていたんです。

今思えばそんな真面目さなんて何の意味も持たないと思うようになりました。

変な忠誠心とか、やる気など持たず、ポイントを押さえて要領よく振る舞える「不真面目な人」の方がサラリーマンはあっていると思います。

上司からの評価が最適化するポイントです。

そういうシステムなんですよ!サラリーマンは、、、、

「この仕事は世の中に役に立っているのだろうか?」「自分の人生にとって今のキャリアはどうなんだろうか」とか、突き詰めて考えてしまう私の様なタイプの人間は、起業の世界の方が楽ですよ。正直。

こっちは全て自分が責任持ってやりたいことややるべきことをやるだけのとってもシンプルな世界です。

サザエさん症候群と五月病

日曜日の夕方頃、ちびまる子ちゃんが終わった後のサザエさんを見ると明日の仕事のことを考えてしまう。そのことを「サザエさん症候群」と言います。

正月休み明けや、連休明けなどで、出社がゆうつになったりしますよね。環境の変化が原因だと言われますが、これは新入社員に限らないでしょう。

仕事が嫌で、うつ病になってしまう人も少なくありません。

正確には仕事が辛いというよりは、職場の上司や同僚との人間関係や、仕事を強制されるというような構造であったり、あるいは満員電車といった、仕事の周辺にあるものが嫌なのかもしれません。

いずれにしても、それで病気になってしまうのはそれらを「自分では選べない」というストレスに端に発しているのだと思います。

つよもん

本日もサラリーマン頑張ってください!

この記事を見ている方は満員電車に乗っているでしょうねw

この記事を見て「しょうがないじゃねーか」と言っている人ほど、ダメですね。

早くこっち側に来てください!待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください