新着エントリー

「色んな人からの目が気になる」それを言い訳にして情報発信できない人必見!

私のメディアに多くの質問が来たのでお答えします!

いよ

私も今Facebookやtwitterで情報発信していこうと思っているんですが、「色々な人からの目は気になりましたか?」私は気になって行動に移せないことが多くて。。。教えていただきたいです。

つよもん

正直少しはありました。会社を辞めた上司に見られたらどうしようとか、、

でも思っている以上に昔の友人からの応援が予想以上に多かったです。

まあ会社から独立してやっていきたかったのでそんなことはどうでもいいと思っていました!

1.人に影響力を与えていくための最難関「恥ずかしい」からの解放

私は常々この社会で生き残るためには絶対「情報発信」しろ!と何度も言っています。

何故なら、自分の成長の糧になるからです。例えば、自分のアウトプットの能力が鍛えられることや、多くの人から信頼されファンがつくこと。有益な情報が集まってくることなど、情報発信するとメリットばかりあります。

何をするにしても、情報発信することで、好きなことやスキルを掛け合わせることで、規模は大きく拡大し、夢は圧倒的に叶いやすくなります。

また、SNS上では同じ価値観の人たちと交流することで、人脈が増え、その人たちと何かしようと計画した際には何か面白いことが起きます。

オンラインでも、オフラインでも、積極的に情報発信して自分を表現した方がオモシロイ人生になると思います。

  • アウトプット能力が磨かれる
  • 情報発信することでファンできる
  • 同じ価値観を持った人との交流ができ、人脈が増える
  • 有益な情報が集まるようになってくる
  • インプット能力も磨かれる

こんなにも「情報発信」することでメリットがあるにも関わらず、

「恥ずかしい」という気持ちがあり、アウトプットできないのが現状です。その「恥ずかしさ」を捨てれば、一皮剥けるのではと思うのですが、、、、

2.私も会社を辞めた当初は情報発信するのに恥ずかしかった

いよ

つよもんさんが会社員をしていたときも顔出ししてオープンに発信していたんですか?

答えはYESです。会社員の人たちにもわかるくらいに情報発信しなければ、自分の記事を見てもらえないですし、正直「会社を辞めるんだからもうこの人達とは一生会わないだろう!」

という覚悟を持って活動していました。人にどう思われようがFacebookやtwitterで友達解除してもらってどうぞ!という気持ちで「情報発信」していました。

また「負けられない戦いがここにある」というようなバカな考えで毎日アウトプットしていました。

3.情報発信の大切さを学び「恥ずかしさ」よりも「成長したい」気持ちになる

私は高校1年の頃にLINEとtwitter全盛期で、それを見て友人と面白がりながら高校生活を楽しんでいました。大学に入ると「いかに有益な情報を発信することの大切さ」を学びました。

大学時代に出会った恩師の森吉弘さんという方です。元NHKアナウンサーで最近では「日本の教育」に力を入れ活動されています。また、マツコデラックスとの対談もした人です。

その人から教えられたことは、「自分が社会に何をできるのか?」を常に考えるということです。そのためにはどこかにアウトプットしなければいけない。

毎日、Facebookグループで新聞の記事を自分の意見を付け加えてアウトプットしていました。そこで、「恥ずかしい」という気持ちよりも、「成長したい」という気持ちの方が上回りました。

4.以前の会社の同僚や友人が応援してくれいていることを知った

以前に勤めていた会社の同僚や友人に対して 「情報発信」を続けていたら応援してくれていることに感激しました。

「昔からの同僚になんて思われるのかな?」「距離を置かれてしまうのかな?」と思ったのですが、意外にそうでもなくて、僕の活動を知っててくれたりしたので素直に嬉しかったです。

この夏に友人と集まって飲み会をした際に、

「何をやっているかはよくわからないけど面白い笑」

「いつもブログ見てるよ」

「ブログだけじゃなくてyoutubeもやったら?」

「よく一緒にいるあの子かわいい!名前何て言うの?」

「変なことしてるけど食っていけてるの?」

など、いろいろなことを言ってもらえ、実はよーく見てくれているんだな〜〜と思いました。そして陰ながら応援してくれているんだな〜〜と思い感動したことを覚えています。

私がここで感じたことは、 我武者羅に夢に向かって真っ当なことをやっていれば応援してくれるんだな〜〜と思いました。

つよもん

そんなことならもっと早い段階でオープンに発信しておけばよかったと思いました!

5.後悔しない人生を僕は送りたい!

いよ

だけど、なかなか「恥ずかしさ」が消えず、情報発信できないです、、、、、、

なんて話は、たくさんの読者の方から質問きますがそんなことよりも、あなたのことなんて想像以上にどうだっていいと思っているのが現実です。

私が何をしようと、あなたのことなんて自分に迷惑さえかからなければどうでもいいと思っています。それは情報発信していて日々感じます。

6.「地元の友達にくらい情報発信してみろや!」と声を大にして言いたいです。

情報発信するのは簡単です。Facebook、twitter、Instagram、ブログ、youtube、などツールは無料で揃っています。機材も何一つお金はかかりません。自分の頭とスマホだけです。

上記に書きましたが、情報発信することで夢も叶う。アウトプット能力が付く。インプット能力も付く。同じ価値観を持った人の人脈が増える。有益な情報が集まってくる。

など、人生を大きく動かせます。この記事を見ている方行動してください。

「あの時情報発信しておけばよかった、、、、、」と後悔して人生送るのは私は嫌です。後悔するのは結局自分です。

最後に安藤忠雄の名言を載せておきます。

https://twitter.com/tsuyomon_/status/923839721918291968

つよもん

皆さんも、「恥ずかしがらずに自分をオープンにしていきましょう!」

あなたのことなんて想像以上にどうだっていいと思っているのが現実なのですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください