新着エントリー

最近の女の子は有名人になりたい人が増えている!インフルエンサーになるための基本知識!

つよもん

最近女子の間で「私もインフルエンサーになりたい」と言っている女の子が増えてきました。

そこで今回インフルエンサーなるステップをテクニックを交えて紹介していきます。

①インフルエンサーとは?

インフルエンサーどは、何か自分の強みをインターネット上で発信し、ある程度の影響力を持つことです。最近では、インフルエンサーに企業がスポンサーとなり広告塔の役割を担っています。

なので、インフルエンサーの方々は小金持ちが多いと言われています。

②インフルエンサーになるためには?

インフルエンサーになるためには、いくつかのステップがあります。はじめに自分自身の強みや発信していきたいカテゴリを決めましょう。

SNS上では無数のコンテンツが引き締めあっているので、そう簡単にはいきません。なので、なるべく自分が飽きないコンテンツや、見ている人にメリットになるコンテンツを上げていきましょう。

例えば、あなたのカテゴリがスマホのアプリ紹介のコンテンツならば、あなたのページに集まるファンはスマホのアプリに興味がある人が集まります。

また、はたまたあなたのカテゴリが、ハンドメイドならば、ハンドメイドに興味がある人が集まることでしょう。なので、一概には言えませんが、自分の発信する情報を決めましょう。

③影響力が高まれば企業からオファーが届く

もし、ある一定のファンがつけば企業からオファーが届く可能性かあります。というのも、現在はインターネット社会です。なので、インターネット広告の需要があります。

自分のファンがつけば、自分のページで商品やサービスを紹介することで、ファンの人達が購入してくれる確率が上がります。

なので、自分を広告塔としての役割を保つちつつ、宣伝していきましょう。

④現代社会はタレント時代

現代社会はインターネット社会です。そのため、誰でもチャンスがある時代になってきました。

というのも、面白いことをやっている人を発見しやすくなったため、表向きの面白さではなく、ホンモノの面白さを発見できる社会になりました。

なので、だれでもチャンスがあります。例えば、プロブロガーのイケダハヤト。YouTuberのヒカキン。インスタグラマーのゆうこすなど。

SNSなどの媒体を使用してセルフブランディングをしています。この現代社会は面白い時代です。

⑤サラリーマンという働き方以外にも選択肢が出てきた

11980年代はサラリーマンが美徳とされてきました。ですが、今はサラリーマン以外の働き方が無数にあります。

現に、ノマドワーカー、パラレルキャリア、ハイパーノマド、などの働き方があります。要するに、個人で稼ぐ時代になってきたのです。

現代社会は技術革新で様々な仕事が無くなってきています。例えば、地方銀行はもういらないでしょう。というのも、ビットコインなのどの仮想通貨というものが出てきました。

また、タクシー運転手もいらなくなるでしょう。UBERというサービスは、誰もがタクシードライバーになることができます。ですが、タクシー業界の既得権があるので、まだ日本では浸透していなです。

こういった背景から、組織に属することがいかにリスクがあるのかがわかります。そのために、個人で稼ぐ力が必要です。なぜならば、個人で稼ぐ力があれば会社がなくなっても心配ありません。

つよもん

自分をセルフブランディングしておくことで、いざ会社が倒産したとしてもいきていけるように自分のスキルを日々磨いておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください