新着エントリー

新卒から始まる懲役40年の刑!自分の子供はそんな社会に出させない!

つよもん
今回は日本の現代社会の「小さな闇」について紹介します。

懲役40年

大学卒業から新入社員になる際に、インターネット上では「懲役40年」というワードが飛び交っていました。

参考記事を貼っときます。

「懲役40年」と「死んだ目」のあいだにあるもの~就活生と新社会人は自転車を思い出そう

とても悲しい話じゃないですか?自分がこれから働いて生きていく上で、本来働くことは生きがいを感じながら人生を送っていくのに、そんなこと言われたら働く意欲が失ってしまいますよね。

働くことで社会的な自分の価値を見出し、お金を稼いだ分だけ自分の好きなことに使い、家族を養っていく。一人一人がお金を使用することで、日本の経済が回り、企業が面白いサービスを作っていく、そして国が豊かになる。

このように社会は回っていくのに、現在の日本社会は働くこと=社畜=「懲役40年」といったネガティブなイメージが多すぎます。懲役40年を終えたら、自分は60歳ですよ。

手元にお金があったとしても、過去の40年間は戻ってこないんです。

現代社会に自分の子供を送りたいですか?

現代社会の日本では、「懲役40年」と揶揄されています。そんな社会に自分の子供を送りたいとは思いません。また、以前勤めていた会社では、朝6時から夜23時まで会社で勤務していました。

部長の方は、自分の子供もこの会社に入社させたいと言っていました。私は「ありえない、、、」「馬鹿じゃないの、、、」と思いました。

実際私は社会人2年目の年ですが、周りの友人を見ても会社に勤めていて「やりがいを感じる」や「仕事が楽しい」や言っている人は私の周りには一人もいませんでした。

私も会社に戻ろうとは思わないし、自分の将来の子供にも幼い頃から「個人で稼ぐスキルを身につけさせたい」と強く思う。今後の日本社会の異常性は改善されていくのでしょうか?

つよもん
自分の子供がハタチになった時にこの社会はどうなっているのでしょうね。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください