新着エントリー

アフィリエイトサイトを作る方法について丁寧に解説します!

つよもん

今回はサイトアフィリエイトで注意しなければいけないことをまとめましたので紹介します。

サイトアフィリエイトで収入を得るためには

サイトアフィリエイトで収入を得るためには、アフィリエイトサイトを作らなければなりません。広告を掲載すれば収入が上がると言った簡単なものではありません。やり方を間違えると、大量のアクセス数を稼いだとしても、全く報酬が稼げない事態も想定されます。

アフィリエイトサイトを作る時にまず始めなければいけないことは、訪問者であるユーザーのことです。アフィリエイターの綺麗事に聞こえるかもしれませんが、この部分を考えなければサイトを作っても絶対に成果は伸びません。

私の場合は、ユーザーのためというよりも、自分自身が見たいと思うようなサイト作りを心がけています。自分が行きたくないようなサイトは行きたくないですよね。

アフィリエイトサイトから商品を買ってもらうということは、実は難易度が高いということです。楽天市場や、Yahooショッピング、Amazonのようなブランド力のあるショッピングモールであれば、

自分の求めている商品があれば、すぐに購入してもらえるかもしれませんが、アフィリエイトサイトで商品を売るためには、値段や質、効果などをユーザーに納得してもらう必要があります。

ユーザーに納得してもらうためには、商品の良いところと、悪いところ提示します。画面提示の法則が効果的ですが、それを実行しただけで買ってもらえるほど甘い世界ではありません。

アフィリエイトで絶対にやってはいけないこと

注意点!

  1. いたるところに広告を貼ること
  2. サイトにそぐわない広告を貼る
  3. 詐欺商材を紹介する
  4. 掲載内容に嘘や偽りがある
  5. 騙したり誘導したりして広告を見せる

上記の一覧はユーザーの信頼を落とすやり方です。確信犯的にか、無意識にか分かりませんが、いずれの方法を取っているアフィリエイトサイトは数多く存在します。

商品を売りたい気持ちが先走ってしまうと、広告重視のサイトになってしまったり、サイトと関連性のない商品を掲載したりしてしまいますが、それでは効果は期待できないでしょう。

アフィリエイトに長く携わっていると、詐欺まがいの商品であるということは買う前にだいたいわかるのですが、そういった商品を勧めることはユーザーの不利益になってしまいますので、絶対にやってはいけません。

嘘を書いて商品に興味を持ってもらったり、騙して広告ページを見てもらうことも当然NGです。情報商材の中には全く効果が期待できないものや普通の人には実行できないテクニックが書かれているものもあります。

情報商材アフィリエイトをやる場合には、自分で購入して本当にいいと思った商材を紹介するのがいいでしょう。

信頼度の高いサイトであれば、多少強引な方法で商品を売っても、そのあと大きな影響はありませんが、長期的な目標でアフィリエイトをやっていこうと考えるのならば、ユーザーに正直になった方がいいでしょう。

アフィリエイトでいくら稼げているような生々しいことを書く必要はありませんが、信頼度を上げるためにこちらの情報を開示することも大切です。

つよもん

全く知らない人から勧められるよりも知人から勧められる方が購買率が高いように、訪問者に親近感を持ってもらえることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください