新着エントリー

【金で幸せは買えない】 2ちゃんねる創設者・ひろゆき氏の名言まとめ!

西村 博之はサービス提供をWeb上で1999年5月に開始し日本最多の利用者数を2000年代前半に記録した匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者。後に管理者権限を他者に譲渡し実業家に転身。愛称・ひろゆきが2ちゃんねるにて命名される。主に日本のインターネット文化の形成に関する基盤を築いてきたことで知られる。

西村博之 – Wikipedia

金で幸せは買えない

ひろゆき氏が「お金」に関する自身の哲学を紹介する。お金でできることとできないことを実感として分かっているかが生きていくうえで重要と説く。

給料とかお金とかっていうのは、その人にとってどれくらい大事なのかっていう話になると思うんだよね。お金を持って分かったことは、お金を持っても大して人生変わらないっていうことが、他の人に言えるようになった

ほとんど世の中のものって商品に価格がついてるけど、そうすると価格の付いてるものが買えるだけなのね、お金のできることって。例えばなんか「1000万の車です! レクサスです!」って、1回乗ってみたら「あ、1000万円の車ってこんな感じなんだ」って分かるじゃん。そしたら、別に買わなくてもいいわけよ。

その時に800万円の車もだいたい変わんないってことが分かるわけよ。そうすると、お金で買えるものっていうのがだいたいこういう感じだって言うのが分かるのよね。で、これって実は昔から僕は知ってたんだけど、ただ自分がお金を持ってない限り、それを言っても説得力ないのよ。「金のない奴がひがんでそういうこと思ってるんだろうね」みたいに言われるわけじゃん。

僕金持ってるから買おうと思えば買えるんですよ。でも必要ないから買わないのね。すいません、嫌味で(笑)。ていう風に言うと、じゃあ金持ちの人たちって金を持ってることに対してどういう良さがあるのかって、やっぱ説明できる人少ないんだよね。じゃあ金持ったからって幸せになれるの? っていうと、やっぱなれないのよ。

金の多寡ってあんまり変わんないと思うんだよね、楽しいかどうかにおいては。金を持てるスキルの証明、違うね、運だね。例えば、僕はたまたま運がよかったけども。でも結局お金でできることっていうのがこの程度であるっていうことを知ってるかどうかっていうのは、僕は重要だと思うんだよね。

パチンコやる人ってバカなんですか?

年間20兆円以上もの売上の裏側で、多くの依存症患者を生み出し、借金による自殺者まで出しているパチンコ業界をひろゆき氏が語る。依存症の人はなぜ負けるとわかっていてもやめられないのか、パチンコ業界のタブーに迫ります。

15万円使うと1回勝てるかなくらい。15万使って、めちゃくちゃ多いと10万手に入る。なんでそんな勝率なのに借金してまでなんでパチンコやろうと思うんですかね。借金してまでやる必要ないじゃないですか。

でも勝てない人のほうが多いってことを見てるわけですよね? 自分だけ特別だと思ってるんですか?基本的にバカだからそこにいるし、バカだからハマってると思うんですけど、自分がバカであるという自覚はあまりないもんなんですかね。

なんで社員に”やりたいこと”なんて聞くの?

有名企業・人気企業から早くに複数内定をもらう「就活エリート」が会社をすぐにやめてしまう問題について議論した際の一幕。就活エリートがやりたいことを求め、会社を辞めてしまうことを受け、ひろゆき氏が「社員にやりたいことをやらせる」という風潮に苦言を呈します。

やりたいことって、例えば、ドワンゴでニコニコ動画があって、みんな企画がやりたいというと思うんですよ。現場の営業とかADはやりたくないじゃないですか。

で、みんな企画って言って。でも学生の企画なんて使えるものなんてないから、とりあえずADでとか連絡係とか下積みをやらされるわけじゃないですか。

そこで、「何やりたいの?」と言って「僕は企画」とか思わせない方がいいと思うんですよ。なんでそんなこと思わせちゃうのかな?

若者が損してるなら、老人から甘い汁吸えばいいんじゃない?

社会保障費の世代間格差や若者の失業問題など、高齢者を優遇し、そのしわ寄せを若者が背負うという社会構造を問題視する専門家に対して、「若者が損してるなら、老人から甘い汁吸えばいいんじゃない?」と全く別角度から意見します。

むしろ若手が損していて老人層が得しているんだったら、老人側についてうまい汁を吸っているほうが、人生楽じゃないですか。

 

引用元 「若者が損してるなら、老人から甘い汁吸えばいいんじゃない?」 ひろゆき氏、 “世代間格差”について語る
http://logmi.jp/39120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください