新着エントリー

日本が世界最大のビットコイン市場に??

ビットコイン市場

日本が再びビットコイン取引市場における世界最大シェアを獲得し、マーケットシェアは50.75%を記録している。BitFuryの副会長であるGeorge Kikvadze氏を含むアナリストたちは、日本のビットコイン取引市場における取引量の急増は、中国でのビットコイン取引の全面禁止によるものだと分析している。

日本が再びビットコイン取引市場における世界最大シェアを獲得し、マーケットシェアは50.75%を記録している。BitFuryの副会長であるGeorge Kikvadze氏を含むアナリストたちは、日本のビットコイン取引市場における取引量の急増は、中国でのビットコイン取引の全面禁止によるものだと分析している。

今週、中国政府や地元当局、金融規制当局が公式に中国のビットコイン取引所などの取引プラットフォームに対して9月の終わりまでにサービスを停止するよう通告している。OKCoinやHuobiなどの中国大手取引所は、過去にイニシャル・コイン・オファリング (ICO)に一度も関わっていないことから猶予を与えられ、例外的に10月30日までの運営を許可されている。

しかし、トレーダーたちは中国政府の予測不可能な対応から関わりを持ちたくないと考えているようで、中国のビットコイン取引市場の日々の取引量は3日のうちに15%から7%以下まで減少している。

CryptoComplareなどが提供している信頼のおける市場データ分析を見ると、レポートが出された当時のデータで、中国のビットコイン取引市場は市場全体のたった6.4%しか占めていないことがわかっている。

米国市場のメリット

中国全土におけるビットコイン取引の禁止に先立ち、米国の取引市場は一貫して世界最大の市場としての地位を確立していた。

しかしながら、中国の三大ビットコイン取引所である、BTCC、Huobi、OKCoinによるアナウンスがリリースされてからほどなくして、トレーダーたちは日本の取引市場へと移っている。トレーダーたちが短い間に突然日本市場に移動したことで日本における取引量は瞬間的に急増し、アメリカの市場は、日本の市場から20%以上の差をつけられ、ビットコイン取引市場シェアのトップの座を明け渡す形となった。

多くのネガティブな報道とは対照的に、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏や、億万長者で投資家のティム・ドレイパー氏などを含む業界内の著名な開発者やアナリスト、研究者、専門家たちは、中国のビットコイン取引市場が終焉を迎えたことに対して楽観的な意見を表明している。リー氏は、2013年から中国政府は市場をコントロールしようとしてきたが、最早これ以上中国政府が市場をコントロールすることは出来ないと語る―

これは良いことです。中国はビットコインを禁止したことで、これ以上市場を操ることは出来ません。暗号通貨はどのような国にも止めることは出来ないのです。中央集権的な取引に対抗するソリューションは、分散型のもののみです。Decredのプロジェクトチームがそのために何か計画を立てていると聞いています

ビットコインの安定化

リー氏が強調するように、中国のビットコイン取引市場の終焉によって、その影響はわずかビットコイン取引市場全体の10%から15%程度にまで落ち込む形となった。しかし、中国政府がビットコインの取引を禁止したことを受けて、投機家やせっかちなトレーダーたちが大幅な売りへと走り始め、ビットコイン価格に大幅な影響が出始めている。

向こう数週間で、トレーダーたちは中国市場から、より効果的な規制措置や規律や政策を設けている韓国、日本の市場へと移り、世界のビットコイン取引市場は安定化に向かうことだろう。

リー氏やドレイパー氏が言うように、中国のビットコイン取引市場の終焉によって、ビットコイン取引市場は安定化へと向かい、その事が長い目で見ればビットコインにとって良い方向に働く可能性はあるかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください