新着エントリー

【カフェでおにぎり】ストイックに自分を追い詰める!

こんにちは!菅谷です。

今回は、成功者の特徴とについて簡単にわかりやすくお伝えします。タイトルと内容が異なりますが、ご了承ください!

今日は僕は節約のためにカフェで12時間コーヒー一杯で過ごしていました。仕事をしているとお腹が空くので、おにぎりを一つ持ってこそこそ30秒足らずで食べながら業務に励みました。

ということで、今回は成功者に特徴する共通点について詳しくお伝えしていきます。少なからず、読者の皆様に参考になれれば良いかなと思います!

成功者の7つの読書法

  • 本が溜まらない
  • 読んだことを忘れない
  • 仕事に活かせる
  • お金を生み出す
  • 知的好奇心を満たす
  • 教養を養う
  • 情報に惑わされなくなる
  • 生きる指針ができる

成功者はセミナーでメモをしない

  • 「メモしないと気が済まない」
  • 「メモしないと不安」
  • 「全部覚えないといけない」

という強迫観念があるかもしれません。最近は、投影されたスライドをスマホでカシャカシャ写す、という人もいます。あと、資料の枚数が多いと喜びます。ですが、そのメモや資料を後で見直すだろうか?と振り返ってみると、そうでもなかったりします。

結局ノートを取っただけで、何も変わらない。一方で成果を出す人は、ほとんどメモを取りません。大事なところだけポイントを押さえてササっとメモる程度です。

講師の言ったことではなく、「思いついたアイデア」をメモることが多いです。1つか2つアイデア(自分がやるべきこと)を思いついたところで、「元を取った」という思考です。

うまく行っている社長さんとかは、こんな感じです。年齢も経験も実績も大先輩なのに、「〇〇さん、今日のセミナー良かったよ!良いことを聞いてしまった」とニコニコしながら言ってくださるそうです。

でも、同じようにすれば、結果も出やすいということです。 成功者と同じように学べば、同じような結果が出せるようになります。本やセミナーの目的は、暗記ではありませんからね。学校の勉強じゃないので行動するためですよね。

成功者の幸せの定義は「自分が癒されているかどうか」

「幸せ」であるかどうかは、「癒されているかどうか?」で決まります。では、「癒されている」とはなにか?どういう状態を指すのか?というと、ズバリ!「自分には価値がある」と心から感じているという状態です。

これを感じられていないと、人は他人から認められようとします。お金を稼ごうとします。有名になろうとします。美しくなろうとします。でも、、、他人からの承認を当てにしてもうまく得られないことが多いです。

「オレはすごいぜ」「アイツは間違ってる」と、SNSで発散しても、認められたい渇望感は満たされません。じゃあ、どうやったら自分の価値を自分で満たせるのか?

具体的な方法はいろいろ解説がありますが、一言で表現すると、自分に価値があることを「思い出す」のが本質です。すでに価値があるわけです。それを思い出すだけ。

成功者は常に上昇志向!10倍の結果を出すには?

以前、新幹線の中で、キャリーカートを4つ運んでいる人がいました。両手に2つずつ持って、コロコロと転がしています。それを見て、「4つも運べるのか!」と枠が広がった記憶があります。

あと、ビアホールとかのウェイターさんで20個以上のジョッキを運ぶ人もいます。それを見るまで、「ジョッキは数個しか持てない」と思い込んでました。

成功事例を目の当たりにすると、枠がどんどん取り払われます。高い基準が当たり前になります。それで自分の結果も、2倍、3倍、10倍になっていきます。

あなたの欲しい結果を、すでに出している人たちと交流できる場に身を置くのがオススメです。

僕の明日の予定

明日の僕も今日と同じようにどこかのカフェでこそこそおにぎりを食べているでしょう。おにぎりを食べている人を発見したら「菅谷さんですよね?」などと声をかけてくれれば嬉しいです笑。

因みにおにぎりの具は昆布です。スーパーで昆布は150円くらいで買えます。それを約2週間食えるのでオススメですよ!話は変わりますが、1日1日が勝負です。明日自分が死ぬかもしれません。

明日やろうは馬鹿野郎”とよく言いますが、1日1日の後悔をすることなく生きることに集中しましょう!自分の夢に向かって一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください