新着エントリー

インスタ映え、、、社会の闇、、

インスタ映えという言葉を聞いたことがあるだろうか?今の流行を写真に撮って拡散させ、自分がオピニオンリーダーの様に神々しく、可愛らしく、凄い!と、見えるだろうか?ばかばかしいですよね。そんなインスタ映えのバカバカしさを紹介しますね。

インスタ映え特徴

写真共有サイト・SNSの「Instgram」(インスタグラム)に写真をアップロードして公開した際にひときは映える、見栄が良い、という意味で用いられる表現。インスタグラムを念頭において写真写りが良いと述べる言い方。

インスタとは女子に人気のSNSアプリ

インスタグラム(instagram)、略してインスタは写真や動画を中心としたSNSアプリで、全世界で若い世代を中心に利用者を増やしています。日本では、特に女性を中心とした若い世代で人気のコミュニケーションツールになっており、おしゃれカフェでのランチや可愛いお菓子の写真などが多く投稿されています。

インスタ映えとはSNS上での評価

インスタグラムでは、投稿した写真を見た人は、その人の写真が気に入ったら、「いいね」といって、ハートのボタンを押します。そのいいね、つまりハートがたくさん付くような写真は、SNS上で受けがいい、評価が高い写真となります。そういう写真をSNS映えする写真・インスタ映えする写真(インスタジェニックな写真)と呼んでいます。最近では、インスタ上で注目を集めたスポットへ多くの若者が訪れ、撮影をしてインスタ上に投稿するというムーブメントも生まれています。

人気のインスタグラマーは職業に?

インスタグラムで積極的に発信している人をインスタグラマーと呼びますが、最近では、インスタグラムでフォロー数が多い、人気になっている人を「インフルエンサー」と呼んでいて、その中から芸能人になる人や、企業のプロモーションを請け負うような人も出てきています。

インスタ映え商戦

『インスタ映え』する!と評判になれば人が集まってくるということで、色々な業界がインスタ向けのプランを作っているようです。インスタ映えする写真を撮りたい人向けのイベントも、

インスタグラマーと一緒にインスタにあげる写真を撮るだけに特化したツアー
SNSに強い発信力のあるインスタグラマーがあげている旅先や飲食店などを参考にしていくのが今どきの女子の価値観です。
しかし、旅先がわかってもそのベストな時間やスポットや撮影技術など分からないことが多々あります。
そこでインスタグラマーと女子たちが一緒にリゾート地などで様々なアクティビティを体験し、インスタグラマーの行動や価値観を学ぶためのイベントです。

本ツアーは、Instagramの月間アクティブユーザー数の増加が今後も予想される状況において、約80%の女性が、旅行計画を立てる際にInstagramを参考にするという調査データ(※1)を基にして企画されました。オーストリア政府観光局は、本ツアーを通じ、ツアー参加者がより旅行中の写真撮影とInstagramへの投稿を楽しんでいただくことを目指します。
本ツアーでは、オーストリアの様々な観光地を巡るとともに、3人のインスタグラマーがSNSに映える写真の撮り方をツアー参加者にレクチャーします。

インスタ映え=バカッター

つまり、インスタ映えとはバカッターが流行ったように一時的な流行りなので、すぐ時は流れるでようがインスタ映えとばカッターの何が共通していて、何が異なるのか比べてみました。

共通点

  • 自分勝手な行動
  • マナーが悪い
  • 上記の写真のように公共機関でSNSにアップしている
  • 自分が特別な人間(インフルエンサー)だと勘違いしている(女に多い)
  • SNS上で「いいね」が欲しくてmuzumuzuしてる笑

異なる点

  • インフルエンサーはお店と契約して宣伝するため広告費がもらえる(ある人は年収700万とのこと)
  • 自分を売り物にして、フリーランスという形で働くことも可能
  • おしゃれでかわいいがメイン
  • 個人がブランドなので、ツイッターの様に匿名で書くことはあまりない

インスタ映え問題点

買わずに写真だけ撮って退店

最近「インスタ映えを狙った一部ヤング女子たちあいだで、レコードを選ぶ写真“だけ”を撮って、買わずにお店から出て行く」のが流行っている……のだそう。

突然人が入ってきて驚いた。しかも若い女性3人組。1人がレコードを見てる様子を友人が撮影し、すぐに帰っていった。実はこの春以降、全く同様の行動がこれで4~5回目!買った人は1人もいない。若い女性だけに限って言うと、お客さんの実数よりも多いくらいだ(笑)。SNSってなんなのだろう?

一連のツイートを受けて、インターネット上では、CDやレコードを購入せずに写真だけを撮る行為について賛否の分かれた意見が出ている。ツイッターやネット掲示板には、 「なんのためにやっているのか理解できん・・・」 「レコードやCDの写真を買ってもいないのにインスタにあげて何のメリットがあるの」 「レコード選ぶのがオシャレなのかな。レコードを触ってるのがオシャレなのかな。そんなブームだったら要らないな」 といった反発の声が目立つ。ただ一方で、「広告費用かけずに宣伝してくれてる」「どう考えてもビジネスチャンス」など、店側はこうしたブームを活かすべきと前向きに捉える意見もあった。

引用: J-CASTニュース

写真を撮るのに夢中になって思わぬ事故も

アメリカ・ロサンゼルスの美術館で、女性が自撮りをしようとした際に展示台にぶつかり、展示品が次々とドミノ倒しのように倒れるハプニングが起きた。総額20万ドル(約2200万円)相当の損害が出た。

引用:士ドットコムニュース

ディズニーランドでマナー違反

ディズニーランドのアトラクション『アラビアンコースト』でも、インスタ映えを求める客が窓穴に入るなどして撮影を行い、Twitterで危険ではないか?との指摘が相次ぎました。現在は対策されており、入ることができなくなっているとか。その他のアトラクションでも危険行為に及ぶ人が後を絶たず、ディズニーランドも対策を講じているようです。

引用:J-CASTニュース

マナー違反が多く見られ、『インスタ映え』を揶揄する向きも

「インスタ映えうざい」「気持ち悪い」などの否定的な意見も寄せられているようです。たしかに最近何でもかんでもインスタという風潮が多く聞かれます。

引用:秒刊SUNDAY

インスタ映えまとめ

最近はマナー違反ばかり取り沙汰されるインスタ映えですが、商品の売り上げが上がったり、今まで知られていなかった素敵な場所に注目が集まったり、悪いことばかりではありません。

SNSを楽しむのは個人の自由ですし、友人とわいわい写真を撮るのはとても楽しいことです。どうせ撮るなら写真のクオリティを上げたいのは理解できますが、あくまでも私たちが生きているのは現実世界ということを踏まえて、現実の世界のマナーに従って楽しみたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください