新着エントリー

個人で仕事を作る時代?

個人で仕事を作る時代?との題名ですが、今に時代は組織に属することなく個人で稼ぐことができる時代です。というのも、インターネットの浸透で「会社」という枠組みがなくても自分をコンテンツ化し稼げて生きる時代になったのです。私の親父のように団塊の世代の方はあまりこのようなことに興味はないと思います。何故なら入社した会社を30年から40年間も勤め上げ、そして会社の奴隷のように働いてきたからです。偏見になってしまいますが、なかなかサラリーマンを何十年も続けると、自分の脳が働かなくなり、サラリーマン思考に陥ってしまうのではないかと思っています。

これからの時代

これからの時代、必要な労働者は減ってくと思います。イギリスの産業革命から始まって、技術の躍進によって機械やロボットが変わりに仕事をしてくれるようになりましたね。その結果として人々が労働する必要がどんどんなくなってますよね。例えば農業とっか工業とか、さらに最近はスマホなどの発達でどんどん便利になっているので、ますます必要な労働者の絶対数が減っているように思います。もちろんネット事業などの中心とした新しい労働力も増えていますが、既存の仕事の減少の方が多いとおもいます。

未来労働のあり方

例えば、以前はなかったyoutuberとか、コンビニアイス評論家とか、いろんな働き方が増えていると思います。一つの仕事をずっとやる必要もないです。また、自分の働き方が成功するかな?と考えてしまいます。理由としては、ただ「いろいろ考えてしまうから」です。これから先食っていけるかな?とか、未来を心配してしまいますね。私もそうでした。そのためにみなさんが認識しておかなければいけないことをまとめましたので共有します。

  1. 限られたパイの中で、仕事をシェアするという考え方が間違えである。
  2. 仕事は作るもの
  3. インターネットの本質は中抜き
  4. 今まで必要だった仕事とかがどんどんなくなっていく(例:電話は昔電話線をつなぐ人がいた様に時代とともに働き方は変わる)

大切なのは、無くなる仕事をすることではなく、どんな状態にも対応出来る能力が必要不可欠。

これからの時代のどんな状態にも対応出来る能力とは?

どんな状態にも対応出来る能力とは?

  1. 人とコミュニケーションがとれる能力(いろんな人たちと交流している人たちは強い)
  2. 変化に対応出来る人。物事をすぐに判断する能力
  3. 情報に触れているとわかるようになる
  4. 同じ会社にいるとわからない
  5. シェアオフィスがいい
  6. 週末だけバーテンダーやってますとかでもいい

何かしら毎日情報に触れて生活し、その情報に自分の意見もプラスアルファでアウトプットするのがオススメです。そうすることで、自然に無くなっていく仕事やこれから出てくる仕事が手に取るようにわかると思います。なので、新しい情報に触れて、まとめる習慣をつけていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください